TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

優勝しました

今日はメンバーのみが参加資格があるカレドニアンゴルフクラブ 2月のブルーティー杯。

仲の良いメンバーと適度な緊張感ありつつもリラックスしてまわり、ハンディにも助けられちょうど一年ぶりに8組の中でアンダースコア優勝しました!

ゴルフ_1

ゴルフ_2

ゴルフ_3

今年に入ってずっと調子悪かったので、嬉しかったです。


呉の実家

呉の実家に立ち寄りました。

祖母が昨秋103歳で亡くなって以来です。

広島

広島_2

広島_3

広島_5

形見分け。

古い大島紬の反物がありましたので着物に仕立て、趣味で作っていた多くの作品の中から、こちらの富士山の刺繍の作品を持ち帰り額装しようと思います。

お昼の便で帰京します。


今日は空路で西へ

今日は空路で西へ。

西_1

西_2

西_3

ラウンジから富士山がうっすらと見えます。

ここでの読書がひとときの幸せ。

井沢元彦先生の逆説シリーズ。

全部持ってますよ。日本史 世界史 図説 その他も。


富士山

新幹線に乗っての富士山は富士川を渡る時最も綺麗に見えますよね。

今日は工学部医用工学科の教授としてのお仕事。

富士山

トヨタの頭脳でもある株式会社SOKEN本社にて医学の工学応用のための超重要なプレゼンに行ってきます。

日本の国益にもなる事業ですので、この日に向けて入念な準備をしてきました。

頑張ろう!


臨床研究論文が通過

クリニックFで低温常圧プラズマを利用した創傷治癒加速の臨床研究論文が通過しました。

Akio Nishijima, Takahiro Fujimoto, Takamichi Hirata, Junko Nishijima: Effects of Cold Atmospheric Pressure Plasma on Accelerating Acute Wound Healing: A Comparative Study among 4 Different Treatment Groups. Modern Plastic Surgery, 9, 18-31, 2019. doi: 10.4236/mps.2019.91004.

論文


ゴルフ会のコンペ打ち上げ

僕はバブル経済絶頂期に何故か不安を感じて慶應経済を中退して、国立大医学部に行きましたので慶應義塾の卒業資格が無く、長らく塾員では無かったのですが、一昨年慶應薬学部大学院の薬学博士過程を修了しましたので足掛け27年かけて塾員になりました。

ゴルフ_1

ゴルフ_2

ゴルフ_3

今日はこちらのゴルフ会のコンペ打ち上げに参加。


スタッフの誕生日

今日はスタッフの誕生日でした。

いつもありがとう!

花

平河町に引っ越して、お花屋さんが代わったので、ちょっとテイストが違います。


クリニックFで行うレーザー機器

最近クリニックFでは実際にどんな治療をされているのですか?

という、ご質問が続くので、お答えしようと思います。

クリニックFで行うレーザー機器による肌質の改善とは、実年齢から20%若い「肌の改善」を目指すものです。

あくまでも肌質の改善で、ヒアルロン酸などのフィラーやボトックスを用いての、「若い顔を作ること」とは違い、若かった時の肌に戻す事を目的にしています。

基本的には以下の4種類があります。

1)ターンオーバーを上げることで肌の透明感を増す可視光線を照射する。

2)コラーゲンとエラスチンの繊維を増やすための近赤外線をそれぞれ照射し、肌に張りをつくる。

3)皮下の水に吸収しやすい波長の波長の長い近赤外線を照射し、肌のしわを伸ばす。

4)ラジオ波やHIFUを利用して皮下脂肪層に貫通している皮下線維束を収縮させ、リフトアップを行う。

クリニックFには30種類以上のレーザー機器がありますので、初診時には30分余りかけて、

1)それぞれの最新機器で何ができるか?
 
2)患者さんの肌の実際の状態

3)適応すべき治療とその優先順位

をオーダーメイドで決めてゆきます。

こちらを、肌の基礎工事と呼んでいます。

数回施術をすると、それぞれのレーザー機器で、一定以上のパワーパラメーターで照射できるようになりますので、その時点で肌の基礎工事は終了したと考えます。

こちらは年齢を戻す作業です。

その後は、

1)いわゆるシミをとる

2)ニキビ跡を治療する

3)肌を一端かさぶたにして入れ替え、テクスチャー改善

4)レーザーアシストドラッグデリバリーで再生治療薬を加えてより若い肌を目指す

といった工程に入ります。

過去13年のクリニックFの治療で、最も多くのレーザー機器を使った方でも、在院約30台中24台の機器しか使っていませんので、どんな方でもより良い肌を求めることができると思います。


年賀状お年玉切手

いつも楽しみにしている年賀状お年玉切手。

これが終わらないと正月気分が抜けません。

切手_1

切手_2

今年は3枚の当たりでした。

いつもより少ないなあ。


エムスカルプトの招待講演

来る2月24日、丸の内オアゾの会場で、米国特許を5つ取得したBTL社の最新機種、磁場による筋肉増強&痩身医療機器であるエムスカルプトの招待講演を、2018年ベストボディジャパン優勝者の前田拓摩先生と行います。

BLT

残念ながら医師限定(もしかしたらマスコミ関係の方も可能です)ですが、よろしかったらしてください。


アンチエイジングクラシックコンサート

日大芸術学部出身の美容ライターの安田光絵さんが、聴くだけで綺麗になるアンチエイジングクラシックコンサートを企画されることになり、僕の著作やユニバーサルミュージックから出ているCDの内容を取り上げていただけることになりました。

非常に楽しみです。

音楽はヒポクラテスの時代から薬のひとつでしたが、音楽を聴いての脳の動きは特に今世紀に入ってからfunctional MRIで脳の活動が継時的変化で観察されるようになり、よりよくわかるようになりました。

ピアノ

http://clinic-f.com/music/index.html

よろしかったら僕の音楽に関するブログ記事「音楽は名医」もお読みください。


今シーズンのスキー

今シーズンも日曜日や休診日を利用してちょくちょくスキー場に行っています。

今シーズンは雪が心配されましたが、良いようですね。

スキー_1

スキー_2

東京から引退後に移住してスキーコーチをされている方と話しましたが、そういった退職後プランもあるのですね。

斬新だと思いました。

僕も指導員の資格とっておけば良かったなあ。

スキー_4

スキー_3

こちらエアーズロックを彷彿させる急坂。

今年は坂に縁があるのかなあ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -