TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フラクショナルレーザー機器のセカンドライン C&B(クリア&ブリリアント) Emerge

おはようございます。

今日は5月19日快晴ですね。

日食の日も今日の様に晴れると良いのですけれどね。

今日はクリニックFの診療日です。

インドの出張記も書き終えましたので、そろそろ春期のレーザー医学会情報のまとめをしようと思います。

2012年春季の主な米国系レーザー皮膚科学会は、米国皮膚科学会、米国レーザー医学会と、5月中旬現在で、すべて終了しました。

レーザー機器メーカーは米国が主導していますし、米国の学会はレーザーを専門とする医師に取って外すことは出来ない情報源。

2012年の特徴として、多くレーザーメーカーが痩身の機器を市場に投入し、ピコ秒レーザーがデビューしたことはお話ししたと思いますが、もう一つ特徴的なことがあります。

それは、フラクショナルレーザー機器を販売してきたメーカーが、セカンドラインの「廉価版フラクショナルレーザー機器」をデビューさせたこと。

アパレルの世界と全く同じで、より広い層に販売するための普及版・廉価版としてのセカンドラインの役割は、ファーストラインへの導入としては大きいですよね。

代表的なものは、「フラクセル3 DUAL」や、「フラクセル:リペア」を販売しているソルタメディカル社が、廉価版フラクセルとして投入した「C&B クリア&ブリリアント」です。

ソルタメディカル社は、2004年に世界で始めてフラクショナルレーザー機器をデビューさせた会社です。

Img_5093

ダイオードレーザーが主体ですので、この通り小さなサイズ。

パラメーターも細かい設定は無く、強中弱の3種類から選択するように単純化されています。

そもそも機器としての出力が弱いので、ニキビ痕や毛穴などの治療には適しませんが、肌の入れ替えの用途にはよいのではないでしょうか?

機器本体の価格もファーストラインの「フラクセル3DUAL」と比較すると、約4分の1。

施術の値段も当然変わってきます。

そしてこちらは、本邦初公開。

Img_6303

パロマ社のセカンドラインのフラクショナルレーザーEmerge(イマージュ)。

フラクショナルレーザー機器をデビューさせたのはソルタメディカル社が先ですが、米国パロマ社は、フラクショナルレーザー理論の特許を持つ会社です。

スターラックス1540XD Lux2940(TM)、Lux1540(TM)、Lux1440(TM) などのパロマ社のファーストラインに次ぐ機種として、1410nmの波長を使った機種ですが、C&B クリア&ブリリアントよりもさらに安価です。

どちらもテストをさせていただきました。

2012年現在のレーザー医療クリニックの定義をあえてするとすれば、CO2および、近赤外領域のCO2以外の波長のフラクショナルレーザーをそれぞれ1台づつ。

少なくとも2台のフラクショナルレーザー機器が、クリニックのラインナップにあることが最低条件と言ってよいかと思います。

蒸散系と凝固系の二つのフラクショナルレーザー波長がなければ、多くの症例に対処することができません。

これらの二つの機種は、設定パワーも限られており、照射範囲や照射スピードも遅いため、決して使いやすい機器であるとは言えませんが、これからフラクショナルレーザー機器の購入を考える医師の方には、フラクショナルレーザー機器の構造を理解し、経験するためにも非常に良いのではないかと思います。

百聞は一見に如かずではないですが、こと、レーザー医療に関すると経験に勝るものはありません。

一方で、患者さんがこれらの機器を選択するべきかどうかは悩むところですが、過去販売されたフラクショナルレーザー機器は、本体の値段に比例して効果が上がるのが原状。

治療回数を少なくしたい方は、やはり高出力のファーストラインのレーザーを。

治療回数が多くても、一回当たりのコストを安くしたい方は、セカンドラインのレーザーを選択していけばよいのではないでしょうか。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -