TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

戦闘機の塗装を剥がすために造られたIPL

こちらは日本のYear of 2015を代表するフォトフェイシャル=IPL機器 ルミナス社のM22です。

シミ取りやシワ取りなどを含めた総合アンチエイジング光治療機器。

なんと昨年だけでも100台以上のM22が国内で新たに販売されたのだそうです。

m22

IPLは、もともと戦闘機の塗装を剥がすために造られたのをご存知でしたか?

戦争の作戦変更の度に戦闘機の塗装を緑や黄土色に塗り替えていたらしいのですが、問題は、塗装をただ上塗りすると機体が重くなってしまうことです。

こちらを最速で剥がす方法として、フォトフェイシャルの原型が使われていたのです。

M22は数多くのフィルターで施術をしてゆきますが、もともと用いられているキセノンランプの発光のうち、エネルギーの強い波長の短い側をカットするフィルターを使って、光を使い分けます。

写真を付けましたが、もともとの発光に対して、m22-1

515nmのものとm22-3

590nmのものm22-2

を比較すると短い波長の光量がフィルターによって落とされているのが分かりますよね?

反対に近赤外線側の光はどれも同じです。

手に入れることができるフィルターも515 560 590 615 640 695 755と数があります。

リピートしていらっしゃる方が日焼けをして来院した場合は、30nm波長の長いフィルターを使うなど、使えば使うほど施術者は機種の切れ味を楽しめますし、治療経験が大切な機器であるとも言えますね。

2016年の注目機種も、海外の先生やレーザー企業の担当者とのメールなどで、いくつかリストアップされてきました。

僕も、来週木曜日よりパリのアンチエイジング医学会IMCASに参加してきます。

3月のモナコアンチエイジング学会、米国皮膚科学会(AAD) 、4月の米国レーザー医学会(ASLMS)・・・と欧米の医学会が続きますが、さらに細かい技術や理論、裏情報も含めて聞き出してきますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -