TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

DEKA社スキンセラピーワークショップ、最新RF事情、Pennesの生体伝熱方程式

おはようございます。

都心部は朝から晴れていますが、その分花粉がだいぶ飛んでいるようで、出勤の途中でマスクの人を多く見かけました。

今日2月27日(月)もクリニックFの診療日。四谷に一日いる予定です。

東京マラソンが開催された昨日の日曜日は、東京・御殿山にあるホテルラフォーレで開催されたイタリアのレーザーメーカーであるDEKA社主催のワークショップに講師として呼んでいただきました。

Img_4728

今回のセミナーで話をさせていただいた点は二つあります。

一つは、RFとCO2フラクショナルレーザー機器を組み合わせたスマートサイドスクエア治療。

RFについては、最近学んでいる工学部の知識を生かして、Pennesの生体伝熱方程式の変形を用いて説明させていただきました。

Penne

もともとPennesの生体伝熱方程式は、血流がある場合の皮膚温の温度伝搬を調べる数式なのですが、RFによって加えられるエネルギーを計算すると、皮膚温の上昇度合いがわかりますし、皮下血流量が多ければ多いほど、伝達率が上がることがわかります。

RF機器は計算式さえわかっていれば、スクエアのRF機能単体で、サーマクールやタイタンに近いリフティングやタイトニング施術に利用することもできますので、応用範囲も広がりそうですね。

そして、DEKA社のトピックスと言えば、やはり、眼瞼拳上のレーザーである「マドンナリフト・アイ」です。

クリニックFでも多くの施術をしているうちに、痛みがより少なく、より効果が出る方法がさらにわかってきました。

球体である眼瞼上部に照射する場合、患者さんの安心感を増すために、目のすぐ上ではなく、眉毛の下ぐらいから照射面積を広くして照射を始めます。

その後、徐々に照射面積を小さく細くして、瞼の下の方に移動してゆくと、痛みが少なく綺麗に照射してゆくことができます。

その上に、二重のラインを重ね打ちすることで、より自然できれいな二重瞼を作ることができますので、そうした説明もさせていただきました。

ちょうどワークショップにいらしていたクロスクリニックの石川浩一先生から、「マドンナリフト」という呼び方について、こんな御意見を頂きました。

「(「マドンナリフト」の名前の由来となったアーティストの)マドンナは、瞼だけでなく顔全体のリフトアップをこの機器でしていたので、顔全体の施術については“マドンナリフト”に、瞼を入れた目の周りの施術については“マドンナリフト・アイ”に、名前を区別/統一する方が混乱しないのでは?」

と御指摘を受けたのですが、まったく同感、その通りですよね。

クリニックFでも、今後は目の周りの施術を「マドンナリフト・アイ」と名称統一させていただこうと思います。

Photo

ワークショップ後は、講師の実川皮フ科クリニックの実川久美子先生とロビーで施術についてディスカッションさせていただきましたが、とても勉強になりました。

医者をしていると、学生時代の仲間以外になかなか他院の先生方と交流をすることが難しい。これは単純に日々の診療や研究に忙殺されて時間や機会がないことが理由ですが、こうしたワークショップやセミナー、学会というのは様々な先輩方にもお会いできるとても良い機会になります。

客観的な指摘や様々な考え方に触れることは、やっぱり財産になりますからね。

僕も良い刺激をたくさん頂きました。

今週もまた1週間頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


IMCAS ASIA 2011②パロマー社 アジアパシフィック ミーティング

朝の8時半からパロマー社アジアミーティングが始まります。

028

これはIMCAS ASIAの「サテライトミーティング」として開催された会でした。

011

羽田から深夜便に乗り、早朝にシンガポールについたので、まだ眠いまま会場へ。

コーヒーを飲んで講演に備えます。

010

ホテルの一室が会場になったのですが、もう何人ものドクターが顔を見せています。

012

ボルチモアのロバートワイス医師が座長となって、まず新しいレーザーテクノロジーについての講演があったのちに、この会が始まりました。

024

アジア各国から数名のドクターが発表するスタイル。

トップバッターはフィリピンの医師ドクター Dr.Sandy Tanでした。

021_2

フィリピンでパロマ―社スターラックスを3年間使用した使用経験。

022

話題として興味深かったのは、フィリピンは多国籍人種の国で、上記の写真の様にさまざまな人種が混在しているところに治療をしなければならないこと。

特に色素性の疾患の場合、人種差によってパラメーターがばらつきやすいので治療に注意が必要なのだと思います。

030

東京女子医大の河野太郎先生も、以前にこのブログでもご紹介したコンプレッションフラクショナルレーザーXD であるパロマ―社スターラックス1540XDの臨床実験データを発表されていました。

031

1540nmのコンプレッションフラクショナルレーザー機器のメリットは、表皮のダメージと痛みのリスクを低下させ、高いエネルギー下での照射を可能にするであろうこと。

使用するメリットはありますよね。

続いて発表したインドから参加のドクター Dr.Kalpana Sarangi この人はも約2年半の1540フラクショナルレーザーの使用経験を述べていました。

032

アクネスカーを中心に話していましたが、それぞれ国民性があってよかったですよ。

さて、お待ちかねの昼食です。

029

038

039

037

040

041

昼食はビュッフェ形式。シンガポール料理が並びます。

とはいえ、集まった医師たちは僕も含めて昼食中もレーザーの話ばかり(笑)。

042

好きこそものの上手なれ。

What one likes, one will do best.

ということなんですよね。

058

ともあれ、レーザー界の重鎮の一人、ロバートワイス医師とも久しぶりに再会できましたし、良い会でした。

071

夜はグッドウッドパークホテルの日本料理店「しま」で会食でした。

079

120

072

シンガポールは熱帯の赤道の真下にあります。

この日は満月で、綺麗したよ。

076

明日は今回の渡航の目的であるIMCAS ASIAに参加です。


コンプレッション フラクショナルレーザー機器の登場

この夏にクリニックFで購入したレーザー機器に、パロマ社のスターラックスがあります。

この機器を購入した理由の一つが、本年話題の「コンプレッション フラクショナルレーザー機器」を使用してみたかったというのがあります。

昨日のブログでも述べましたが、フラクショナルレーザー機器の最も大きな違いは、波長にあります。

波長の次に効果の違いに関わってくるファクターは、照射方法です。

フラクセルの様にスキャナを使用する機器。

サイノシュア社アファームMPXやパロマ社のLux1540のように、スタンピングを使用する機器。

Lux1540_2

フラクショナルレーザー機器が登場した2004年より、この二つが主流でしたが、昨年ぐらいから、もう一つの新しい照射方法が加わりました。

それが、コンプレッション スタンピングを使用するLux1540XD(eXtra Deep)です。

子の下の写真で、右手のガラスのプリズムが見えるヘッドがXDですが、手前の15mm径 奥の10mm径の他のLux1540のヘッドと違うことがわかりますか?

002

コンプレッションとは文字通り、組織を圧縮すること。

Compression

プリズムを押し当てると皮膚は物理的に引き延ばされ、その引き延ばされた状態で、レーザーを照射するのです。

皮膚を吸引したり圧排したりしながらレーザーを照射することは、非常にメリットがあるといわれており、この仕組みを使用した機器はソルタメディカル社のニキビ治療器であるアイソレイズをはじめ、これまでも多機種の発表がありましたが、フラクショナルレーザー系はこのパロマ社が初めて。

そもそもパロマ社はフラクショナルレーザー機器のパテント(特許)をもった会社ですので、こういった新しい技術に対しては技術開発が進んでいます。

皮膚を引き伸ばしてレーザーを照射するとメリットがありますが、その性質を列挙すると

1.レーザー光を吸収してしまう水分やヘモグロビン成分を圧排できる。

2.物理的に組織を厚さを薄くして、標的組織への距離を近づけることができる。

3.クーリングデバイスを当てることで、やけどをおこしやすいとされる表皮真皮接合部(D/Ejunction)と真皮乳頭層への熱刺激を減らすことができるので安全な施術が可能。

4.圧縮することで皮下の深い部分のコラーゲン構造を平坦化し、熱効率を上げる。

ということになります。

最近の研究では、コンプレッション スタンピングを利用することで

1.表皮真皮接合部のやけどを15-30%減少させ。

2.レーザー深達度を20-50%も深める。

ことがわかっています。

以前に僕は、ニキビ跡分類によって使用フラクショナル機器を選ぶというブログをかいた記憶があるのですが、このコンプレッション フラクショナルレーザーLux1540XDは、深いボックスカー型とアイスピック型のニキビ跡に対して効果を発揮すると考えています。

また、米国ではコンプレッション フラクショナルレーザーLux1540XDは、前額部(おでこ)のシワに対して、ボトックスに変わる治療になり得るという報告もなされていますので、アジア人に対しても臨床実験を重ねてゆきたいと思っています。

レーザー機器は常に進歩を続けてゆきますね。



米国ソルタメディカル社によるインタビュー

今日は昨日とは打って変わって良いお天気でしたね。こんな日はクリニックF近くにあるホテルニューオータニの日本庭園や、清水谷公園にでもふらっと出かけたいところですが・・・診療の予約も詰まっていて、なかなか叶わないのが現状です(苦笑)。

せいぜい院長室の窓から見える空を見てなごむことにしています。

さて、昨日ばたばただった理由のひとつが、米・ソルタメディカル社による電話でのインタビューがあったためでした。

ソルタメディカル社はフラクセル3DUALとサーマクールCPTを製造販売している会社です。

 

Sm_logo_2

日本のレーザー・マーケットやクリニックビジネスについて僕の話を聞きたい、ということで、担当者がiPhoneで東京・四谷の診察室とカリフォルニアを繋ぎ、急遽いくつかの質問に答える事になったのです。

ソルタ社の意向としては、新しいレーザーの開発に実際入る上で、どんな需要を意識すれば良いのか知りたい、とのこと。また、日本におけるレーザークリニックが直面している課題や、生き残るクリニックとそうでないクリニックの違いは何か、コアとなるマーケットの指向・・・など、現場の意見を聞きたかったようです。

細かい項目も多く1時間以上に渡るインタビューとなり、途中診療で中座しなければならないところは、クリニックFのマネージャーに登板してもらって、なんとか無事終える事ができました。

おもしろかったのが、そのマネージャーと米国側とのやりとりです。

ここでは書けない話や企業秘密もありますが(笑)、ひとつ問題ない範疇で紹介しますと、こんなやりとりがありました。

「なぜ、クライアントは数あるレーザークリニックの中から、ドクターフジモトのクリニックを選んでくると思うか?」

という質問に対し、彼女はこんな話をしていました。

「選んでくれる理由はいくつかあると思うが、その中のひとつユニークな点、特徴的なことを挙げると、クリニックFに来るクライアントは、Dr.フジモトのことを、ドクターとして信頼できると感じているだけではなく、“エンジニア”としても信頼できる、と感じていることがあると思う。

クリニックFを選ぶ患者さんは、アンチエイジングを、他の手段ではなく、レーザーのような“機器”による施術で行いたい、と考える患者さんである。

そのため、彼らにとって重要なのは、どの機器が自分の悩みを解決してくれるのか、そしてその機器の性能を十二分に引き出せるのはどの技術者なのか、ということになり、いくつものクリニックを比較検討した結果、クリニックFに惹かれた、という人が非常に多い。

たとえば、

車を買う事は決めている、買うならトヨタがいいと思っている、でも数あるトヨタ車の中でどの車種を買うべきか悩んでいる

・・・というような患者さんに対し、

あるいは

カメラを欲しいと思っている、けれど数あるカメラの機種の中でどれを選択すべきかわからない

・・・という患者さんに対し、

ドクターフジモトは、トヨタの、またはキャノンの“トップエンジニア”として、各機種の性能を説明しながら、その患者さんのニーズに合った車種/機種がなんであるのかを明確に解析し、最も適した機種を選び出してくれる印象をクライアントに与えるようなのだ。

カウンセリング中のプレゼンテーションもすばらしい。

そして実際にその機種を使って、何をどこまでできるか、最高の技術そしてパフォーマンスを患者さんの皮膚上で披露してくれる。

ブログや学会、書籍、実際の診療などで、患者さんはそう感じ、ドクターフジモトを医師というよりはエンジニアとして信頼するのだと思う。

クリニックFに初めて来る患者さんは、ここに来るのが初めてであるにも関わらずすでに非常にリラックスしている。医師と患者との間の信頼関係がすでにWEBやBLOGを通じて診察前に70%出来上がっていて、診察と施術の間に残り30%が出来上がってしまう。

ドクターフジモトと患者さんとの間には、PCやレーザーなど必ず何かのデバイスがあり、デバイスを介してのコミュニケーションが良い形で完成している。

10年前だったら、このスタイルはありえない。

このクリニックで働くスタッフには他院での勤務経験もあるが、皆の共通意見としてクリニックFと同じクリニックは探してもなかなか見つからないと思っている。

そのため、コンペティターもライバルも、クリニックFには存在しない。」

スタッフが自分のことをどう見ているのか、というのは普段一緒に仕事をしているとあまり考える機会がないのですが、こうして聞いてみると自分の特徴を良くも悪くも客観的に知ることが出来て、興味深いですね。


CYNOSURE アジアパシフィックディストリビューターミーティング

001
今朝、クリニックF診療前の朝10時から、文京区にあるCYNOSUREジャパンでひとつ講演をしてきました。

フィリピン、オーストラリアなどで新たにサイノシュア製品を扱うディストリビューターの方々に、Cynosureレーザーの使用経験と、機器の説明を依頼されたのです。

昨晩はCYNOSUREのレーザーについてどう説明しようかといろいろと考えプレゼン資料を準備し、その中で使う写真を撮ったりしていました。

毎回お声を掛けて頂く講演では

「どんな話をすれば来た人や呼んでくださった方々に楽しんでもらえるだろうか」

と、悩みながら資料作成を行うので、結構時間がかかってしまうのです。

特に

「耳だけではなく、目も楽しませる講演を」

と思うと、画像の作りこみについついのめり込んでしまうんですよね。

昨日も

Photo
こんなカメラの比較の写真を用意したり

Horserace
インターネットでこんな馬の写真を検索したり

夜中までの作業だったので、見返してみるとスペル・ミスがあったり完璧では必ずしもなかったものの、喜んでいただけたようでほっとしました。

クリニックFには、サイノシュアのレーザーのうち、

① ロングパルスのアレキサンドライト+Nd:YAG複合機で、現行機種で最も効果のある脱毛レーザー機器である 「Elite」

② Qスイッチアレキサンドライトレーザーで、肝斑治療に使用する 「Accolade」

そして、

③肌を入れ替え、ニキビ跡や妊娠線に効果がある 「AffirmMPX」

の三機種を入れています。

気合いを入れて、ここ一番の結果を出そうとする時に彼らは力を発揮するのです。


2008年10月15日(水)

カンテル社CEOと


2008年10月13日(月)

LUTRONIC社メンバーと

2008年10月13日(月)

米国キュテラ社副社長 ボブ・シャイン


2008年10月13日(月)

シネロン社CEO Doron Gerstel、フォトフェイシャルの開発者 シモン・エックハウス博士、そしてセールスディレクターのJacob Sharir

2008年10月01日(水)

サイノシュア本社スタッフと


米国CYNOSURE社の社員の方々とのお昼

026 初めてボストンのサイノシュア本社に行った僕を、社員の方々が食事に招いてくれました。

バンブーという日本料理+中華料理を合わせたようなお店。

車で移動しました。

027 僕が選んだのは、日本料理のビュッフェスタイルだったのですが、味も良かったですね。

レーザーの話をして、皆で楽しく会食しましたが、ここで話題になったのは、やはりリーマン・ブラザーズ破綻のことと、アメリカの大統領選のことでしたね。

民主党のオバマと共和党のマケインのどちらが勝てば、経済が良くなるのだろう??なんて議論しました。やっぱり気になっているのですね。

一般的に共和党と民主党は、特に三つの社会的価値観ー「銃規制」「生命倫理」「同性愛者の結婚」(民主党は賛成、共和党は反対)ーを巡って対立しているといわれています。大統領選の時にはこうした社会的価値観も争点になるのです。

さらに民主党はいわゆる中央権力が大きく、徴税も多い「大きな政府」、共和党は民間に移管して「小さな政府」を目指しています。

民主党は、自分達が「民主主義の実験国家」をであるアメリカの本流であると自負があり、大義を認めない戦争には反戦を行い、大義を認めた戦争には積極的に支援するという、「強いアメリカ」を信念を持って自己肯定するような気風を感じます。経済政策もケインズ的な政策ですね。

反対に小さな政府を目指す民主党は、民間に任せる部分は民間に任せ、その分だけ税負担を軽減するという「規制緩和」と「自由競争」を尊重するわけです。世の中を支配する絶対的な信念など無いといった「懐疑」から生まれた政策ですね。

先日読んだ本で、「民主党のアメリカと共和党のアメリカ」という本がありました。ニュージャージー在住の著者が、両党の違いを非常に解りやすく解説していましたので、ご興味ある方はお勧めです。

028 最後に記念写真を撮りましたが、本当に緑の多い、きれいな場所でした。

とても良くしてくださった、サイノシュア社員の方がたへ、ここでもお礼を述べさせていただきます。

ありがとうございました。


レーザー・ミュージアム

010_2 僕はこのサイノシュア社の本社に初めて訪れたので、技術のトップが社内ツアーをしてくれるとになりました。

011

社内には今までサイノシュア社が生み出したヴィンテージ物のレーザーがずらり。

014懐かしい機械も多く、レーザーマニアの僕としてはまさに垂涎の場所でしたよ(笑)。

012 細かく分かれた部屋には、開発中のレーザー機器が並んでいます。

017 こちらはクリニックFにもあるアファームの先端の消耗品チップを作っているセクションです。

015一つ一つが手作りで、慎重に作業が進められていきます。仕事が丁寧なのがよくわかり、とても好感を持ちました。

こういった場所でレーザーが組み立てられていくのを見ると、愛着がわきますね。

019 そして出荷前のアファームの最終検査室。

検査に合格すると、僕の左にあるような木箱に入り、世界中に出荷されるわけです。

022 そろそろツアーも終わろうとしているとき、偶然経理のトップが通りかかったので紹介されました。

僕の名刺を出すと、名前を確認して本当にびっくりしています。

「どうしたの?」と聞いたところ、

「実はちょうどさっき、日本から届いたレーザーの注文書のドクターの名前が、この名刺に書いてあったんだ…。」

本当に偶然にも、数日前に日本を出るときに、僕はサイノシュア社の「エリート」という脱毛レーザー機の注文書を日本のサイノシュア支社に出したところだったのです。

「エリート」は僕の前のクリニックでも使用していたのですが、アレキサンドライトとNd:YAGレーザーの複合機で、現状販売されている機器の中では最も脱毛効率の高いレーザーだと僕は考えています。

今まで僕は、何種類もの脱毛レーザーを使用してきました。クリニックFに関しては、「肌質を改善するレーザー専門クリニック」というコンセプトだったので、本格的な脱毛レーザー機種は入れていなかったのですが、患者さんの脱毛ニーズが高まってきて、やはり一台購入しておこうと思っていたところ、選択肢に上がったのがこの脱毛機「エリート」だったのです。

このレーザーのメリットは、通常はできないといわれている肌の黒い、日に焼けた肌に対しても脱毛効果があること。

近年米軍では戦地に向かう兵士にひげのレーザー永久脱毛をするのですが、この波長の機械が出るようになって、黒人の兵士のひげの脱毛ができるようになったのですよ。

画期的なことですね。

ともあれ、クリニックFにも、レーザー脱毛機器が入ることになりました。

今まで脱毛を経験した方で、効果をあまり感じなかった方は、ぜひ「エリート」をお試しください。


2008年09月29日(月)

ボストン Cynosure本社 CEO Mr.マイケル・ダービン

ボストン CYNOSURE本社訪問

111翌日早朝6時にJFK空港へ向かいました。この日はボストンにあるサイノシュア本社を訪問する予定が入っていたのです。

2005年の米国レーザー医学会(ASLMS)の時には、NYペンステーションからボストンまで、アムトラックを利用しましたが、約4時間もかかりました。さすがに今回は飛行機で移動することに。

写真ではわかりづらいのですが、この飛行機、とても小さいのです。ちょっと不安になるぐらいの小ささ。欧米では国内の移動はだいたいこんなサイズですが(笑)。飛行機が好きなので、ついまた写真を撮ってしまいました。

NY-ボストンは、1時間程度の旅になります。

119 脱毛の「エリート」、フラクショナルレーザーの「アファーム」、Qスイッチアレキサンドライトレーザーの「アコレード」などの最先端のレーザーを開発/生産するサイノシュア本社は、マサチューセッツ州ボストン空港から高速道路で北西に約2時間走ったところにあります。

このあたり一帯は“テクノロジーベルト”と呼ばれているそうで、先端技術を持つ会社が多く集まっているそうです。

1256時にNYを出て、約5時間。午前11時頃、ようやくサイノシュア本社に到着しました。

約三年前に建てられたこの本社は、マサチューセッツの森の中にある、とても素敵な建物でした。

007 本社の門をくぐると受付が…。ふと横にある掲示板を見てみると、

126 

僕の名前です。粋なことしますね。見つけて嬉しくなりました。

偶然にもサイノシュアの創業者の一人である日系人のフルモト博士は、僕の名前と一文字違い。

そんなこともあって、僕の苗字は日本人の名前の中でも、米国サイノシュア社の人に覚えてもらいやすい名前のようです。

024到着早々、 サイノシュアのCEOであるマイケル・ダービンの部屋に通され、朝食を兼ねた打ち合わせをしました。

彼とは2007年の7月にタイで行われたディストリビューターミーティングで僕が招待講演をした時以来の再会でした。

マイケルはもともとカルフォルニア州のレーザー会社であるCUTERA社にいましたが、その営業手腕を買われてサイノシュアのCEOに就任し、ついに今期、数あるアメリカのレーザー会社の中で売上トップに躍り出ました。いわゆるレーザー会社きっての「やり手」ですね。

彼はとてもゴルフが好きだそうでゴルフの話題でも盛り上がりました。この近辺はゴルフ場がとても多くて、素晴らしい環境らしいです(笑)。

でも話の主題は今年から日本でも本格始動する脂肪溶解レーザーであるスマートリポMPXについてでした。

このサイノシュア社とは昨年も何度か共同研究の機会を与えて頂き、今年の米国レーザー医学会(ASLMS)でも発表をしてきたので、その話題についてもディスカッションをしました。

さらに、2009年の米国レーザー医学会で、僕がどんな発表をする予定であるかも話をしてきました。内容は・・・まだ秘密です(笑)。マイケルは僕のPCに保存してあるいくつかの症例写真を見て、感嘆の声を上げていましたよ。

2009年の米国レーザー医学会で発表される、これらの施術はすでにクリニックFで施術が出来るものばかりです。ご興味のある方はクリニックでご質問くださいね。


2008年09月14日(日)

Syneron社スタッフと

2008年08月30日(土)

シネロン社のセールスディレクターのJacob Sharir


2008年08月20日(水)

米国キュテラの技術トップ スコット・ダベンポート

2008年07月29日(火)

ジュネーブで開業するマウリス・アダット医師


2008年07月28日(月)

米国Cutera社メンバーと

レーザー会社の合併

会場でブースを見回しても、肌を入れ替える施術が可能な「フラクセル」を販売するリライアント社が今回は見えません。

あれ? おかしいな・・・。

すると知り合いが教えてくれました。

なんとたるみを引き上げる「サーマクール」を販売している「サーメージ社」が、つい数日前に、「リライアント社」をM&A(買収)したのだと言うのです。

アメリカンビジネスですね。

Photo_2
肌の表層の感触的老化に効果がある「フラクセル」と真皮層から皮下脂肪層にかけての形態的な老化に効果がある「サーマクール」は、治療効果は競合しませんし、販売経路も同じようなクリニックでしょう。二社が合併することでマーケティングやPR費用も格段に安くできます。

確かに二つの会社は、同じカルフォルニア・シリコンバレーでほぼ同時期に出来たベンチャー会社です。

実際に僕も二社とも訪れたことがあるのですが、社風も似ています。

フラクセルの特殊な技術をサーメージ社が吸収すれば、まさに鬼に金棒といえます。

経営学では、M&A後100日が、会社の予後を決めるといいます。

今後の美容レーザー市場の展開が、またまた目が離せなくなりましたよ。

より詳しいことがわかりましたら、またこのブログでもご紹介しますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -