TOP

ORIGINAL FACIAL FORMULA ?クリニックFのレーザーと光治療?

  1. #1ホワイトニング
  2. #2タイトニング
  3. #3リフティング
  4. #4リサーフェシング

Formula #3リフティング

~形態的老化へのアプローチ~(たるみ)

クリニックFでの皮膚老化・酸化・糖化に対するアプローチ、3つ目のテーマは加齢と共に下に下がり弛んでしまった皮膚を対象とした、形態的老化に対するアプローチです。

この分類のレーザーを定期的に照射することで、将来的にフェイスリフト等の美容外科手術を受けずに済むことが実証されています。

頬のハリを保ちながら口角を中心とした“顔の下半身”を持ち上げ、顔の上半身は目の周りを中心に力と英気の漲る表情を取り戻していきます。
弾力ある顔を整えながら、若さの貯蓄を実現していきます。

▼クリニックFで形態的老化へのアプローチに使用する機器例(2015年4月現在)

ACUTIP/Q-ALEX/Q-YAG/Q-RUBY
オーロラ(SR)
ライムライト
オーロラアドバンス(SRA)
BBL
Max G
Lux Y
M22
メドライトC6トーニング
CO2
レブライトPTPトーニング
iTED(レガート2)