TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ポケモンGOのレベルがMaxの40

2016年7月23日に始めて、ようやくポケモンGOのレベルがMaxの40になりました。

僕も良くやっている方だと思うのですが、1年経たずにレベル40になった人が沢山いましたが、一体どんなペースでゲームしていたんでしょうか。笑。

以前、銀座の和光前で貴重なポケモンが現れレイドバトルが始まって、僕も含めて何人もの大人が立ち止まってやっていた時、高校生ぐらいの女の子が、「何も生み出さないのにゲームに夢中になるなんて信じられない。」と一言、言ってから立ち去っていったのを思い出します。笑。

女性には理解できないんだろうなあ。

一般にコレクターは、男性が多いと言いますよね。

このポケモンというゲームは、男性脳の狩猟本能と収集癖を見事に具現化したもので、本当に良く作られているなあと思います。

子供の時に釣りや昆虫取りに夢中になった男性がはまっていると言いますが、ちょっと違ったバージョンを捕まえ、しかも集めて並べたいのが男性本能なのですよね。

ロレックスの時計を、ほとんど同じデザインなのに、ついつい集めてしまうのとか。

まさに男性的な発想です。

ポケモン_1

ポケモン_2

ポケモン_3

よく知られていることですが、女性脳は、左右の脳を結ぶ脳梁が男性の1.5倍太いので、女性の方がマルチタスクです。

僕も普通に英語は話しますが、同時通訳は男性には不可能です。

あとは、服装のコーディネート。

男性脳は、立体視が得意なので、一点を深く三次元に見ることは得意ですが、一度に広く見ることはできない。

服装も、セーターならセーターだけを、靴なら靴だけを見てしまいます。

全身でいうとてんでバラバラなコーディネートをしてしまうのはこのせいです。

さらに、色を識別する視神経領域の遺伝子はX染色体にあります。

男性はY染色体とX染色体を持ちますが、女性はX染色体を二つ持ちますので、色彩を把握する能力に長けるのは当然です。

数万人に一人は、色彩に関して特異的な感性を持っている、スーパービジョンをもつ女性が産まれると言います。

反対に男性が得意なのは、立体把握能力。

地図を読むのが特異なのは男性脳です。

そして、音楽の編曲能力。

メロディーを作るメロディーメーカーは女性でもいますが、オーケストラの楽曲を作曲するような、つまり30以上の楽器が同時に動くクラシック音楽の楽譜を作曲できるのは、ほとんどが男性ですよね。

こうして考えると、男性と女性の脳は、一説によるとクジラとライオンぐらい違うもの。

お互い永遠に理解できないのかもしれませんね。笑。


EMスカルプトαにアップグレード

注文したエムスカルプトの新アプリケーターが届き、先ほど機器をEMスカルプトαにアップグレードしました。

研究目的も兼ねた日本で最初の、デモではない購入機器です。

20分で14000回の筋収縮ができますがこの上ない効率です。

エムスカ

これで上腕二頭筋、上腕三頭筋、腹斜筋群、下腿筋群など細かい筋肉を鍛えることが出来るようになりました。

固定しないと腕が勝手に動くのが面白い。

二の腕のいわゆる振り袖に効果ありそうですね。


特殊な幹細胞治療

皮膚や神経などの特に外胚葉由来の幹細胞は、再生の威力が低いのですが、アルプスでのスキー事故の後6年間昏睡状態にあったミハエルシューマッハが特殊な幹細胞治療により目覚めたそうです。

これが本当になら素晴らしい成果です。

この後の進展が興味深いですね。

マッハ

https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/michael-schumacher-conscious-after-secret-20008252?fbclid=IwAR0furh71nF37rgrf5QdHcDHoX14a4HBos4mXPwdmMXCACE9Vi9OXUafFFs


トゥルースカルプトID

キュテラ社の 3世代目の脂肪溶解マシーン。

トゥルースカルプトIDです。

トゥルスカ

2MHzのRF技術を用いた痩身機器で、施術感は痛みなく、熱感のみですね。

反対に、4日前に大阪出張前日にエムスカルプトを施術したのですが、未だ筋肉痛が残っています。

エムスカルプトで筋肉アップ。

トゥルースカルプトで脂肪を落とすのが医療痩身には一番良いかもなあ。


急遽チケットを新幹線に

大阪は顧問企業が4社あり、今日はそのうち一社と打ち合わせしてきました。

しかしながら帰京する予定の飛行機が機体が到着遅れで、まさかの2時間ディレイ。

帰京_1

帰京

急遽チケットを新幹線に変えました。

大阪では全くわかりませんでしたが、関東の台風の被害は凄かったんですね。


前田先生の筋肉鍛える話

東京は台風で大変ですが大阪はピーカンでした。

エムスカルプト講演会無事に終わりました。

大阪_1

大阪_2

大阪_3

大阪_4

大阪_5

前田先生の筋肉鍛える話は何度聞いても面白いですよね。

来月には日本美容外科学会で、このペアでランチョンセミナーで講演です。


エムスカルプト講演会

今日は大阪初のエムスカルプト講演会です。

エムスカ_1

エムスカ_2

昨日も30分2万回の筋トレ。

エムスカルプトのパワー100%で施術してみましたが、刺激に慣れてきて、余裕です。

エムスカ_3

この機器は、どちらかというと、痩せる機器というより、筋肉増強による体質改善マシンですね。

僕も約一年使用してきましたが、筋肉が増えたことで基礎代謝が改善され、体温も上がりました。


アウトプット

今日はこれから大阪へ。

レーザー企業の開催するセミナーで、招待講演と座長職に行ってきます。

今週読んだ、このところ話題になっているアウトプット系の二冊の本。

アウトプット

ほぼ僕と同世代の2人が書いた本ですが、どちらもいい本でした。

日本の教育が最も遅れを取っている分野が、間違いなくアウトプット能力だと思います。

他人の文章を読んで、「僕も著者と同じように、こう思います」的な、他人の感情を理解し冗長に述べるような国語教育が良しとされてきた日本では、難しいんだろうなあ。

僕も論説が入る前の、読書感想文を書かされていた時の国語の点数は酷いものでした。

いや、うがった見方をするのなら、もしかしたら意見を主張する国民を作らない為の教育だったのか?

深い闇ですね。笑。

「読みたいことを書けばいい」の著書の中で田中さんも言っていますが、物事をアウトプットするためには、9割9分5厘6毛(笑)。

以上を、一次史料による下調べにしないと、他人にとって有益となる情報は発信できない。

さらに情報過多の時代、本物かどうかの取捨選択をしないといけませんが、科学論文にも沢山のフェイクがありますよ。

例えば、水素の効能や、幹細胞による肌の再生技術。

もちろん本物もあります。

でも、アカデミックの世界では、どうしても数が必要な場合がありますので、中には心眼で結果を導いてしまう人がいるんですよね。

これが、多くの商材の宣伝文句に二次利用されるから、意味のない理論がたくさんコピーされる。

ただ、論文を読み慣れて来ると、ディスカッションなどの理論構築の過程で、本物か、嘘か、だんだんわかって来るんですよね。

僕も科学者として、根拠を持って本物を追求し、発信したいと思います。


ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番

僕が来年3月2日に東京オペラシティで計画している「音楽は名医」のコンサート。

僕は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番の指揮をするつもりなのですが、

この曲は、浅田真央選手がソチオリンピックで使用した曲と言えば、わかりますでしょうか?

当時ロシアで最高のピアニストであり、指揮者であり、作曲家だったラフマニノフが、約2年かけて作曲し1908年にマリインスキー劇場で自ら指揮を振って初演した曲なのです。

おそらく交響曲第二番や、ピアノ協奏曲第三番、パガニーニの主題による狂詩曲と並ぶ、彼のオーケストラ曲の最高傑作の一つです。

僕は高校生の時からこの曲が好きで、今までに、かれこれ40枚近いCDを、さまざまな指揮者、オーケストラ、ピアニスト、録音年度で分けて買っているんですよね。

もちろん全曲口笛で吹けるぐらい(笑)覚えていますが、今回指揮をするにあたり、初めて譜面を読み、拍子が数小節毎に変わり、旋律を担当する楽器がコロコロ入れ替わり、ピアノ協奏曲なのに、ピア二ストをオーケストラの楽器の1つに迎え入れなければならず、ピアノ単独で走らせる時がほとんど出来ない、とんでもない難曲であることに気づきました。

とある音大出の音楽関係の方が、「ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番を素人が振るなんて、それは不可能ですよ。」といった言葉が今更ながら、胸に響きます。

ただし、高い山を登る喜びもあります。

毎日譜面を読み、指揮棒を振るうちに何となく曲の全貌が掴めて来ている気もするのですよね。

本番まであと半年あります。

頑張ろうと思います。

ラフマニノフ

https://www.youtube.com/watch?v=1uIe9Czvhcg&feature=share&fbclid=IwAR0wGpZJ2r5yqo-5sHDsn9OH-Dnl32z66Jj1JNwAZYYemd4-_PHhQY4QS5o


宿題をやらない弟を観察

これは可愛らしい。笑。

この期に及んで、「単に宿題をやらない弟を観察していればよかったのでは無いだろうか?」というコメントがツボにはまりましたが、二番煎じが出ると困るので、子供には読んで欲しくないなあ。

宿題

http://rysh.xsrv.jp/fuwari/archives/5230?fbclid=IwAR2KyG5zkA8Ki3j76PMfUrUxQ92juiCkJBHcKAg2R3fNwqRKR0gTKkaMvp8


NHK番組の取材

今日はNHKのある番組の取材でした。

取材

医療にかかわらず、どのような分野でも、今はエビデンスの取得が最も大切です。

僕も10年かけて3つの大学院に通い、医学博士、工学博士、薬学博士取得のための研究を行う事で、生物学的、物理学的、化学的な自然科学の立証方法を学び、トレーニングしてきましたので、こうしたエビデンス取得の依頼が増えてきました。

嬉しい事です。

基本的には自然科学の学問は

物理学、工学は「数式」で証明

化学、薬学は「化学式」で証明

生物学は「画像」で証明

医学は 「統計」で証明

するわけですが、それぞれ立証が得意なところ、不得意なところがあるのです。

現在は複合領域の立証が問われますので、要はこうした証明ツールの組み合わせですよね。


西嶌暁生先生お疲れさまでした

クリニックFの非常勤で週に一度来てくれていた西嶌暁生先生が今日でクリニックFを一旦卒業となりました。

3年間の勤務お疲れさまでした!

Dr.西嶌_01

Dr.西嶌_02

約4年前、奥様で同じく医師の西嶌順子先生に会ったのが最初のきっかけでしたが、僕より15歳も年下なんですよね。

レーザーを始めとした様々なことについて勉強したい、と大変熱心で、僕も若いエネルギーに刺激を受けてきました。

大学での研究、勤務と並行してだったので、本当に忙しい3年間だったと思います。

第二子の妊娠、産休育休でお休みしていた順子先生と、10月末に恵比寿で開業されるとのこと。

順子先生は助産師の免許経験を生かして、婦人科系の施術も取り入れ、暁生先生の方は大学とコラボレーションしながら、医師の教育なども手掛けていきたいとのこと。

僕も陰ながら応援していきたいと思っています。

西嶌先生がクリニックFで勤務されてきた3年間は、レーザーの業界もプラズマやピコレーザーなどが台頭してきた時代であり、レーザーではなくEnergy based Medical Devices という言葉が生まれ、定着した3年間でもありました。

メスで創り上げる美に絶対的自信を持って日々挑んでいる形成外科医が、こうしたハイテクノロジー機器とどう折り合いをつけていくか、時代の流れを見ながら興味深く僕自身も見守ってきたつもりです。

長いようで短い人生の中で、交差した人間関係に感謝し、お互いの中で生まれたケミストリーも大事に記憶し、生かしていきたいですね。

今日はこれから西嶌先生の門出を祝い、2人で祝杯をあげてきます。


世界三大ピアノコンクール

世界三大ピアノコンクールというのをご存知でしょうか?

「チャイコフスキー国際コンクール (ロシア)4年ごと」

「ショパン国際ピアノコンクール (ポーランド)5年ごと」

「エリザベート王妃国際音楽コンクール (ベルギー)数年おき」

をさすのですが、第16回。

ピアノ_1

本年のチャイコフスキー国際コンクールでピアノ部門で第2位をとった、藤田真央君の特集された月刊ショパン。

届きました。

永久保存版にします。

ピアノ_2

僕自身はピアノを弾くのもあって、その層の厚さをそれなりに知っているつもりなのですが、特に近年のコンテスタントの技術向上は目覚ましく、世界三大コンクールでのピアノ部門で入賞は、日本人コンテスタントとしては数十年ぶりの、まさに世界に誇るべき快挙だと思います。

クラシックファンは、今真央君の話題で持ちきりです。

真央君の生演奏はなんども聴いてきたのですが、一度聴いたら、まさにその虜になってしまいます。

すぐに次が聴きたくなる。

僕は先週木曜日オペラシティで聴いたばかりですが、明日も銀座のヤマハに聴きに行こうと思っています。笑。

ピアノ_3

おそらく両利きだろうと思われる、左右の指が独立して動く高い技術を持っているとともに、押した鍵盤上で、止める指の位置もそれぞれの指をミリ以下で調整しているんではないかなあと。

その芸術的なセンスも秀逸なのです。

医学解剖学的には、5指を伸ばす筋肉は、伸筋と呼ばれていて、これらは前腕の中にあります。

人差し指から小指までを同時に伸ばす筋肉を総指伸筋と言い、ものを掴んだりする際に、指が独立して動きにくいように腱間結合されて、繋がっているのです。

ただし、親指と人差し指、そして小指は、独立した伸筋を持っていますので、それぞれを単独で伸ばすことができる。

つまり、中指だけ、もしくは薬指だけを伸ばすことは解剖学的には本来不可能な動きで、これらは幼少時よりピアノやヴァイオリンなどで、数限りない訓練をしてきた人だけが可能な指運動なのですよね。

僕も非常勤医師を採用する際などに手術手技をみたり、音楽演奏をみる際に、特に薬指の動きに注目するのですが、薬指を自在に操る人は、間違いなく器用ですね。

ピアノ_4

チャイコフスキー国際コンクールで、僕が記憶に残るピアノ部門入賞者は、1998年の第一位デニス・マツーエフ(ロシア)です。

デニスのラフマニノフピアノ協奏曲第三番は、賞をとった後に、一度サントリーホールで聴いたことがあるのですが、あまりに衝撃で、しばらく座席から立ち上がれませんでした。

ピアニストが賞をとったまさに旬な時期に演奏を聴くことができるのは、まさに僥倖の至りですね。

こちらのデニスのCDは、ホロビッツの名盤を超えた唯一の音源だと僕は思っています。

でも、藤田真央君なら、これを超える演奏ができるかもしれないなあと、密かに思っているのですよね。

https://www.amazon.co.jp/ラフマニノフ-ピアノ協奏曲第3番、パガニーニの主題による狂詩曲-ゲルギエフ-マリインスキー劇場オーケストラ-マツーエフ/dp/B07FPV2RXY/ref=sr_1_20?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%87%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95&qid=1567468726&s=gateway&sr=8-20&fbclid=IwAR2Bsw46vWE3fS4Qw-FcyBvmAdAav-kDzBsdBoSseG1xa-Ucir_iJgJiyVY


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -