TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

写真

米国のドクターズコスメの企業との電話会議の前に、このビューが決まってるからとMark Tager MDが写真を撮ってくれました。

写真

プロフィール写真にするかなあ。笑。


Mark Tager MD

もう15年以上の付き合いになったMark Tager MD と朝食です。

MarkTagerMD

僕がニューヨークに来ることを知ってサンディエゴから予定を合わせて来てくれました。

MDのライセンスを持っていますが、ナイキのマーケティングをやってから、数多くのレーザー企業のコンサルタントを引き受けています。

医師のプレゼンテーションのトレーニングなども引き受けています。

彼の新書をいただきました。


ホテルを移動 ニューヨーク4日目最終日

明日の帰国を前に、ニューヨーク4日目最終日です。

昨日は居を変ました。

朝起きて、セントラルパークと、ジョンレノンが過ごしたダゴダハウスが少しだけ見えるホテルの部屋で、毎朝のルーチンのラフマニノフのピアノ協奏曲第二番のタクトを振っています。

NY4日目_01

NY4日目_02

今日はキーシンの動画に合わせて。

本日の僕のスケジュールはこちら。

今晩のMETオペラの前に医療系打ち合せ、まとめるとこちらのアポ6件。

結構忙しいなあ。笑。

TUES:
9 am breakfast with Mark Tager MD

10:00 am interview with Alastin group by phone

11: Meeting at Nutrafol

1:00 Lunch with Aethern

3:00 meeting with Todd of Apyx Medical

6:00 pm dinner with James Tager (to be determined location)

7:30 Le Nozze di Figaro – Metropolitan Opera

2日目


オペラ「スペードの女王」

昨晩はチャイコフスキーのオペラの最高傑作の1つと言われる「スペードの女王」を観てきました。

スペードの女王_01

眠れる森の美女とくるみ割り人形の作曲の間に、わずか6週間のフィレンツェ滞在中に書かれたもの。

チャイコフスキーが50歳、ほぼ僕と同い年の円熟期の作品ですので感慨深いですね。

原作はロシア文学の嚆矢となったアレクサンドル・プーシキンの小説です。

プーシキンは生涯で何度も決闘行い、決闘で命を落とすほど情熱的な人物であったとされていますが、この小説もある女性への強い憧れから物語が始まります。

私生活ではゲイであったチャイコフスキーが、原作のどこに興味を持ったのかはわかりませんが、作品の完成には10歳の離れた弟が手伝ったとメトロポリタンオペラのパンフレットには書かれていましたよ。

スペードの女王_03

メトロポリタンオペラの左右には大きなシャガールの絵が飾られています。

スペードの女王_02

スペードの女王_04

パリのオペラ座の天井画を模しているのだと思いますが、本当に美しい造形だと毎回感動しますよ。

===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
(医学博士:藤本幸弘 トークゲスト:元宝塚歌劇団宙組トップスター 和央ようか)
第二幕
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:国内外で活躍中の男性ピアニスト(当日発表)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001


ポケモンGO

よく笑われますが、実はまだポケモンGOやっています。

米国に来て昨日街歩きしたら、地域限定の日本で取れないポケモンが沢山捕まりました。

ちょっと得した気分だ。

ポケGO_01

ポケGO_02

ポケGO_03

ポケGO_04

ポケGO_05


ニューヨーク3日目

ニューヨーク3日目。

今日も朝一番はルーチンの指揮の練習です。

NY3日目

指揮者ジェームズコンロンが辻井さんのラフマニノフピアノコンチェルト第2番のリハーサルをしているピアノ音源だけの動画を発見。

コメントも英語ですし、オーケストラの音源が入っていないので、凄く勉強になります。

これって著作権の関係で日本で観られないのかもしれないなあ。

医学系の企業の3件のアポは明日に固めてしまったので、今日は金融機関と不動産企業まわりです。

今晩のメトロポリタンオペラはチャイコフスキー50歳の時の作品で、スペードの女王。

楽しみです。

===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
(医学博士:藤本幸弘 トークゲスト:元宝塚歌劇団宙組トップスター 和央ようか)
第二幕
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:国内外で活躍中の男性ピアニスト(当日発表)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001


ラジオ・シティ・クリスマススペクタキュラー

ラジオ・シティ・クリスマススペクタキュラーをご存じですか?

毎年11月から1月の初頭までクリスマスシーズンに限ってロックフェラーセンター横のラジオシディで開催されるショー。

83年以上続き、65億人が観たと言われる伝説のショーです。

今日はメトロポリタンオペラの演題がなかったのもあり。

こちらに行ってきました。

アメリカはショービジネスの国ですが、これだけ見事なショーを毎年この時期に提供できるのは、人員の確保だけでも大変なはず。

楽団やダンサーの層の厚さを感じます。

すっかりクリスマス気分に浸りましたが、東京もそろそろクリスマス色に染まっているのでしょうね。

ラジオ

===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
(医学博士:藤本幸弘 トークゲスト:元宝塚歌劇団宙組トップスター 和央ようか)
第二幕
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:国内外で活躍中の男性ピアニスト(当日発表)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001


ラフマニノフの楽譜

ニューヨークの2日目の朝。

無事にラフマニノフの楽譜が手に入り、指揮棒は無いながらも、朝のルーチンが実行できました。

2日目

===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
(医学博士:藤本幸弘 トークゲスト:元宝塚歌劇団宙組トップスター 和央ようか)
第二幕
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:国内外で活躍中の男性ピアニスト(当日発表)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001

 


メトロポリタンオペラ

ニューヨークはメトロポリタンオペラ。

本シーズンの期待の新作フィリップグラスの「アクナーテン」を昨晩、観に来ました。

11月より公開して、先週メトライブビューイングの撮影を終えたところですが、公演は本日を含めてあと3回。

当然の様に本日のチケットも完売でした。

オペラ_1

オペラ_2

アクナーテンは、紀元前14世紀のエジプト新王国時代の第18王朝のファラオ。

エジプト三大美女で、胸像で有名なネフェリティティを妻に持ち、アマルナ革命によってテーベよりアケトアトンに遷都し、エジプトの太陽神アテン信仰を強く押し進めたが、従来のアモン神信仰を推し進める神官たちの反逆に会い革命は失敗しました。

彼らの娘の一人があのツタンカーメンと婚姻しましたので、ツタンカーメンの義父でもあります。

僕はエジプトの考古学博物館でもネフェリティティの胸像を観ましたし、2010年には彼のミイラのDNA鑑定も終わり、本人確定したのです。

ここまでが僕の世界史の知識。

オペラ_3

オペラ_4

アクナーテンについては、アガサ・クリスティが小説にも残していますよね。

この話を元に、フィリップグラスがオペラを作り、今回METで初演出となったのです。

主役アクナテンのアンソニー・ロス・コスタンゾはカウンターテナー。

メロディはほとんど無く、古代エジプトを彷彿させる独特のハーモニーと、ヘブライ語などを含む多言語で物語は進行します。

さらに、この舞台の演出を特殊な世界観を持たせているのが、12名のジャグラーによるパフォーマンスです。

初演の時はMETでも賛否両論があったそうですが、途中の休憩シーンでは、こんな演出観たことない。

まさにアメージングだとの声も聞こえました。

オペラ_5

僕はボックス席で観ていたのですが、第一幕が終わったときに、あまりの不思議な演出に呆気にとられて、茫然としていたところ、後ろのおばあさんから、あのアクナーテンの即位のシーンは、どう思う?と声をかけられました。

ただただ驚きましたよ、と答えるのが精一杯でしたが、いや、頭がぐるぐるしてしまう、すごい経験でした。

こちら、2020年2月21日(金)~2月27日(木)のメトライブビューイングでも上映されますので、頭の整理のためにも、もう一度観に行きたいと思います。


Saigon Market

友人の繋いでくれた縁で、ニューヨーク在住の日本人指揮者の伊藤玲阿奈さんと、ユニオンスクエアのSaigon Marketにてランチを。

カーネギーホールでの指揮の時の控え室の話や、クラシック音楽の身体に与える影響の話など、すっかり話し込んでしまいました。

予定が合えば、3月2日のオペラシティのコンサートも来てくださると。

日本での再会を楽しみに待ちたいと思います。

ランチ_1

ランチ_2

ランチ_3

ランチ_4

ランチ_5

ご好意でご自宅までお邪魔し、セルゲイラフマニノフのピアノコンチェルトの楽譜をお借りすることが出来ました。

論文も頂いたので、読んでみます。


Chelsea Market

住んだ事はありませんが、ニューヨークにはもう30回ぐらい来ていますので、地図無しで歩けます。

マンハッタンでも新しい場所を歩きたくなります。

なんだかんだで6回も立ち寄った年もありました。

僕にとってはどこを歩いてもパワーもらえる場所ですね。

30_1

30_2

30_3

30_4

30_5

30_6

30_7

30_8

30_9


The Vessel

ニューヨークの新名所。

ハドソンヤードのThe Vessel 早速登ってみました。

新_1

新_2

新_3

新_4

新_5

新_6

新_7

ネットで予約すれば良いですし、当日予約でも登れます。

無料です。


Hudson Yards New York

ニューヨークで2019年3月15日にオープンしたばかりの新複合施設のハドソンヤードに来ました。

ニュージャージーが見えるハドソン川沿いです。

オープン_1

オープン_2

オープン_3

オープン_4

オープン_5

前回来たときは建設中だったのです。

これだけ大きな施設はロックフェラーセンターの建設以来だそう。

注目スポットですね。


一年ぶりのニューヨーク

成田行きのバスに飛び乗りました。

NY出張に持って行こうと思っていたラフマニノフピアノ協奏曲第2番の携帯版楽譜が見つからず、小パニック。

40年も聴いてきたのに、毎日譜面読まないと覚えきれず、指揮は出来ません。

あっちで買うかな。

NY

一年ぶりのニューヨーク。

気持ち上がりますね。

そして今週は意外と暖かいみたいです。

えらい防寒着もって来てしまった。


池谷敏郎先生の新著

医師として大先輩で、僭越ながらゴルフでは好敵手(笑)でもある池谷敏郎先生の新著、「末梢血管を鍛えると血圧がみるみる下がる!」を拝読しました。

本

国民の約三分の一が高血圧症もしくは予備軍と言われていますが、薬からではなく、栄養学的にアプローチしたのは流石です。

一般的には収縮期の高血圧ばかりを気にする方が多いのですが、医師は平均血圧、脈圧、脈拍を診ることで患者さんの全身状態を総合判断していますが、この点についても、とてもわかりやすく解説されていました。

お勧めします!


指揮練習風景

おはようございます。

今日はクリニックFの診療日。

夜の飛行機でニューヨークに飛びます。

あちらで数社の企業と打ち合わせ。夜はメトロポリタンオペラに日参する予定です。(笑)。

さて、3月2日の「音楽は名医」のコンサートに向けて、昨日の指揮練習風景。

指揮練_01

指揮練_02

初めての動画投稿です。

https://www.facebook.com/takahiro.fujimoto/videos/pcb.10221299149776697/10221299142176507/?type=3&theater

楽譜はずいぶんと覚えましたが、指揮のスタイルはまだまだだなあ。

もっと頑張ろう!

皆さまチケットよろしくお願いします。

===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
(医学博士:藤本幸弘 トークゲスト:元宝塚歌劇団宙組トップスター 和央ようか)
第二幕
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:国内外で活躍中の男性ピアニスト(当日発表)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -