TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ASLMS終了 クライオ(氷結)機器による色素斑の治療

2018年ダラスのヒルトン開催の米国レーザー医学会が終了しました。

32415

本年の新しい話題と言えば、やはりレーザーや光治療機器以外のエネルギーベースの研究や検証論文が増えたことでしょうか?

特にクライオ(氷結)機器による色素斑の治療や、RF機器による加齢性色素斑などの治療機器の研究発表などがあり、興味深いものでした。

第四世代のサーマクールFLXなどの目を引く新機種も登場し、レーザー以外のエネルギー機器の注目度は上がって来ています。
反対にここ数年来話題の中心にあったピコレーザーも演題が減り、新たな波長の登場はありましたが、1時の過熱感はすっかり無くなった感じです。

僕の工学博士の専門であるレーザーが元気がないのはとても残念ですが、ピコレーザーに関しては当初の予想通り、入れ墨以外の色素斑に関しては、革命ではなく進化レベルの違いこそあれ、一定期間が経過したのちの治療効果に関しては、際立った有意差は無いと判断されたようです。

日本と違って米国ではピコは評判は良く無いですね。
レーザー医療界の第一人者であるハーバード大学ロックスアンダソン教授の言葉を借りると、ピコレーザーは80年代から皮膚科での研究がスタートしているのに、各社の導入が遅らせたのはそれなりの理由があるのだろう。

現在はフェムト秒機器も出来ているので、より短いパルス幅の機器での効果を探る必要があるだろうということでした。

パルス幅が短くなることで、当然安全域が減るので、使用法にはより注意が必要になりますが、ここは今流行りのAI (ロックスはロボットと言っていましたが)による同時診断技術の開発が大切なのでしょうね。


1963年 JFK

ダラスといえば、20世紀に入ってテキサスに油田が発見されてから爆発的な発展をしてきました。

ちなみにニューヨーク市場で上場されている石油価格1バレルはテキサス州の石油の価格です。

しかしながら、1963年にJFKが暗殺されてから、この地の名前が世界に広まってしまいましたよね。

21

 

写真はその狙撃ポイントで、路面にマークがついています。

アポロ計画や人種差別問題、キューバ危機、マリリンモンローとの不倫など、強い米国を象徴する人でしたね。

46歳は若すぎる。

全く普通の土曜日でしたが、追悼に来ていた人も多かったです。

3
後ろに見える球形の展望台がある建物は、ダラスのハイアットリージェンシー。2004年に僕が初めて米国でレーザーの学会発表をしたのもこの場所でした。

まさに米国レーザー会との原点回帰の場所で、思い出深いです。
僕は大学受験の時は、数学と国語の理論系が得意科目で、記憶教科の英語は全く苦手でした。

英会話を学ぼうと思って練習してきて20年になりますが、考えてみればレーザーという光治療機器に興味を持ってから、情報を得るために英語を使わざるを得なくなったのがきっかけです。

窮すればすなわち変ず、窮すればすなわち通ずですね。


全米TOYOTAの本社が移転した地

ダラスで最近の話題といえば、昨年に全米TOYOTAの本社が移転した事。

ダラスダウンタウンから北に30分。行ってきました。

432

その巨大な建物に圧倒されました。

テキサス州は、エアコンが作られるまで暑すぎてほとんどの人が住めない地域でしたが、この巨大な本社ビルの電力は、ほとんどが風力発電でまかなわれているのだとか。

1

米国星条旗とTOYOTAそしてテキサス州旗が並ぶのは、以前は独立国家だったテキサス人のプライドでしょうね。

さらに法人税がかからないというのもダラスに人が集まる大きな理由の一つですね。

この地域はもっともっと発展しそうです。


口演無事に終わりました。

2018年ASLMS米国レーザー医学会。

フラクショナルレーザーアシストによるドラッグデリバリーの口演無事に終わりました。

12345

e-poster で出した演題の中で、数名が選ばれて口演するという発表枠。

座長のエミル・タンゲッティ医師は、短い時間に要領よくプレゼンを話し切るトレーニングだと思って欲しい、と。

今年初めてこういう形式が出来ましたのでちょっと躊躇しましたが、なんとかやり終えました。

英語の口演は慣れてるのでうまく話は伝えられているとは思いますが、早口で話すと、どうしても日本人っぽい発音になってしまいます。

今後の課題だなあ。

でも日本で生まれ育ったのだから仕方ないですよね。


20年ぶりのエイトボール

今日は米国レーザー医学会参加の後、ダラスの事業家が住む素敵な自宅で開かれたホームパーティに呼んでいただきました。

321

楽しく歓談。

20年ぶりにビリヤードのエイトボールをやりました。

45

テキサス州ダラスに来たのは今回で4度目。

米国中から人口が流れ込んでくる街だと言われています。

不動産市況もこれまでに無いぐらい過熱して売り手市場なのだそうです。

数年後にはダラスからヒューストンまで日本の新幹線が走るのだそうですよ。


深夜2時のダラス

眠らない街 ダラス。

夜中の2時をとうに過ぎているのに全く交通量が減りません。

1

ついでに時差ボケと相まって全く寝られない。明日は口演なのになあ。


ASLMS 2018 Conference Program

ASLMS米国レーザー医学会今年のパンフレットです。

1

レーザーだけでは無く、Energy-Based Medicine & Science の学会に名前が変わっています。時代の流れですね。


ダラス空港

テキサス州のダラス空港。

1

空港オタクとしては何度来ても綺麗なデザインだなあと思います。

対象的で、何処の方向からも着陸出来る

実はこの敷地だけでマンハッタン島より大きいんですよね。


マーク・ザッカーバーグ

アメリカやヨーロッパでは主に報道番組を中心にテレビをよく観ます。トランプ他政治問題はひとまず置いておくとして、マークザッカーバーグ氏の報道を今回の出張ではよく見ますね。

1

個人情報の二次利用で、米国上院議会の公聴会に呼ばれて謝罪発言したという話題です。

Facebookのおかげで切り開かれた市場も多いと思いますが、ある程度大きくなってしまうと企業は自然に走り出してしまうものです。

栄枯盛衰、盛者必衰の理あり。SNSについてここ数年僕も思うことあり、記事を上げながら頭の片隅にいつも迷いがありました。

ひとつの時代の終わりに立ち会っているのでしょうね。今後はfacebookを個人利用に限って行こうと考えています。

趣味の話など中心とするのも良いですよね。


成田

最近は毎度の事ながら、ギリギリ成田空港に滑り込みました。

1

年始よりシチリア ニューヨーク バンコクに次ぐ4度目の海外出張です。

今回は米国レーザー医学会での発表および講演と現地レーザー企業との打ち合わせ。

来月はギリシアの国際肥満学会への講演出張も決まっています。

今年も月一以上のペースで海外に出張ですね。


本郷 外来診療棟

毎年医師会の更新手続きに本郷に来ます。

1

いつも楽しみにしている桜並木が、今年完全に終わってました。

残念。

この外来診療棟は僕が研修医していた頃に建ったんですが、もう四半世紀近く経過してしまったのですね。

驚きます。


名門スリーハンドレッドクラブ

先週出国前の事ですが、念願の名門スリーハンドレッドクラブでプレーする機会に恵まれました。

32145

このゴルフコースは東急五島社長が茅ヶ崎に作ったわずか300人の会員で構成されるコース。

会員になれるのは、財務大臣以上の政職に就いた人物か、一部上場企業の創業社長とされています。

事実掲載されていた会員名簿は安倍首相を始めとした、政界財界の著名人ばかりでしたね。

コースは戦略性に富んでいましたが、ちょっと狭いかなあ。

貴重な体験でした。


夜桜

赤坂ニューオータニの前の八重桜が満開です。

4123

夜桜が綺麗ですね。

明日朝から日経の取材といくつかの打ち合わせをこなして、夜より米国出張です。


氏神様に

今日はクリニックFの診療日です。

今週からの米国出張を控えて月に一度は行くようにしている氏神様の赤坂日枝にお詣りに行ってきました。

312

参道の八重桜がこんなに早く咲くのは千代田区に居を構えてここ20年間、記憶にありませんね。

 


3度目の大和

大きな大和を作るのは3度目です。

1

手前は小学生だった次男の夏休み自由研究で作った設計図無しのアイスキャンデー棒の大和。

2奥は長男が四ツ谷大塚のSクラスに上がったらご褒美にというニンジンにした宇宙戦艦ヤマト。

34

今回の戦艦大和は5年ぶりでしたが、無心に模型を作ると新たな発想が出てきますね。

まさにこれぞセレンディピティ!


Integral Functional Mineral Crystal (IFMC.集積性機能性ミネラル結晶体)

お早うございます。

今日は少し硬い話を。

来たる4月18日に東京都市大学にて大きな記者会見を行います。

内閣府特命担当大臣の松山政司大臣がビデオメッセージにて参加される他、オリンピック選手、協賛一部上場企業も含め、テレビも新聞も入る予定です。

1
題目は、Integral Functional Mineral Crystal (IFMC.集積性機能性ミネラル結晶体)。

こちらの物質は、生体に対して、痛みをとる、運動能力を引き出す、転倒防止などに利用することができるのです。

その理由について、ここ数年研究を続けてきたのですが、医学的な考察だけではどうしても答が導き出せず、工学的な機序を考えたところ、あるケミカルメディエーター(メッセージ物質)が関わっている事に気づきました。

つまり、医学と工学の融合領域に答があったのです。
約一年前に東京都市大学の平田孝道教授に生体への工学的検証をお願いしたところ、その確証を得ることができ、一気に日本の国益に繋がる政官学に及ぶプロジェクトになりました。こちらの記者会見はマスコミ関係者だけではなく、学生さんも、一般企業の方も入ることが出来ますので、よろしかったらぜひご来場ください。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -