TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

コンプレッション フラクショナルレーザー機器の登場

この夏にクリニックFで購入したレーザー機器に、パロマ社のスターラックスがあります。

この機器を購入した理由の一つが、本年話題の「コンプレッション フラクショナルレーザー機器」を使用してみたかったというのがあります。

昨日のブログでも述べましたが、フラクショナルレーザー機器の最も大きな違いは、波長にあります。

波長の次に効果の違いに関わってくるファクターは、照射方法です。

フラクセルの様にスキャナを使用する機器。

サイノシュア社アファームMPXやパロマ社のLux1540のように、スタンピングを使用する機器。

Lux1540_2

フラクショナルレーザー機器が登場した2004年より、この二つが主流でしたが、昨年ぐらいから、もう一つの新しい照射方法が加わりました。

それが、コンプレッション スタンピングを使用するLux1540XD(eXtra Deep)です。

子の下の写真で、右手のガラスのプリズムが見えるヘッドがXDですが、手前の15mm径 奥の10mm径の他のLux1540のヘッドと違うことがわかりますか?

002

コンプレッションとは文字通り、組織を圧縮すること。

Compression

プリズムを押し当てると皮膚は物理的に引き延ばされ、その引き延ばされた状態で、レーザーを照射するのです。

皮膚を吸引したり圧排したりしながらレーザーを照射することは、非常にメリットがあるといわれており、この仕組みを使用した機器はソルタメディカル社のニキビ治療器であるアイソレイズをはじめ、これまでも多機種の発表がありましたが、フラクショナルレーザー系はこのパロマ社が初めて。

そもそもパロマ社はフラクショナルレーザー機器のパテント(特許)をもった会社ですので、こういった新しい技術に対しては技術開発が進んでいます。

皮膚を引き伸ばしてレーザーを照射するとメリットがありますが、その性質を列挙すると

1.レーザー光を吸収してしまう水分やヘモグロビン成分を圧排できる。

2.物理的に組織を厚さを薄くして、標的組織への距離を近づけることができる。

3.クーリングデバイスを当てることで、やけどをおこしやすいとされる表皮真皮接合部(D/Ejunction)と真皮乳頭層への熱刺激を減らすことができるので安全な施術が可能。

4.圧縮することで皮下の深い部分のコラーゲン構造を平坦化し、熱効率を上げる。

ということになります。

最近の研究では、コンプレッション スタンピングを利用することで

1.表皮真皮接合部のやけどを15-30%減少させ。

2.レーザー深達度を20-50%も深める。

ことがわかっています。

以前に僕は、ニキビ跡分類によって使用フラクショナル機器を選ぶというブログをかいた記憶があるのですが、このコンプレッション フラクショナルレーザーLux1540XDは、深いボックスカー型とアイスピック型のニキビ跡に対して効果を発揮すると考えています。

また、米国ではコンプレッション フラクショナルレーザーLux1540XDは、前額部(おでこ)のシワに対して、ボトックスに変わる治療になり得るという報告もなされていますので、アジア人に対しても臨床実験を重ねてゆきたいと思っています。

レーザー機器は常に進歩を続けてゆきますね。



新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -