TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2017年夏の医療痩身

今日もクリニックFの外来をバリバリやっています。

夏になって日焼けとともに、もう一つよく相談されるのが痩身についてです。

医療痩身は、一般的な痩身とは違い、単に体重を減らすのではなく、痩せたい部位だけを痩せられるのがメリット。

ボディビルダーの様にストイックに痩身している方々が、どうしても体に残る脂肪ってありますよね。

医療機器を使うと、その特定の脂肪が取れる。
それが、

リアル ボディ スカルプティング (実際の体への彫刻)
と言われる所以です。
痩身機器は今から約10年前から開発されてきました。

僕も2008年のオーランドの米国レーザー医学会の頃から、企業の秘密のカクテルパーティに呼ばれたりして、こうした機器についての作用機序の効果などを相談されていました。

今にしてみれば世界の第三の指に入る美容医療機器企業になったゼリティック社も、こうしたコアドクターの話を聞くことで最初はスタートしたんですよね。
http://clinic-f.com/blog/international/post_575/
痩身機器の作用機序に分けて大きく分類すると
A)脂肪を(3Dで) 減らすもの
B)緩んだ皮膚を(2Dで)縮めるもの
のふたつに分類されると思います。
要は、水風船を想像してもらい、
A)水を減らすもの (ボリュームダウン)
B)風船を縮めるもの (皮膚の伸びへの対処)
を別個に対処しなければならないのです。
脂肪吸引などをして、せっかく脂肪が減っても、その後皮膚が伸びたままになってしまい、皮膚を縮めるような再手術をしていた時期もありました。

 

body3
機器的には、凍らせるもの、温めるもの、運動してエネルギーを使うもの、に分かれます。
◉凍らせるものは
○クールスカルブティング いわゆるゼルティック 効果はAのみ
脂肪細胞を氷結させることで、アポトーシスに導くもの。
こちらは脂肪を減らす能力は高いですが、肌を縮める能力は低いですので、そうした機器の併用が大切ですね。中国製や韓国製のコピー商品がエステ業界に入っていますが、事故が多いので注意が必要だと思います。
◉温めるものは
1)RF(ラジオ波)による加温 効果はA+B
①RF単体
◎サーマクールボディ
◎インディバ
〇ヴァンキッシュME
◎トゥルスカ
RF加熱の継続時間や深達度、さらには熱だまりの大きさやエンドポイントは、機器によって違います。
②RF+パルス磁場による加温
◎ヴィーナスレガシー

パルス磁場を組み合わせることで、脂肪細胞の加温速度と血管新生が増し、より脂肪代謝率を上げる。
③RFによる加温+エレクトロポレーションによる脂肪細胞破壊
◎インモード BODY FX
RFによる加温中に、高電圧のエレクトロポレーションを用いて、脂肪細胞膜を破壊し、より脂肪代謝率を上げる。
2)超音波による加温 効果はBの作用が主ではあるがAの効果も
①超音波のキャビテーションを用いて、加温する
○ヴェラシェイプ
○ウルトラアクセント
○エクシリス
②HIFU (焦点集中型超音波)による加温
○リポソニックス
○ウルトラシェイプ
3)近赤外線レーザーによる加温
○スムースシェイプ
スカルプシュア
◉運動してエネルギーを使うものは
筋肉運動(EMS)による運動 効果はA
◎indepth
◎AC BODY
5)バイブレーションによる痩身機器
こちらは経験がありませんが、可能性はありますね。
ちなみに○は使用経験のあるもの。

◎は、現在クリニックFで採用しているものです。
今は痛みの少ないトゥルスカ、ヴィーナスレガシーや、ちょっと痛いけれど、効果の高いBODY FXなどが人気ですね。
まだまだ暑い日が続きますが、クリニックFでご相談くださいね。

 


サンディエゴで開催される米国レーザー医学会(ASLMS)の演題

来月頭に米国はサンディエゴで開催される米国レーザー医学会(ASLMS)の演題ができました。

一つはキュテラ社トゥルスカ施術の顔面への応用で臨床ポスター発表。

学会_1

学会_2

学会_3

学会_4

もう一つは温度応答性のリポゾームを利用したレーザードラッグデリバリーの基礎実験の口頭発表。

こちらのPtは、5回の施術を行ったのち、顔面認証システムが反応しなくなり、写真を取り直したのだそうです。

首から頬にかけてのラインが明らかに変わりますね。


CUTERA社 トゥルスカの講演

 

CUTERA社本社にてトゥルスカの講演でした。

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%971

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%972

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%973

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%974

 

細かくディスカッションができるように、人数を制限して小規模で行うRFの勉強会も兼ねていました。

 

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%975

 

トゥルスカは、痩身の機器としてももちろん使えますが、顔のリフティングの機器としての使用の方がはるかに使い勝手が良いと思います。

4月サンディエゴの米国レーザー医学会で演題発表しますので、また事後報告兼ねて行う予定です。

 

 


今日はもう一人海外からのお客さんが

今日はもう一人海外からのお客さんが。

長年ウルセラの開発に関わっていて、昨年キュテラに移動した薬学博士のRandy Millerです。

キュテラ社のグローバルクリニカルの副社長です。

%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%86%e3%83%a9

今年のクリニックFでも起爆剤となったたるみ治療機器のトゥルースカルプとウルセラの効果のメカニズムの違いについて1時間以上細かくディスカッションができました。

いい発想をもらいました。

次回の診療にも生かせそうです。


VOGUE JAPAN 10月号

コンデナスト・ジャパン社より本日発売の VOGUE JAPAN 10月号にて、クリニックFを御紹介いただいています。

VOGUE

是非お手にとってご一読ください。


トゥルースカルプ(truSculpt)

美容医療にかかわってから17年。

クリニックFとしてレーザー光RF専門診療を始めてからもう10年になり、購入した機器は指折り数えただけでも、60台以上(苦笑)。

しかしながら、過去、予約が満杯になり、数か月で本体を買い増さなければならなかった機器が二機種あります。

一つは、2002年にデビューしたシネロン社の「オーロラ」というバイポーラRF+光治療器。

わずか3週間目に2台めの機器を買い増ししました。

こちらは2006年にeMax SR およびeLight SRへ。さらに2013年にePlus SRと機器がモデルチェンジしました。現状でもクリニックFでは美肌維持のための主力照射機器の一つになっています。

さらにもう一つが、2015年にデビューした たるみ治療機器、CUTERA社のトゥルースカルプ(truSculpt)=通称「トゥルスカ」です。当初はボディ用の機器として使用されており、ノーチェックだったのですが、顔用のアプリケーターの施術方法をアレンジして使用するようになってから、クリニックFでの人気が爆発し、こちらも導入2か月を待たずして、2台めの機器を購入することになりました。

顔のたるみのリフトアップ施術では、サーマクール、ウルセラを超える機器は無いと思われていたのですが、痛みが無く、眠ることができるぐらい快適という意味では圧倒的な優位に立ちますね。

クリニックFのトゥルスカのページを新しくしましたので、よろしかったらご覧くださいね。

トゥルスカ

レーザー機器紹介:トゥルースカルプ(truSculpt)


CUTERA社トゥルスカのミニセミナーを開催

今月末の日曜日に大阪ヒルトンでCUTERAトゥルスカのミニセミナーを開催する事になりました。

クリニックFでは今年2016年を象徴するデバイスとなり、下半期も益々人気を博しそうです。

キュテラ

まだ数名枠があるようです。

関西方面の先生方で興味がありましたら是非。


リフティング治療機器トゥルスカの使用体験とRF総論について

昨晩はカルフォルニアのレーザー企業CUTERA社東京支店にて、10名ほどの社員の方々を対象に、リフティング治療機器トゥルスカの使用体験とRF総論について1時間ばかり講義を頼まれましたので、行ってきました。

キュテラ_1

ジェネシス、タイタン、ライムライト、パール、エンライトンを擁するキュテラ社とのお付き合いは2004年に遡りますが、ここ2年あまりでほぼ全ての営業マーケティングスタッフが入れ替わりました。以前のスタッフが2名しか残っていません。

 

 

キュテラ_3

レーザー光を扱う企業にとって、RF理論は似て非なるものですので、その知識補強の為でしたが、皆熱心で沢山のご質問をいただきました。

キュテラ_2

新生CUTERA社楽しみですね。


truSculpt「トゥルスカ(トゥルースカルプ)」本日2台目導入

今日は前田先生とのダブル外来です。

クリニックFで導入以来大人気。「痛くない、気持ち良い、眠れる」リフティング治療機器Cutera 社のtruSculpt「トゥルスカ(トゥルースカルプ)」ですが、全く予約が取れ無くなってしまったため先月追加購入し、本日2台目の機器が導入されました。

fm

二の腕と背中を2回施術したら、ここ数年着られなかったタイトなジャケットが着られるようになりましたと、今日も喜びの報告がありました。

これで患者さんをお待たせしないで済みそうです。


サーマクールCPTとトゥルースカルプ(トゥルスカ)

おかげさまで今週も忙しい一週間となりそうです。

沢山の患者さんにいらしていただけるのはありがたいことですね。

こちらは新旧たるみ治療のフラッグシップ。

バリアント社 サーマクールCPTとCUTERA社 トゥルースカルプ(トゥルスカ)です。

レーザー

今まではタルミで悩んでいらっしゃった患者さんには発売以来14年間、サーマクール理論のコピー機器はあるけれど、サーマクールを超える機器はないと説明してきましたが、トゥルスカは初めてサーマクールを越えたかもしれない機器だと思っています。

クリニックFでは、現在全く予約が取れず、大変なことになっています。


本日発売の光文社美ST シワの解説の特集記事

本日発売の光文社美ST。

クリニックFからは、前田拓摩先生がシワの解説の特集記事で。

美スト_前田先生_1

美スト_前田先生_2

美スト_前田先生_3

さらに宮下宏紀先生がサーマクールを超えたかもしれない究極の小顔医療機器のトゥルスカについて。

登場しています。

よろしかったらご覧くださいね。


12

新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -