TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2010年上半期のレーザー関連ニュース総括1

2010年も早いもので、半分終わってしまいましたね。

2010年の上半期は、パリに始まり、マイアミ、台北、ジャカルタ、フェニックス、ロンドン、クロアチア、シンガポール、香港・・・と、計8ヵ国9都市の国際学会を巡る出張をしたことになります。そして、英語での招待講演および学会発表を12回行いました。

下半期もまた同じようなペースで出張に出ることになってしまうと思いますので、2010年の上半期に話題となったレーザー治療機器について、ここで一度まとめておきたいと思います。

まず、ひとつめのトピックとして、今年アメリカ系レーザー企業の日本における現地法人が2社設立されたことが挙げられます。

日本の法人が出来ると、情報の伝達や機器の調整など、格段に利便性が高まりますので、僕のようなレーザー治療を専門とする医師にとってはとても喜ばしいことなのです。

一つはサイトン社の日本法人の設立。以前のブログでもお知らせしましたよね。

そして、もう一つはパロマ社の日本法人の設立です。

パロマ社はStarLux(スターラックス)という、マルチアプリケーターをつけることのできる機器を販売しています。既にレーザー界では老舗の一つ。

また、脂肪を溶かすレーザーSlimLipo(スリムリポ)を開発している話は以前の僕のブログでご報告しましたよね。

レーザー治療における肌のクーリング機能で、とても意義のある特許を持っていますので、そのパテント使用料だけでも、浮沈の激しいレーザー業界で生き残ってゆける企業の一つと言われています。

パロマ社の作るIPL(光治療)にはデュアル・フィルターを使用して肌に余計な負担をかけない工夫がされており、特に血管、ヘモグロビン系の赤みに対する治療には高い評価を受けている機器を扱っています。

Accuspectrum_graph

先日も、新社長の小口社長にクリニックFを訪問していただけました。小口社長はもともとレーザー技術者なので、工学系の話が出来るのは嬉しいですね。

一方、治療機器についてですが、今年の上半期には、残念ながらまったく新しい概念を持った機器は発売されませんでした。

色素に対するレーザー/光治療機器や、脂肪溶解に対するレーザー治療機器は、技術の進歩に一段落した感があります。

ただ、機器の新しいリリースはなかったものの、確実に進歩している分野もあります。

そちらについては、次のブログで御紹介しましょう。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -