TOP
メディア情報

「第5回美容医療ドクターグランプリ」で再び1位をいただくことができました。

おかげさまで光文社 美ST「第5回美容医療ドクターグランプリ」にて、再び1位をいただくことができました。

第一位
美STの関係の編集部およびライターさん、美魔女さん、読者の方々の投票で順位が決まるこの企画。

美スト201602_表紙

僕がレーザー光治療を専門に選択し、美容とアンチエイジングに携わる医師としてスタートを切ってから16年経過しました。

7ba1a6c23d3f9d314c2ab040119fb9a6

f8e0f7f9e8111f495c9d07574f9c470c

第一位1

第一位2

本当にありがとうございます。ご投票下さったすべての方にこの場を借りて心から感謝申し上げます。

今ではとても広域にわたる美容医療の中で、魅力的な施術や技術、それらを得意とされているベテランの先生方は、諸先輩方を始め多数おいでになることと思います。

そんな中「レーザー・光治療」という非常に細く狭い領域に特化している僕に一票を投じてくださった方々は、美容やアンチエイジングを叶えるためにレーザーを始めとする高度技術を搭載した機器類の必要性を認め、またそれらに未来を感じてくださっている方なのではないかと思いますので、まずこの点がとても今回うれしかったです。

一昔前までは、NYやLAの限られたセレブリティのみに流通していたレーザー医療ですが、欧米では近年益々興味深いテクノロジーが確立され、レーザーアンチエイジングに関してあれほど頑なに保守を貫いていたフランスやモナコ、ドイツ、イギリスといった国々も、いよいよ本腰を入れてこれらの治療を採用する場面に来ています。

レーザー・光治療をこの日本で益々広めていくこと。そして世界に誇る技術大国・日本の技術者がこの分野でより良い研究・技術開発を行うために、各関連省庁の規制に対する見直しやアップデイトが成され、環境がより整備され、アメリカやイスラエルの機器に負けない機器が日本でも続々と生まれる日が来ること。それにより僕のクリニックが、Made in Japanの機器で埋め尽くされること。そんなことを頭に思い描きながら、日々一歩一歩着実に歩いていけたらと思っています。

今回頂きました栄誉に恥じぬよう、今後も益々最新情報のアップデイトや研究、機器選定、日本人の皮膚への技術応用など励んでいきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

宜しかったら記事も併せてご覧くださいね。

詳細はこちらからご覧ください_1

詳細はこちらからご覧ください_2

詳細はこちらからご覧ください_3

詳細はこちらからご覧ください_4

詳細はこちらからご覧ください_5

 

2年前にも1位に選んでいただきました。こちらもよろしかったらご覧ください。

http://clinic-f.com/blog/diary/others/post_2821/


新国際学会周遊記

カテゴリー