TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ブルーライトカット眼鏡

本日外来を務めております西嶌順子です。
今日は大阪など遠方からいらして下さる患者様が多かったので、お天気でよかったです。
パソコンやスマホを使うことが多いせいか、最近はすぐ目がショボショボしてきてしまいます。

老眼が原因かもしれませんが、時期的に花粉の飛来がそろそろ始まることも関係あるかもしれませんし、またブルーライトの影響もあるかと気を取り直して考えます。
ブルーライトは目に対する影響だけでなく、シミやくすみなど肌の老化を招く作用もありますので、無防備に浴びたくない波長です。

分かっていても、スマホやパソコンを使わずに生活するのはなかなか難しいので、今頃ですがブルーライトカット眼鏡を購入しました。

jn
ブルーライトは、眼精疲労やドライアイ、肌の光老化を招くだけでなく、睡眠の質を下げることも分かっています。夜にブルーライトを浴びると、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌量が50%以上減り体内時計が狂います。

なかなか寝付けない、途中で目が覚める、ぐっすり眠れないなどの自覚がある方は、ブルーライトの影響を受けているかもしれません。
ブルーライトは、アフターケアというより、まず浴びることを防ぐことが大切です。そのため、最近ではブルーライトを防ぐアイテムが色々登場しています。

日頃からできる対策としては、下記のようなものがあります。
・ディスプレイの明るさを下げる。ディスプレイの青色光のみの輝度を下げる。
・ディスプレイに表示される文字を大きくして、ディスプレイからの距離をとる。
・ブルーライト対策用の眼鏡、フィルター、アプリを使う。
・寝る2時間くらい前からパソコン・スマートフォンの使用は控える。
・夜の情報収集タイムを朝にシフトする。
クリニックで行うスマイルアイリフトを「この施術をすると目が楽になる」とおっしゃってリクエストされる患者さんも多いですが、まだはっきりとした因果関係はわかっていません。
ショボショボしやすい方、寝つきの悪い方などは、自分に合った対策をとられることをお勧めいたします。


雪の外来、1月に人気の施術は

本日外来を務めております西嶌順子です。

jn
今日は一段と寒く、外は予報通り雪が降っています。

交通機関にも影響が出ており、数名ご予約のキャンセルも出ております。そんな中でも遥々遠方からいらして下さった方もいて、無事にお帰りになれているか少々心配です。

明日は積っているとの予報ですので、明日のご予約の方も含め、どうかご無理のないようされてください。

年末にはダウンタイムのある施術が多かったですが、年が明けてまたトリニティプラスやfotona4Dなど肌作りのベースとなる施術が多くなりました。スマイルリフトも相変わらず人気で、やはり今の時期はダウンタイムのないものが比較的人気のようです。

プラズマ機も二台いずれも良く稼働しています。ニキビや円形脱毛症、薄毛などに照射することが多いですね。

私自身は最近子どもが夜泣きをするようになり、寝不足が続き肌荒れしやすくなりました。
睡眠や食事も肌作りには大事だということを痛感します。

藤本院長が出版された、「美しくやせる食べ方 ディフェンシブ栄養学」を読み最近食生活の反省もしています。

我が家は糖化対策や抗酸化対策があまりできていなかったように思います。
抗酸化対策としては、食事以外にもサプリメントや高濃度ビタミンC点滴、水素点滴などの方法もあります。

当院では点滴をしながらレーザーを受けることも出来ますので、美肌を目指す方だけでなくストレスの多い環境にいる方などにはおすすめしています


鼻の下を若返らせる 皮膚を縮めて鼻下を短くする

クリニックFには、60代~80代の患者さんも多く、かなりの割合でいらっしゃるのが、過去にフェイスリフトや下眼瞼・上眼瞼他様々な美容整形手術を経てこちらにご来院されるケース。

中でも一つとても多いご相談は、口の周りに関するお悩みです。

口の周り・・・特に鼻の下から上唇にかけての部分がシワっぽくなってしまい、緩んで鼻の下が長くなっている気がする。

けれど、それは美容整形では治療が難しいと言われた

別の手段でどうにか出来ないか調べてみた結果当院を知るに至った

そうおっしゃってお越しくださるのですよね。

こうした方がどの施術を求められているかといえば・・・

こちらです。

 

 

いびき治療_2

http://clinic-f.com/laser/fotona4d.html

 

s

 

口腔内に照射できるスマイルリフトを搭載し、皮膚に対しても様々な波長によるアプローチが可能なフォトナ4D。

鼻の下皮膚に対してはもちろん、上唇の裏側粘膜に対しても丹念に照射することが可能で、直後からふっくらした感覚をご実感頂いています。

今年はフォトナ社の機器に対する認知度がここ日本でも上がり、お問い合わせも以前より増え、非常に安定した機器として人気を保っています。

レーザー・光治療が得意とする、皮膚を自然な形で若い頃のようにふっくら、瑞々しい感じに仕上げること。

まだ未体験の方はぜひ一度ご体験くださいね。

 

 

 


FOTONA社スマイルアイリフト×DEKA社マドンナリフトを組み合わせたら

目元周りの非観血的な施術では、クリニックFで行なっている目の下の結膜からアプローチするたるみ治療のFotona社スマイルアイリフトと、目の上から照射するCO2フラクショナルレーザーのDEKA社マドンナリフトを組み合わせて説明しました。

12

3

45

6

笑いもバッチリとりました!


目元外来のページが完成しました

クリニックFでは目元周りのお悩み、アンチエイジングにもレーザーでご対応、治療を行っています。

目の周りの皮膚は薄く、負荷がかかると非常にその名残が出やすいのはご存知の通りです。

また、やはりこの5年ほどはスマートフォンなどの酷使で瞳や目の周りに力がなく、老化が進んでしまっている方も多い。瞼の緩み、たるみ、目の周りのシワ、くすみ、くま・・・と年齢問わず様々なお悩みがありますね。

プチ整形、美容整形を考える方も依然多いエリアである一方、当院にお越しくださる方は「できればメスや注射針を使ってほしくない・・・」というご希望の元ここに辿り着かれるケースが多いのです。

eye

そういった方のために、レーザーでどういったことができるのかをできるだけわかりやすく平易な言葉を使ってまとめたページを作成してみました。

http://clinic-f.com/memoto/index.html

良かったらご参考にされてくださいね。

 

 

 


低い侵襲で高い満足を スマイルリフトのメリット

こんにちは金曜日土曜日外来担当の宮下宏紀です。

今日は藤本先生とダブル外来でした。

クリニックFも少しずつドクターが増えてきて、今は藤本・前田・西嶌・宮下と4名になりました。

 

%e5%8c%bb%e5%b8%ab2

 

各ドクターの得意分野を出来るだけ伸ばしながら、トータルでバランスのよい診療を提供していくことが現状の目標です。

もともとは僕は形成外科医として10年以上診療にあたってきており、先天性後天性問わず多くの疾患については、手術という技術を以て治療を行ってきました。

 

手術の場合、効果はもちろん劇的でよいのですが、必ずしも手術結果がよくない症例もあります。

 

手術するほどではない症例、またメスを入れることにどうしても抵抗のある方もいらっしゃいます。

 

そういった方に非手術的な方法を用いることで、低い侵襲でなおかつ高い満足を得られればこれはもう画期的と言えるでしょう。

 

その点で、レーザーを使用した治療というのは僕たち形成外科医にとって非常に興味深いものがあります。

 

m
今は平日をがん研有明病院で乳房再建をはじめとした数多くの手術を行なっており、金曜日土曜日の週末はクリニックFで非手術的な治療方法を考え、実践することに費やしています。
これは今の自分にとって非常に良いバランスとなっていますね。

 

レーザーについては僕たち形成外科医だけでなく、他科からも関心を集めているようです。

 

 

 

*****

 

特に今年メディアでも話題になったスマイルリフトについて改めてご紹介すると

 

スマイルリフトとは、スロヴェニアにあるFotona社が総力をあげて開発したSP Dynamisという機械を用いて、波長2940nmのEr:YAGレーザーをスムースモードという新方式で口や眼の粘膜に打ち込むリフティングのレーザーです。

 

1

 

スムースモードとは幾つかの特徴を有するのですが

 

1. 深さ500μmのUpperDermisLayerを61~63°Cまで加熱

 

2. 熱刺激により組織の30%程度は即時的な収縮を見せながらより深く位置している組織までリフティング

 

3. 収縮効果が長く持続されると、HSP(heat shock proteins)が現れながら 皮膚の厚さ及び弾力改善に関 係の深いコラーゲン新生を生成

 

 

2

非常に高い組織収縮力を有することが特長です。

 

このレーザーを眼や口の粘膜に直接打ち込んでほうれい線や下まぶたのクマの改善を狙うというのが通常の使用方法です。

 

患者さんにとっての利点はなんといってもすぐに効果を実感できる一方全くダウンタイムがないことに尽きるかと思います。

 

そのため、こちらに多く通ってくださっているビジネスを日々されている方や、御家族ある方、メディアに出る方などにも非常に好評です。

 

努力を人に知られたくない、という日本人のメンタリティによく合っている施術と言えるのでしょうね。


Fotonaスマイルリフト

診療の合間にはFotonaを自分で自分に照射。

fotona

パワー設定や打ち方などより良い方法を日々更新しているようです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -