TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

慣れないTCAT、リムジンバス

スカイライナーに乗るため京成上野駅に向かったら、なんと終電終わっていました・・・汗。

 

tcat

 

急遽進路変更し、箱崎TCATに向かい成田リムジンバスにしましたが・・・間に合うかなあ。


The 8th World Gene Convention-2017

11月にマカオで開催される国際学会の招待講演依頼を受けました。

この前週にもタイで講演予定なのですが、さてどうするかな?

 

ma

Dear Dr. Takahiro Fujimoto,
I’m writing to follow-up my last invitation as below, would you please give me a tentative reply? Thank you very much. I apologize for the inconvenience if the letter disturbed you more than once.
It is our great pleasure and privilege to welcome you to join the 8th World Gene Convention-2017, which will take place in Macao, China during November 13-15, 2017. We would like to welcome you to be the chair/speaker in Theme 601: Drug Science and Technology while presenting about Drug Delivery….


LEGO

今日は大和でなくてLEGO。

 

lego

出張前の休日。

打ち合わせも、お墓参りも終え、さらに患者さんに頂いたLEGOも無事に完成。

これで心置きなく日本を離れられます。笑。


今日は順子先生と

今日は順子先生と外来です。

花

来週出張なので、来週誕生日のスタッフに恒例の花束を渡しました。

なにやら「20歳になりました!」 という昔ながらのジョークを言っていましたが、まあおめでたい席なので、許してあげましょう。笑。


外来です

今日はクリニックFの外来です。

4大陸に渡る長期出張のため僕の外来は7月最後になります。

大和_1

大和_2

こちら今日の大和。

船尾のカタパルトを作製しました。

零戦も金属製ですが、緑に塗らないといけませんね。

大和製作もしばらくお休みかな〜〜。


1ヶ月ぶりの宮下先生

1ヶ月ぶりに宮下先生がクリニックF外来に復帰です。

宮下先生

躰道の練習中、バク転した際に左の十字靭帯が断裂してしまい、入院・手術となってしまったのです。

内視鏡手術の術後経過も良いようで、現在はリハビリ中とのこと。

少しやせたかな、という気はしますが元気な顔を見て安心しましたよ。

スタッフの健康、大事ですね。

 


はじめまして

はじめまして。7月から勤務させていただいております西嶌順子と申します。

 

順子先生

昨年から火曜外来を担当している西嶌暁生の妻です。夫婦共々どうぞよろしくお願いいたします。

西嶌の嶌は何て読むのかよく聞かれるのですが、音読みトウ、訓読みシマでニシジマと申します。

変換されないパソコンがあるようで、警察署に免許の変更手続きなど行くといつもかなり待たされます。

本日は私の自己紹介を少しさせていただきたいと思います。北里大学出身で医者は7年目、形成外科医をしています。

研修医は東京逓信病院とがん研有明病院で行いました。

クリニックFで勤務されている前田先生は私が形成外科医を志すきっかけにもなった先生で、その美的センスをいつも尊敬しています。

宮下先生は誰にとっても説明が分かりやすく面白く、オペが上手いのは言うまでもありませんが、私はそのお笑いのセンスにいつも感動していました。

北里大学は二つ目の大学で、一つ目は聖路加国際大学を卒業しています。

看護師、助産師、保健師の資格も持っているので、資格マニアなのかとよく聞かれます。

助産師時代は、広尾にある日赤医療センターで赤ちゃんに囲まれて楽しい日々を過ごしました。

助産師時代のエピソードについても色々ありますが、また改めて書かせていただきたいと思います。

趣味は世界遺産を巡る旅、散歩、料理などです。

今年の夏は、沖縄に行ったことのない主人のために石垣島に行く計画を立てています。

飲む日焼け止め、noUVeauも忘れずに持って行き青い海と空を満喫してきたいと思います。

女性の気持ちに寄り添った、温かい診療・細やかな治療を心がけて患者さんとおひとりおひとりとの出逢いを大切にしていきたいと思っていますので、クリニックでお目にかかるチャンスがありましたらぜひよろしくお願いいたします。

暑い毎日ですが、皆様もどうぞお元気にお過ごしください。

お会いできる日を楽しみにしています。


第6回企業する医師に参加しました

厚生労働大臣にお会いしたのちには、第6回企業する医師に参加しました。

株式会社日本医療機器開発機構の内田毅彦先生が発起人であるこの会。

医師の資格を持った、起業家の集まりです。

医師

起業すると、それぞれのフェーズで悩みもありますが、同じ資格を持っていると、経験を共有できますよね。

忙しいながらも数ヶ月おきに集まっています。

今日も役立つディスカッションができました。


ドイツ発 技術の粋を集めて開発した低温大気プラズマ「kINPen:キンペン」

皆様、こんにちは。火曜外来を担当している西嶌です。

 

今回はドイツのライブニッツ・プラズマ科学技術研究所が、ドイツの技術の粋を集めて開発した低温大気プラズマ「kINPen:キンペン」に関しての報告です。

 

Kinpen1

 

まずは、下の臨床経過をご覧ください。

30歳代女性の腰部に、CO2のフラクショナルレーザーを照射した直後に、kINPen(キンペン)を照射した場合(右)と、照射しなかった場合(左)の臨床経過です。

 

kinpen2

照射後6日目には右腰部の照射部位はほとんどわからなくなっているのに対して、非照射部が同様のレベルまで改善するのに、照射後16日間を必要としました。

 

大変驚くべきことですが、kINPenをわずか1回照射しただけで、CO2のフラクショナルレーザーを照射した後のダウンタイム(かさぶたの期間)が劇的に(約3倍)短縮しました。

プラズマとは、個体、液体、気体に続く第4の形態であり、私たちの身近では、空気清浄、脱臭、半導体プロセシングなどに利用されています。

 

医学界では、創傷治癒や癌治療、殺菌作用の分野で20年以上前から注目されています。

そして、2000年以降、低温プラズマの開発が進み、現在は最もホットな話題の1つとなっています。

 

プラズマ先進国のドイツでは、難治性の慢性潰瘍(他の治療で治らなかった創部)に対して、保険が適応されており、その応用や適応は拡大しつつあります。

 

kinpen3

創部が治る際に必要な因子は様々ありますが、その中でも創部の見た目を元通りに修復するために、特に重要な因子は

①結合組織の増生

②血管新生に伴う血流改善

③表皮細胞の遊走

④感染制御

 

になります。

 

そして、これらの因子を促進させるものが今回のプラズマです。

実はこれは、美容レーザーによるリジュヴィネーション(若返り)で活性化させたい因子と一致しています。

すなわち、健常な皮膚にプラズマ照射した場合、真皮層の結合組織(コラーゲン等)の増生、表皮の老廃物の除去、皮膚の常在菌(アクネ菌など)の殺菌等の効果が期待できます。

今回ご提示した症例は、CO2のフラクショナルレーザーを腰部に照射したものです。

元々腰部は顔面と比較し、2倍以上ダウンタイムが長い部位です。

しかし、kINPenを照射した部分は、非照射部と比較し約11日早くダウンタイムが終了しており、理論的には約3倍のスピードでリサーフェシングが完了したことになります。

このことは、長年、創傷治癒に携わってきた形成外科医としても、大変驚くべきことであり、今後注目していきたい分野です。

kinpen4

ではなぜ、プラズマがこのような効果をもたらすのか?

その点に関してまだ解明されてない部分はあるものの、動物レベルではかなり研究が進んでおり、当院の前田先生、宮下先生も大学院の研究室にて探究しています。

今後、本ブログでも分子レベルの機序に関して説明する機会があると思いますので、楽しみにしていてください。


経営者がゴルフをするメリットとは?

【経営者がゴルフをするメリットとは?】

ネクタイ_6

おかげさまで昨日はたくさんの方からお祝いの言葉を頂き、とてもうれしい日曜日となりました。ありがとうございます。

ドラコンだけは外してしまいましたが、初めてのベストグロスでの優勝。コツコツ自分なりに練習した成果と、ツキや人にも恵まれラッキーでした。

 

先週ラウンドした鎌倉パブリックアウトコース1番では、この写真の通り緩やかな下りの317ヤード

ゴルフ

なんと! ワンオンしたのです!

ちゃんと証人もいます(笑)。

そんなわけで、薬学の博士課程が終わりここ数ヶ月。休暇で行けるチャンスのある日は専らゴルフを楽しんでします。

工学博士過程→半年おいて薬学博士過程・・・と、博士号を取得するために約6年半我慢したゴルフ。

昨年8月クリニックから歩いて行ける距離にある赤坂にゴルフスクールが開いたのを機に、週一回診療前レッスンでリハビリを開始し、3月にコース本格再開。ここへ来てスイングがリセットされてきました。

とはいえ、ゴルフも来週まで。

7月20日からお盆明けまで、米国、欧州、オーストラリアの出張が続きます。

さすがに大陸を何度も横断するときはゴルフクラブは持ってゆけません。

***

 

ゴルフは経営者がすべきスポーツの一つと言われています。

欧州では、経営者や貴族の子供達を、ゴルフハンディをシングルにするため小さな頃から教育するといいます。

平日スルーで回っても4時間はかかります。

その間プレイヤー4人での会話ができます。

どんなレベルのプレイヤーでもハンディキャップというルールの上で対等に戦えます。

g

ゴルフは18ホールの勝負がありますが、一つのホールで大きく失敗すると、次のホールでスコアを取り戻すことができません。

バーディやイーグルに期待することはまずアマチュアであれば無理だからです。

それぞれのホール内で、起こってしまったこと(OB、池、バンカー、林入)などをその責任を認識しつつ冷静に判断して、被害を最低限に留められるよう次のショットを選択する。

それが、例えばグリーンから遠ざかるような後ろ向きや横向きのショットであっても、安全性を優先しなければならない。

経営者には、こうした危機管理も大切なのかもしれません。

暑さや寒さなどの天候に対して、いかにきちんとした対応をしてくるかも大切だと思います。

僕の友人の経営者で常に良いスコアで回る人は、ゴルフにおいて想定される天候や事故に対する準備を怠りません。

以前にシングルプレイヤーの優秀な経営者と回っていた際、途中僕のドライバーのヘッドの重りが緩んでしまったことがありました。

そうすると、それを締める特殊な器具を彼が取り出し、ラウンド中に貸してくれたのはおどろきました。

全ての危機に関して準備をすることが大切なのですね。

 

***

%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e2%91%a1

ちなみに僕はアンチエイジングをテーマにする医師として、40歳以上の患者さんにスポーツを勧めることがあります。

 

どんなスポーツがアンチエイジングに効くかと聞かれる際、必ず

「笑いながら会話のできる運動量をもつスポーツを選択することが大切ですよ」

と言っています。

つまり、額に汗する程度の運動量はとても大切なのです。

ゴルフやジョギング、あとはボーリングぐらいでしょうか?

それ以上心肺機能に負荷がかかるスポーツは、活性酸素が多く出てしまいますので、運動のメリットともにデメリットも多くなります。

40超えて激しいスポーツををやりすぎると確実に見た目が老けますね。

ゴルフは体が柔らかい若い時と、ある程度硬くなった中年以降ではスイングを変えなければいけません。

若い時は、一部の才能ある若者がひたすら努力することによって得られるスイングですが、中年以降にゴルフをスタートしても、練習の方向性さえ間違えなければ、上手いレベルに到達できるのも魅力です。

さらに経営者はディシジョンメイクを素早く行うということが必要ですが、こうした意思決定のスピードは男性ホルモンの低下とともに衰えてゆきます。

ゴルフはプレー中にクラブ選択から、芝の読みまで、多くの選択を強いられますので、これは脳に対して良い刺激を与えると思います。

18ホールも回ると記憶に残るような確実に良いショットが必ず出る。

これが脳内報酬系のドーパミンを出しますので、自分に対するご褒美のようなものですね。

これが、ゴルフでよく言われるフレーズ

‟仕事はいいんか?80台、家族はいいんか?70台”

とまで熱中してしまう要因になるのですよね。

golf

ゴルフに対する言い訳をたくさん書いてみましたが(笑)、こうした目の前の快楽を我慢して、すぐに気持ちを切り替え、他の仕事に集中できるというのも優れた経営者の特徴だということで、今日のお話は締めておきましょう。


クリニックFでの肌の若返りのための診療方針

こちらはクリニックFでの肌の若返りのための診療方針です。

基本方針_1

顔の肌の治療は

ホワイトニング&ブライトニング  20代より

タイトニング           30代より

リサーフェシング         40代より

リフティング           50代より

を組み合わせて、行う事を治療の開始としています。

基本方針_2

治療の行程としては

まずは

1)肌の基礎工事を行う 肌のファクターの平均点を上げて整える

その後患者さんの肌に合わせて

2)肌の弱点を補う治療 ニキビ跡、シミ、肝斑など

3)肌のゆるみを取る治療 加齢によるたるみ、ゆるみ

4)肌を脱皮させ、若い肌に入れ替える治療 細かい小じわ、目の下がり

に入ります。

最終目標地点は

「実年齢より約10歳若返らせ、その若い肌を維持する」

事を目標としています。

年齢から10歳若返らせるのは、10年後の肌を現在よりも若くすることです。

この際、若い顔を作るのではなく、若返らせることを目的にしています。

5)最終ステップにおいては、

上眼瞼を含んだ全顔フラクショナルレーザー

臍帯血増殖上澄み液 や 自己線維芽細胞の増殖液などの再生医療の細胞を

組み合わせて経皮ドラッグデリバリーすること

で肌を入れ替えることが可能になります。

基本方針_3


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -