TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

サンディエゴから友人来る

11月の終わりからほぼ毎日、診療後は打ち合わせを兼ねた会食が続いています。

先日は、エステティック・バイヤーズガイドの新編集長となったマーク・テイガー医師がクリニックFを訪れてくれました。

エステティック・バイヤーズ・ガイドは、美容医療に携わる医師が、世界で最も読んでいる雑誌だと言われています。

02

彼と知り合ってからもう5年以上経つでしょうか。

気が合って、世界各国の学会で会うと、会食をしたり、雑談したりしています。

そうそう、彼のキャリアは非常に面白いのです。

彼は医師の資格を持っているのですが、患者さんを診ることを早々に辞めてしまって、ナイキ社でマーケティングの仕事に就きました。

アメリカで医師になるのは、大変です。通常の大学を卒業してから、メディカルスクールに入り直しますので、資格を取るのに時間もお金も、もちろんエネルギーも、膨大にかかるのです。

それでも、あるいは、それ故か、彼は苦労して取得した医師免許を、診療以外の分野で活用できないか考えたのでしょう。

ここ10年位、マークはフラクセルを作り上げたリライアント社や、オーロラ・トリニティなどを開発したシネロン社そして、eCO2(エコツー)を開発したルートロニック社などのマーケティングや顧問をしてレーザー会社を渡り歩いてきました。

そして今は、エステティックバイヤーズガイドのアジアパシフィック版として発行される新雑誌のために、アドバイサリーボードに就任した先生方にあいさつに行っているそうで、今回も北京に出張して来た帰りなのだとか。

日本からは、僕と東京女子医大形成外科の河野太郎先生の2人が最終的にボードに就任したのだと言われました。

名誉なことですね。

日本代表として頑張ります。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -