TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フラクショナルレーザーを利用したドラッグデリバリーの講演

フラクショナルレーザーを利用したドラッグデリバリーの講演。

12

5

346

昨年通過した僕の2つの論文を使って説明させて頂きました。

7

この演題枠は Dr.Neil Sadick 、Dr.Klaus Hoffmann、Dr.Ofir Artzi など大物ドクターと一緒でした。


eマトリックス 小顔レーザー? ニキビ痕治療 

おはようございます。今日8月19日はクリニックFの診療日です。昨日の灼熱と違って、今日は雨ですね。さきほどは四谷界隈も白く霞むようなどしゃぶりでしたよ。

こんなお天気の中来てくださる患者さんのためにも、今日も頑張っていこうと思います。

クリニックFの休診日であった昨日は、久しぶりにゴルフに行ってきました。その後同業者と会食中に新しい機器のトレンドについての話題で盛り上がりました。

中でも今年、日本で爆発的に認知が広まるのではないかと共通意見になった機種があります。

その機種は、特にここ数ヶ月で日本国内で数多く輸入導入され、にわかに注目を浴びて来たシネロン/キャンデラ社のフラクショナルRF機器 「eマトリックス」。

E

僕はこの機種とは、2009年にクリニックFで国内最初のメーカーデモ器を購入して以来のお付き合いで、とても思い入れのある機種でもあります。

診療でも深いボックスカー型のニキビ痕の治療などを中心に、治療の一環に加えてきました。

E_3

この機種を購入して以来、すでに5回行われた機器のアップグレードの度に、機器の性能の向上を確認してきましたが、そろそろ治療機器として最終的に完成したのではないかと、僕もコメントしていたのです。

厳密に言うと、この機種は同じ電磁波でもラジオ波を利用した機器で、レーザー/光治療機器ではありません。

しかしながら、レーザー/光機器と違って表皮で散乱/吸収されにくいので、以前よりもかなり深い部位に治療効果を及ぼすことができるのです。

eマトリックスは一回照射ごとにインピーダンスを測定し、効果がなかったものはカウントされないように工夫されています。

インピーダンスとは、なかなか理解しずらい表現だと思いますが、交流電源を使用したRF施術の世界では、想定されたエネルギーが、きっちりと肌の中に伝わっているか?ということの指標だと思っていただければいいと思います。

Fractinalrf

この図を観ていただくと、中央の黄色い部分が、RFを使用したeマトリックスのフラクショナル部位もの。

左端のフラクセルの採用しているエルビウムグラスレーザー波長や、右端のエコツーやスマートサイドドット、CO2RE、エッジフラクショナルなどの採用しているCO2の波長とは、反応する部位が少し違うことがわかるはず。

この最終系の機種のデモ機が最近国内の医師達の間に出回り、「サーマクール以上の小顔効果がある」のではないかと話題になっているのです。

RFを面で通電するサーマクールに比較して、フラクショナル•ドットで通電させるeマトリックスは、ダウンタイムが数日(5日前後)あるという弱点がありますが、理論から考えると、サーマクール以上に小顔効果がある可能性は十分にあり得ますね。

今後クリニックFでもeマトリックスの使用頻度が増えてゆくと思いますよ。


シネロン社副社長James Bartholomeuszの訪問

今日はシネロン/キャンデラ社の副社長で、製品開発部門を統括する James BartholomeuszがクリニックFにやってきました。

008

去年のeMATRIX最終アップグレード時にも来てくれましたので、約10か月ぶりの再会という事になります。今回は今週ソウルで行われた世界皮膚科学会WDCの帰りなのだそうです。

シネロン社の新製品開発に関して、いろいろ情報を聞くことができました。世間話をしたのち、アブレイティブRFのePRIMEと新CO2フラクショナルレーザーのCO2REの説明をしてゆきましたよ。ePRIMEの開発には3年。CO2REに至っては6年も情熱を注いで研究してきたといっていました。

現在はeMatrixとePrimeの併用療法を進めているといっていましたので、クリニックFでも併用療法を考えてみようかと思います。


シネロン/キャンデラ社の2011年の戦略

そして、学会会場のレーザー機器メーカーの中でもひときわ大きなブースを持っていた、シネロン/キャンデラ社。

158

今年は「eMatrix(e2)」と「ePrime」という、フラクショナルRF機器が前面に出ていました。

160

まずは2009年に世界で初登場した非浸襲型フラクショナルRF機器 eMatrixです。

この機種はクリニックFでも、フラクセル3DUALとともに国内第一号機のデモ機を導入し、2009年末より使用している実績があります。

昨年までは国内でも e2(イーツー)という名前でおなじみで、僕も気に入っていた名前なのですが、e2というと、日本ではスカパーを連想されてしまうので、本年から旧名の eMatrixを使用することになったのだそうです。

161

以前このブログで、クリニックFではニキビ跡のタイプによって、使用するフラクショナル機器を変える話をしましたが、eMatrixは、深いボックスカー型のニキビ跡をもつ患者さんにとっては、治療の選択肢から依然外せない機器です。

シネロン/キャンデラ社では、このeMatrixを、ブースの3分の1という大きな面積にして宣伝していましたので、本年はこの機種を前面に打ち出して売りにいくのでしょう。

それだけこの商品に自信があるのだと言えますね。

そして、同じフラクショナルRF機器でも、実際に針を刺して、RFを流すタイプの浸襲型フラクショナルRF機器のePrime。

162

ブースでは eMax(トリニティ)と ePrimeが並んで展示されていました。

前回のパリブログでデビューしたてのePrimeについては詳しくふれましたので、詳しくは述べませんが、この機器は、会期中の講演でも多く取り上げられていました。

185

特にこのエール大学のAmenakas医師は微小侵襲機器の演題で、ePrimeについて特に詳しくふれていましたね。

187

189

外科的なフェイスリフトとの比較演題は、とても興味深く聞かせてもらいました。

同じくフェイスリフトと比較されたサーマクールがデビューした時を思い出しますね。

そして、新規にシネロン/キャンデラのダブルブランドで発売されたCO2フラクショナルレーザー。

273

写真はシネロン社のアジアパシフィック営業トップのミゲルです。

去年彼の依頼で僕がジャカルタと台北で招待講演をさせていただいたのは、このブログでも書きましたよね。

268

この新フラクショナルCO2機器CO2REの特徴は、レーザー照射径と深度を自由に変えられ、さらに独立した4種類の照射モードで設定できる設定にあります。

269

この機能を臨床に適応させるには時間がかかると思いますが、自在に使いこなせると、より治療効果も上がるでしょう。

272

茄子を使って、実際に照射するスペースがありました。

271

いろいろな設定を試してみたのですが、設定によりさまざまな照射面が見ることができますね。

IMCASパリのブログでもDEKA社の最新フラクショナルCO2レーザー機器をご紹介しましたが、最近CO2フラクショナルレーザーは、各社進化したモデルを発売中で、買い替えの時期に来ているかもしれません。


新技術 サブレイティブRF機器 e-MATRIX

まだドイツ・チェコ出張記は続きますが、僕の近況を。

今週日曜日は、日本最大のレーザー光機器ディストリビューターである株式会社JMEC社による

トータルアンチエイジングセミナー

が開催されます。レーザー光治療器を扱う医師を対象にして毎年開催されているものです。

今年は新宿の京王プラザで行われます。毎年200~300人の医師が集まりますので、日本国内でレーザー企業が主導する学会としては最大規模のものでしょう。

この学会、今年で10年目(9回目)を迎えますが、

10年前というと、「アンチエイジング」という言葉がまだ一般用語ではなかった時ですよね。

この時期からアンチエイジングという冠を付けた会が発足していたというのは、今から考えると驚きです。

僕はこのトータルアンチエイジングセミナーの第4回目から毎年欠かさずスピーカーとしてお声を掛けて頂いてきました。本当にありがたい事です。このセミナーは、講演時間も十分与えられるため、僕としても最も力の入る講演のひとつなのです。

Img_4494今年のお題は、サブレイティブRF機器 イーマトリックス 使用経験について。

イスラエルのシネロン社が、最近開発したラジオ波(RF)による最も新しいフラクショナル機器。

これが照射面ですが、この通電部位は、抵抗が低くなるように「金」=ゴールドでできています。

Img_4497 肌をフラクショナル状にRFを通電しニキビ肌や毛穴を治療し、さらにタイトニングまで行うといった新技術。

講演でも話そうと思っているのですが、フラクショナルに照射できるレーザー機器はここ数年で30種類以上も販売されてきました。

しかし、e-matrixの技術に類する機器が、今まで一切出ていないというのがこの機器の一番の売り。

レーザー光治療ですと、肌の上部に最もパワーが伝達され、円錐状に徐々にパワーが減衰してゆくのですが、この機種はバイポーラーRFによって通電するため、むしろ肌の下部にパワーが最も伝わる部位がある事がもっとも特徴的なのです。

表皮はもっとも熱に弱い部位ですので、これはとても理にかなっています。

肌を激しく治療する「アブレイティブ」トリートメント

ではなくて、

「サブレイティブ」という新語を作り上げてPRしてゆくそうです。

実はこの機器は数年前からデビューが言われていましたし、海外でシネロン社の技術スタッフに会う度に、今度出る 「e-matrix」 はすごいぞ。と言われてきました。

シネロン社に招待されて「トリニティ」について講演した今年の7月のタイのIMCASの学会では、数日前にこの 「e-matrix」 を照射したというスタッフに会い、実際に施術後の様子を診る事もできました。

僕はこの機器を、フラクセルとサーマクールの施術を組み合わせた「サーマフラックス」の初心者版かな?

ぐらいに思っていたのですが、今回のドイツのEADVで、同じくこの機種のテスト機を使っていた米サンディエゴのゴールドマン先生は、今までの機種にない、独自の機器としてわざわざ紹介するほど絶賛していました。

製品前に今回最終バージョンが開発されたものの、実際のデモ機器はアジアでこの機器ただ一つ。

今回のセミナー発表用に、とうとう昨日クリニックFにやってきたのです。

機械好きな僕としては、最も嬉しい瞬間(笑)。

Img_4495 そんなわけでまずは腕に打ってみました。

ちょっと腫れている四角が二つあるのが分かりますか?

今日、ちょうど一日経ったところを目視で確認すると、一センチ四方に沢山一ミリぐらいの細かい点がかさぶたになっています。

数日で取れそうな感覚ですね。

一見CO2フラクショナルレーザーの直後に似ているのですが、ちょっと違いますね。

タイトニングの効果もありそうです。

さて、今年老舗である米国キャンデラ社を買収してしまったぐらい勢いのあるシネロン社が自信を持って開発した最新機種。

短い期間ですが今後、使用経験をまとめてゆきたいと思います。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -