TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

Classification of Acne Scar

このところ、ニキビ跡(痕)を治療するレーザーについての質問が多くなってきました。

「ニキビ跡」とひと言で言っても、その状態は千差万別で、状態によって適応されるレーザーも異なってくるのです。

そのため、実際お会いしてその状態を見せて頂かないと、どういった治療法を選択するかはお答えがしづらく、メールやお電話での質問だと正確なお答えが出せないという現状があります。

ニキビ跡の大まかな分類について、少し難しくなりますが、今日は一度まとめておこうと思います。

ニキビ跡とは、ひと言でわかりやすく言うと、ニキビの炎症が治まった後に残ってしまう皮膚の変形と変色のことです。

まず大きくは、肥厚(ひこう)性のものと、萎縮(いしゅく)性のニキビ跡に分かれます。

そのうち萎縮性のニキビ跡を形態的に4種類(ヨーロッパでは3種類)に分類するのが一般的です。

それらは

①Rolling ローリング型

②Ice-pick アイスピック型

③Shallow box-car 浅いボックスカー型

④Deep box-car Type 深いボックスカー型

と、呼ばれています。

①ローリング型とは、丘のようにうねって平らな部位が少ないニキビ跡(Rolling scars are gently undulating, appearing like hills and valleys without sharp borders.)のことを指し

②アイスピック型とは、表面が広く深くなるに従って細くなる円錐状のニキビ跡(Ice-pick scars, also known as pitted scars, appear as round, deep depressions culminating in a pinpoint base; in cross-section, they are shaped like a “v”.)

③浅いボックスカー(箱形の車)型(Box-car scars have a flat, “u-shaped” base. Broader than ice-pick scars, they are round, polygonal, or linear at the skin surface)と、

④深いボックスカー型(Shallow box-car scars terminate in the shallow-to mid-dermis, and deep box-car scars penetrate to the reticular dermis.)

ヨーロピアン・アクネ・グループ(The European acne group (ECCA) )では、

◎ローリング型を「W-shaped」

◎アイスピック型を「V-Shaped 」 

◎ボックスカー型を「U-shaped」

と分類しています。

感性があっていいですよね。

それぞれどのレーザー機器を使用するかということになりますが、肌の「基礎工事」が終わっている、と仮定した場合、2010年現在の、クリニックFのレーザー選択では

■ローリング型なら「パール」+「フラクセル リストアデュアル」

■アイスピック型なら「エコツー」or「eMATRIX」+「フラクセル リストアデュアル」

■浅いボックスカー型なら「アファームマルチプレックス」+「フラクセル リストアデュアル」

■深いボックスカー型なら「eMATRIX」+「エコツー」

・・・といった選択になります。

しかしながら難しいのは、通常の人のニキビ肌にはここに紹介した4種の型が何種類か、または場合によってはすべて、混在している場合がほとんどなのです。顔の部位によっても、ニキビ跡の状態は異なります。

そのため、クリニックFでは部位と状態に応じて、数段階に分けてスケジュールを立て、数種類のフラクショナルレーザー/治療方法を組み合わせて、ニキビ跡を治療していきます。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -