TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

韓国第2位のレーザーメーカージェイシス社訪問

金浦空港についてから、3時間余りをかけて車でやってきたのは、韓国第2位のレーザーメーカーであるJeisys社。

会社に着いたのは午後8時過ぎでした。

017

ジェイシス社は2000年に韓国で設立されたレーザー会社です。

同じ頃に設立され、QスイッチヤグレーザーのSPECTRA VRM(マックスピール)を主力商品にして株式上場路線を取ったルートロニック社に次ぐ、韓国第2位のレーザー/光治療器の売り上げを誇る会社。

会社立ち上げ時にルートロニック社がレーザーを主体に製品のラインアップを作り上げたのに対して、ジェイシス社はIPL(光治療器)を主力として市場に投入しました。二つの会社は高い技術開発力を基にしていますが、興味深いことにジェイシス社は逆に非上場主義を貫き、社長も表に出ないという、ルートロニックと正反対の社風を持つ会社です。ジェイシス社の社長の顔を知るユーザー医師は韓国でも少ないのです。面白いですね。

このジェイシス社は、フラクショナルRF機器のイントラセルという独特の技術を持った機器を開発したので、こちらの最新版を見学に行ってきました。

これは工場の中にあったアップグレードを控えている最新機器。特別に見せていただきました。もちろん本邦初公開。

011

イントラセルについては以前のブログでもご紹介しましたが、この機器は7段階の出力レベルと4段階の針の深さを調節することで、皮下に熱刺激を与えるフラクショナルRF機器。

先行してクリニックFでも導入しているシネロン社のe-matrix(e2)と同じような効果を、実際にマイクロニードルを使用することで行っています。

Intracel

絶縁針をさすことに対して抵抗はありますが、確かに肌の深いところに針を刺し、その部位で熱刺激を出せば、最も熱に弱い表皮に対して熱を加えにくいのは理にかなっています。

さらに、治療器にレーザーを使用すると肌の色(メラニンの量)に対してパラメーター調整をしなければならないので、色の黒い肌を持つ患者さんに対して、強い出力の治療が難しかった。

しかし、この機種はRFを使用することでこの問題を解決しています。つまり日に焼けた男性のニキビ痕など、今までの機器で治療しにくかった部位が治療が可能になります。

ただし、前からこのブログでも触れているように、特にレーザー機器治療の場合、同じ機械があるからといって、同じ治療が出来るとは思わない方が良いと思います。レーザー治療器は所詮道具の1つですから、要は使い方の工夫がいかになされているかです。

013

もしかしたらこちらも本邦初公開のカン・ドンファン社長。年齢を聞いたらまだ38歳なのだそうです。技術者然とした雰囲気は好感が持てましたよ。

ちなみに僕たちの間にある機器は、ジェイシスの発表する新しいフラクショナルCO2レーザーです。クリニックFでもテストを頼まれましたので、使ってみようと思います。

015

カン社長とさまざまなディスカッションをしましたが、技術開発力はありそうですね。

014

こちらも新たに開発しているファイバー式のレーザーメス。

このほか、写真を撮れないと言われた技術や商品もいくつかありました。

年末に向けて新たな機器を販売する予定なのだそうですよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -