TOP
クリニックFからのお知らせ

トゥルスカに代わって今年はInmode

春になり、痩身のご相談が増えてきました。

去年大人気だったトゥルスカに代わって、今年はInmodeの施術が増えています。

今日はこちらについてご紹介しますね。

インモード_1

Inmodeはプラットフォーム型のレーザー機器でいくつもの機能が搭載されています。

痩身にはこの中のBodyFX、MiniFXを使用します。

Body FX(体幹)、 Mini FX(顔面)とはBody or Min FXはRFとエレクトロポレーション(電気穿通法)の相乗効果により脂肪組織のアポトーシスを引き起こす業界初の機械です。

施術の流れと効果は以下の通りです。

① 2つの電極に挟まれた組織が吸引されます。
それにより、広範囲で深部の脂肪組織までターゲットとすることが可能となります。

② 吸引した組織に対してバイポーラ型のRFエネルギーを加え、組織を40-43℃まで上昇させます。
RFの熱エネルギーにより、脂肪を膨張・融解させると同時に、皮膚表面のタイトニング効果があります。

③ さらに膨張した脂肪組織に対してナノ秒で2kVの電圧をフラクショナル状に照射し、エレクトロポレーションを行うことで深部組織まで脂肪のアポトーシスを誘発します。通常のエレクトロポレーションは可逆性ですが、本機は2kVまで高圧にすることで脂肪組織の細胞膜に不可逆的な変化を引き起こし、より効果的に脂肪融解を行っています。

どんな方に人気があるかというと、
① 運動してもなかなか痩せない方
② 太ももや二の腕、お腹などセルライトの凸凹が気になる方
③ 短期間で効果を実感したい方
といったことになるかと思います。

おなかや二の腕、太ももなど脂肪の気になる部分に、部位や状態により10~30分程度施術していくわけですが、目安としては片腕:約10分、お腹:約10〜20分、太もも(片側):約15〜20分といったところでしょうか。身体に当てるヘッドのサイズは携帯電話を一回り小さくした程度のものとなります。

施術部位が冷えていたり(冷え性含む)、セルライトなどが多いとその分温まる時間がかかるため施術時間が長くなる傾向にあります。

◇1回の施術でも直後にサイズダウンを実感できる(約1〜2cmのサイズダウン)
◇バキュームにより、より深い部分に熱が届いている(脂肪に効いている)感覚がある
◇頑固で硬いセルライトがほぐれる感覚があり、ボディーラインが綺麗に出る
◇施術後8時間以上経過しても、施術部分が暖かく、冷えを感じない。冷え性が楽になった
◇足に施術すると、足が軽くなった印象があり、浮腫みなども軽減できる印象
◇施術時間がトゥルスカに比べ明らかに短く済む。
◇一般的なセルライト潰しに比べ、痛みは少なくセルライト除去が期待できる
といったご感想を頂いています。

インモード_2

インモード_3

一方デメリットとしては、
◆吸引をされるので、内出血を起こす方がいる。施術部位の露出が必要な方は2~3日ほど余裕をもって施術されることをお勧めします。早い人は2時間程度で消失。長い方で2日程度で消失します。
◆瞬間的に高圧のRFが出る事で、場所により“ピリッ”とした刺激を感じる。(静電気が苦手な方は苦手かもしれません。保湿をする事で多少軽減できるので、サイズダウンしたい方はトライする価値はあるかと思います。)
◆体が冷えている方、セルライトが多い方は、温度上昇の際痛みを感じやすい可能性があります。体が温まってくると痛みは少なくなってきます。特に女性が冷えやすいも太もも裏やお尻は始め少し痛みを感じる可能性があります。
といったことが挙げられます。

当院の標準プロトコールとして、体幹では1週間に1回の照射を6週間(合計6照射)、顔では1週間に1回の照射を8週間(合計8照射)行っています。施術時間は部位によって異なりますが、大体の目安として、体幹では60分程度、顔では30分程度です。施術後の所見が不安な方は、体幹などの非露出部から照射して頂いて、その効果を実感して頂いています。

一度施術をされた方はほとんど皆さんリピートされるので、多少痛みやデメリットがあっても結果が出やすいのだと思います。ご興味のある方はぜひご体験ください。


新国際学会周遊記

カテゴリー