TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2014年レーザー医療総括 Laser companyリンク先

今年最後となる僕の論文が掲載された出版物が発売になりました。

10403611_10205550293545134_88052622

10406487_10205550293345129_49151311

参考文献には、10月に発表した肥満学会での演題も加えさせていただきました。

10806481_10205550293705138_71388429

年の瀬も迫ってきましたので、2014年のレーザー医療の総括をそろそろしてゆきたいと思います。

まずは僕の2014年の業績です。

筆頭英文論文

〇Fujimoto T, Nagata T, Yoshioka M, Ito S, Masaki H, Kanazawa H Effects of Novel Vitamin C Derivative GO-VC, After Treament of Fractional CO2 Laser in Asian Patients    Lasers in Surgery and Medicine: Vol.46(S25) March 2014:p9(アジアンスキンに対するCO2フラクショナルレーザー治療後の新規ビタミンC GOVC の併用経験)

○Fujimoto T Metabolic syndrome treatment with the ACBODY low-frequency rotating stimulation device Bio Clinica 29(4), 2014,p76-83
(低周波回転式筋肉刺激機器を用いたメタボリックシンドローム対策

○Fujimoto T, Imai Y, Tei Y, Ito S, Kanazawa H, Yamaguchi S High temperature heat source generation with 4-6W power level quasi-cw (continuous wave) semiconductor lasers for medical use J Biomed Opt 2014;19(10):101502 (医療治療目的に使用可能な、出力4-6Wレヴェルの半導体レーザーによる高温体の生成)

日本語筆頭論文

〇藤本 幸弘 newaリフトによる即時的な顔面部のたるみ改善効果についてBIO Clinica 2014年29巻5号(通巻380号)5月号p.89~p.95 北隆館

〇藤本 幸弘 EMS(Electorical Muscle Stimulation)機器を利用したメタボリックシンドローム治療の提案2014年12月臨時増刊号 門脇 孝監修 特集「糖尿病・メタボリックシンドロームの分子機序と治療戦略」BIO Clinica 2014年29巻14号p.64~p.70 北隆館

〇藤本幸弘 山口滋 リサーフェシング治療における炭酸ガスフラクショナルレーザーの進化
〜レーザー工学的解析から検証する〜
日本美容皮膚科学会誌Vol.24 NO.4 2014

今年は主要な学会参加として

1月 パリ IMCAS 学会参加

3月 デンバー 米国皮膚科学会(AAD) 演題発表

4月 フェニックス 米国レーザー医学会 演題発表
5月 セルビア ベオグラード ヨーロッパ皮膚泌尿器科学会(EADV) 学会参加
10月 アムステルダム ヨーロッパ皮膚泌尿器科学会(EADV) 学会参加

レーザー機器メーカーとして

3月 韓国 レーザー企業UTI社 訪問

5月 イタリア モデナ DEKA社副社長 Dr.マウロ・ガリとの打ち合わせ

10月 プラハ BLT社
10月 スロヴェニア Fotona社 工場見学 ディスカッション

世界の主要な医師たちとのディスカッションとして

1月 パリ CENTRE MEDICAL DESTETIQUE 訪問

3月 韓国 レーザー企業iLaerLab 訪問 クリニック 訪問

3月 韓国 WT methode clinic 訪問

4月 ビバリーヒルズ Rejuva You Medical Spa Dr.John Shieh, MD  雑誌インタビュー

4月 ビバリーヒルズ rebeccafitzgerald MD dermatology 雑誌インタビュー

4月 ビバリーヒルズ Leif Rogers MD., FACS 雑誌インタビュー

5月 セルビア ベオグラード Dr.Bojana Igori クリニック 訪問

6月 ジャカルタ CRYSTAL AESTETHIC CLINIC オープニング式典参加、

6月 ジャカルタ CRYSTAL AESTETHIC CLINIC レーザー監修、Dr.指導、カウンセリング
6月 ジャカルタ Berita Satu News Channel出演、雑誌インタビュー

7月 ハワイ Dr.Ferguson clinic訪問 サーミRFトレーニング

8月 ジャカルタ CRYSTAL AESTETHIC CLINIC レーザー監修、Dr.指導、カウンセリング
9月 マイアミ Dr.Jason Pozner, MDクリニック 訪問、 Dr.Poznerとの対談

9月 マイアミ MIAMI DERMATOLOGY & LASER INSTITUTE 訪問 Dr.Jill S. Weibel
9月 NY PLASTIC SURGERY & DERMATOLOGY 訪問 Dr.Jody A. Levine MD
10月 トリエステ イタリア Dr.Leonard Mariniクリニック 訪問

10月 スロヴェニア TRADICIONALANA KITAJSKA MEDICINA Dr.Sebina Sencer

思えば診療以外にいろいろと仕事をしてきましたね。

***************

今年のレーザートレンドとしては

〇ハイブリッド・フラクショナルレーザー機器 ヘイローの登場

〇蓄熱式脱毛機器(痛みのない脱毛機器) ソプラノアイスのデビュー

〇医療痩身機器の増加

〇女性器用レーザー施術の興隆

〇ピコ秒レーザーの発達

などが挙げられると思います。

さらに、実際に効果のある家庭用医療美容器が、数年前からの海外市場の流れをくんで、国内でも販売されるようになりました。

〇ビューテリジェンスの家庭用たるみ治療機器 newaリフト

〇伊藤超短波社の家庭用EMSシステム スタイリフト

〇フィリップス社の家庭用脱毛機器 ルメア

などの動向は、僕も注目しています。

これらの機器は、クリニックで利用できるほどのパワーを持っているわけではありませんが、家庭で肌をメンテナンスするための機器としては良いものだと思います。

レーザー治療機器メーカーも各社合併が続いていますが、本年の主要なメーカーのリンク先を提示しておきますね。

• Alma Lasers, www.almalasers.com

• Candela, www.candelalaser.com

• CoolTouch, Inc., www.cooltouch.com

• Cutera, www.cutera.com

• Cynosure, Inc., www.cynosure.com

• DermaMed USA, Inc., www.dermamedusa.com

• DOT Therapy/ Eclipse Medical, Ltd., www.eclipsemed.com

• Eleme Medical Inc., www.elememedical.com

• Hoya ConBio, www.conbio.com

• Lumenis Inc., www.lumenis.com

• Onyx Medical Inc., www.onyxmedical.com

• Palomar Medical, www.palomarmedical.com

• PhotoMedex, Inc., www.photomedex.com

• Radiancy, www.radiancy.com

• Revitalight. www.revitalight.com

• Sciton, Inc., www.sciton.com

• Solta Medical, Inc., www.solta.com

• Sybaritic, Inc., www.sybaritic.com

• Syneron, www.syneron.com

• Viora, www.vioramed.com

来年の動向の情報も少しずつ入ってきていますので、まとめてお知らせできるようにしますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -