TOP
ゲストルーム

スティーブン・リムとシンジ・ユー

アファームの製造元である米国Cynosure社のアジアパシフィックの販売代理店を統括しているスティーブン・リムが、マーケティングの担当であるシンジ・ユーとともに、クリニックFを訪問してくれました。

今回新しくデビューしたシミ取りや、肝斑治療に効果が期待されるQスイッチアレキサンドライトレーザーの、実験研究に参加するため、その打ち合わせをしていたのです。

Singapore

来年度の米国レーザー学会にまた演題を出したいと思っています。

実際にレーザーを照射する時間を

「パルス幅」

と言いますが、この照射する時間の単位がナノ秒単位のものを

「Qスイッチレーザー」

と呼びます。

実際に照射する時間を短くすることで、メラニン色素などの標的組織以外の皮膚にダメージを少なくすることができることが、Qスイッチレーザー最大のメリットです。

以前レーザーの歴史について書いた記事でも書きましたが、“ナノ”とはものすごく短い単位です。一秒の1/1000がミリ秒。ミリ秒の1/1000がマイクロ秒。そのマイクロ秒の1/1000がナノ秒という単位になります。

アレキサンドライトレーザーのパルス幅は50ナノ秒。一般的なNd:ヤグレーザーのパルス幅は5-20ナノ秒ですので、アレキサンドライトレーザーの方が、パルス幅が2.5-10倍長くなるのです。

同じジュールで施術を行うと、照射時間の長いアレキサンドライトのほうが、ピークパワーが下がり、同時に熱だまりができるということになります。

この微妙なパルス幅が治療結果にどう左右するか?

これがレーザーマニアとしては興味深いところです。

ここ数年で、低出力のQスイッチNd:ヤグレーザーを使用しての肝斑治療が世界では一般化してきましたが、今回の実験で、これをアキサンドライトレーザーに使用できないか、追加研究してみようと思います。


新国際学会周遊記

カテゴリー