TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

赤ら顔やニキビ跡、小じわの治療:最近活躍しているスターラックスLux1540XD

おはようございます。

 

昨日は突然の嵐にびっくりしましたが、今日は一日晴れそうですね。

 

新緑が爽やかな季節になりました。
今日はクリニックFで赤ら顔やニキビ跡、小じわの治療においてまた最近活躍しているスターラックスLux1540XDについて改めてご紹介したいと思います。

 

x1

スターラックス自体は新しい機器ではなく、2008年にアメリカのパロマ社で開発されたフラクショナルレーザーです。

 

 

本ブログでも当時から度々取り上げ、これまで多くの患者様に高い評価を頂いてきましたが、メンテナンスしながら照射方法を何度も調整し、ここへ来てまた患者さんの支持厚いデバイスとなっているのですよね。

 

 

機器としても改めて面白いな、と僕も思っています。Lux1540XDは1540nmのEr:Glassレーザーを短時間に高出力で照射し、皮膚のリサーフェシングを行います。

 

 

先端のクリスタルをピラミット型の構造とし、業界唯一の“ micro-compression”技術でより真皮の深部まで安全にレーザーを到達させることが可能です。

 

 

 

x2

 

圧迫しながら照射するため、真皮の水分量を減らしレーザーの深達度を約40%アップさせると共に、照射後の真皮と表皮の解離が最小限となり、より迅速な再生が促されます。

 

加えて、皮膚との接触面を急冷するコンタクトクーリングシステムを採用することで、皮膚表面のダメージを最小限にしています。

 

 

 

x3

最近人気がまた出てきた理由として、特に

 
① 他の治療機器では治療に難渋するニキビ跡(凹凸)

 
② ダウンタイムや疼痛を避けたい

 
③ 他のレーザーや光治療で取れない赤みや色素沈着

 

等の特徴や思いある患者様からの高評価ということが挙げられます。

 
表面麻酔やジェルの塗布は必要なく、施術中・施術後の疼痛はほとんどありません。

 
それにも関わらず、効果は真皮深層にまで達し、照射後2-3日すると肌の内側からパンッとした張りが出てきます。

 
昨日も、半年前に突然顔全体に赤みを伴う丘疹が出現した40代の患者さんに対して、3回目のLux1540XDの照射を行いました。

 
これまで、他院にて保険診療による内服や軟膏治療が奏功せず、今年の2月から当院でLux1540XDによる治療を開始しました。

 
ダウンタイムや疼痛は絶対に避けたいというご要望。

 

 

初回の照射後2-3日目から、赤ら顔やハリ・ツヤの改善を認めました。

 
また、照射後の腫脹や発赤も目立たず、施術後のダウンタイムは殆どありません。

 
本日で3回目の照射ですが、これまで何をやっても改善しなかった症状が、みるみる良くなっています。

 
赤みがほとんど消失した現在でも、肌全体のテクスチャの改善やハリの満足度が高いため、本人の希望から照射を継続しています。

 
次回は3週間程度あけて、照射予定です。

 
当院では、活動性のある炎症性皮疹から挫創瘢痕に至るまで、“ micro-compression”という技術を用いたLux1540XDによる効果的な治療を提供しています。

 
いつでもお気軽にご相談下さい。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -