TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

inmodeのパワーを検討

今日の外来を担当している西嶌順子です。

診療の合間、今日はinmodeのパワー、より効果的な照射方法を検討しています。

i

どこまで攻めていけるか、患者さんへの照射もこうして日々実験しながらアップグレードすることで、高いご要望ご期待にお応えしたいと思います。

二の腕には本当に効きますね。

すでに照射の済んだ右腕が赤くなっているのわかりますか?

http://clinic-f.com/laser/inmode.html


FRaU11月号 P45 P54 キンペン

FRaU11月号 45ページにクリニックFのレーザー治療方針について素晴らしい記事を書いていただきました。

1

54ページにはプラズマ医療の「キンペン」についての記事を書いていただきました。

ドイツの研究所に行ってきたばかりですが、キンペンの殺菌能力は素晴らしいです。

特にニキビと白癬については痛みも全くなくとても良い結果が得られています。


ニキビにプラズマ kINPen

本日外来を務めております西嶌順子です。

最近「肌が綺麗ですね」と言われる機会が何度かあり、とても嬉しいです。

実は私、思春期の頃からニキビで悩まなかった日は一日もない程、もともとニキビのできやすい肌なのです。

そのためニキビのご相談でお越しになる患者さんは、特に他人事と思えません。

ニキビひとつでどれ程憂鬱な気持ちになるか・・・よく分かります。

いまだにちょっとした睡眠不足などささいなで事ですぐにできてしまうニキビ。

それでも光治療を5回ほど照射したことでニキビが以前より出来づらくなり、またたとえ出来てもプラズマのおかげですぐ治るようになりました。

美容医療、レーザー医療に本当に救われています。

本日も朝からニキビでお悩みの方の御来院が多かったのですが、その前にまず、受付スタッフのあごに赤く炎症を起こしたニキビを見つけたので、朝一番でプラズマ照射を行いました。

今回はkINPenを使用しました。

jjj

痛みも伴っていた赤ニキビですが、昼過ぎには痛みがなくなったそうでその即効性には私も驚きました。

プラズマは皮脂分泌抑制作用、ピーリング作用、殺菌作用、抗炎症作用などニキビ治療に欠かせない要素がたくさんあります。

面皰から白ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡、どの段階であっても効果を発揮してくれるのがさらに良いところだと思います。

プラズマ照射後は、肌の親水性が格段に上がるのでビタミンCローションを使っていただくとさらに効果的です。

ビタミンCには、活性酸素を除去してくれたりアクネ菌の繁殖を抑えたり、過剰な皮脂分泌を抑える作用があります。

ニキビで悩まれている方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。


CCR EXPO 2017 主要レーザーメーカー勢ぞろい

欧州にあるほぼ全てのレーザーメーカーも出店しています

1312

8101116171920

これだけ活況ならロンドンでもNYなみのレーザークリニックを開院できそうですね。

機器をメインに備えるクリニックを作ろうと思うと、メンテナンスがどうしても必要ですからメーカー側のインフラはとても重要なのです。

なんだか未来が見えてくるような展示に、僕もあれこれヒントをもらいました。


静かなDEKA社オフィスにて

フィレンツェはDEKA社のオフィスに行ってきました。

d2d3d4d6d7d8d5

今日はファクトリーがお休み。

本社をほとんど貸切の状態で、副社長のマウロガリ博士と機器のアップグレードと共同研究テーマについて打ち合わせをしてきました。

静かなオフィスで良い話ができましたよ。

d1

特に今年は僕も慶應義塾大学薬学部で薬学博士号が取れたばかりなので、マドンナリフトやスマートサイドスクエアを使ったフラクショナルレーザーアシストのドラッグデリバリー後の、生体内のサイトカインカスケードをパヴィア大学と研究する事になりそうです。

新たなレーザーの機序が、薬学的な側面でも解明できるかもしれません。

d9

飽くなき知的好奇心の探求。楽しみです。


プラズマ:Q&A

プラズマについての話がブログでもFBでも最近多いのですが、こんなご質問を頂きましたのでこちらでご参考までに残しておこうと思います。

 

 

Q ピコ秒レーザーで言われているプラズマと、ここでよく話の出る低温大気圧プラズマは違うものですか?

 
アメリカはタトゥー文化なのでピコ秒レーザーを扱っているクリニックが多く、勉強してこようと思って教科書を読んでいるのですが、よくわからなくなって混乱していまいました

 

 

pp

 

A. 二桁ピコ秒になるとレーザー光がプラズマ化するのですが、それは大気圧低温プラズマとは別物です。

レーザー機器は実際に使いながら理論を覚えないと難しいかもしれませんね。


ドイツの低温大気圧プラズマ医療とは

プラズマという名前がついた機器は沢山ありますよね。

プラズマでイメージするものは「超高温の光る球体」と言ったものでしょうか。

実は宇宙空間の中で見ることのできるものの98%はプラズマです。

 

Plasmaで医学論文を検索すると、血清(こちらも全く同じスペルのPlasma)が出てきてしまいますので、混乱します。

僕も正直、プラズマの医療機器って

熱作用によるバーナーじゃないのか?

という意識が数年前までありました。
ところが過去10年で低温大気圧プラズマの医療機器が開発され、ここ数年は特に日本とドイツを中心に多くの臨床研究が始まっている状況です。

 

p1p2

低温大気圧プラズマには

1)電子とイオン

2)熱刺激

3)電磁波

4)可視光線

5)紫外線

などを発生する素因がありますが、

医学利用としては

6)酸化物質と化学物質

による影響が最も大きいと考えられています。

なぜなら、これが加齢とガンに関わる大きな要素である活性酸素の酸化還元反応に直結するからです。
プラズマにより空気中から作成された一酸化窒素(NO)は生体に対して多くの影響を与えますが、現在ドイツの臨床で注目されているのは、まずこれらには遺伝子に対する害がないという点と作用として大きく以下の3つ:

1)抗生物質以外の、抗菌抗ウイルス作用

2)ガンの異常細胞のみを取り除く、抗がん作用

3)傷を治る速度を加速する作用

という点にあると言えます。
今回僕たちは、この低温大気圧プラズマの生体変性作用を美容医療目的に使用できないかと考えていて、その第一弾の打ち合わせに行ってきたというわけです。

多くは帰国後に開催されるいくつかのプラズマ関連の講演でも話すつもりですが、どこまでが可能で、どこまでが不可能かということが今回のディスカッションでわかったと思います。
日本時間の明日の朝には取締役会です。

上場直前期の取締役会は欠席できませんので、僕は電話参加なのですが、ドイツ時間の朝1時半から3時までの開催。

頑張らないとなあ。笑。


Plasma Medicine in Cardiac Surgery

実際にアルゴンプラズマ医療機器が使用されている病院にも見学に行きました。

 

h9h1h2h8

h4

2名の心臓外科医に使用経験を聞きました。

体内から出ているカテーテルの殺菌に利用しているそうで、MRSAなどの感染にも非常によく効くと言っていました。

h3h5h6h7

ドイツでは、術後のプラズマ医療機器利用が当たり前になりつつありますね。

興味深かったです。


at Leibniz-Institute for Plasma Science and Technology in Greifswald,Germany

プラズマ医療の細かい機序の内容を薬学博士のThomas von Woedtke教授とディスカッションできました。

ap7ap14ap12ap8ap9ap10ap11ap13

どこまでが明らかで、どこからが予想の理論なのか、よくわかりました。

ap6

様々なプラズマの名前がついた機器はありますが、現状で大気圧低温プラズマに相当する機種は美容市場ではキンペンとネオジェンだけです。

ap1ap5

今後の展開が楽しみです。


ガリレオ・ガリレイと血が繋がるDEKA社のマウロ・ガリと再会

ジュネーブのビジネスラウンジで待っていると、Dr.Fujimoto?との声が。

振り向くと、イタリアのレーザーメーカーDEKAの副社長で工学博士のマウロ・ガリでした。

m1

マウロはあのガリレオ・ガリレイの親族なのですよ。

偶然にもフランクフルト行きの飛行機まで一緒。

久しぶりに思い出話に華を咲かせました。

フランクフルトからは僕はベルリン。

マウロはフィレンツェに向かいます。


Ellipse Frax 1550nm

気になった新機種の1つ。

e3

e2

e1
光治療機器の老舗となるエリプスがついに1550nmのフラクショナルレーザーをデビューさせました。
デンマークのエリプス社はもう20周年なのだそうです。

クーリングデバイスの無い光治療機器のIP2Lですが、一時期クリニックFにも置いてありました。

ダイレーザーと並ぶほど赤い色素に強いのが特徴。

クーリングをしてしまうと血管が収縮してしまいますので、ヘモグロビンを狙いにくくなるのですが、適切な波長スペクトラムと出力を経験的に導き出しているんですよね。

 

e4

20周年を記念したカラフルな落書きを見つけました。


低温大気プラズマkINPen:キンペンに使用するアルゴンガス

ドイツのライブニッツ・プラズマ科学技術研究所が、ドイツの技術の粋を集めて開発した低温大気プラズマkINPen:キンペンに使用するアルゴンガスです。

K

今日も朝から頑張ってくれています。
kINPenは、わずか1回照射しただけでもCO2のフラクショナルレーザーを照射した後のダウンタイム(かさぶたの期間)が劇的に(約3倍)短縮したことなどが報告されています。
医学界でこのkINPenに使用されるプラズマは、創傷治癒や癌治療、殺菌作用の分野で20年以上前から注目されています。

2000年以降は低温プラズマの開発が進み、より範囲広く応用されるようになりました。
ブログでも以前からご紹介していますが、創部が治る際に必要な因子は様々あり、その中でも創部の見た目を元通りに修復するために特に重要な因子として
①結合組織の増生
②血管新生に伴う血流改善
③表皮細胞の遊走
④感染制御
を挙げられます。
そして、これらの因子を促進させるものがこのプラズマです。
これら重要因子は、美容を目的としたレーザーによるリジュヴィネーション(若返り)で活性化させたい因子と全く一致しています。
健常な皮膚にプラズマ照射した場合でも、真皮層の結合組織(コラーゲン等)の増生、表皮の老廃物の除去、皮膚の常在菌(アクネ菌など)の殺菌等の効果が期待できるのです。
クリニックでも、ある意味「万能選手」として思いがけない場所でその真価を発揮しています。

将来的にも益々楽しみな機器・楽しみな技術です。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -