TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フラクセル3DUALでフェイス・リフティング?

クリニックFでは、今までも様々なレーザー機器を使用してきました。

レーザーそれぞれにも特徴がありますから、「患者さんに人気の高い機種」、「僕が見ておもしろいと思う機種」、「思っていたほど人気を獲得できなかった機種」、「なぜか突然人気が高まった機種」・・・など、それぞれのキャラクターがあるのです。

そんな中、最近はちょうど導入して1年が経過した「フラクセル3DUAL」の顧客満足度が群を抜いて高く、僕自身ちょっとびっくりしています。

Fraxel3_dual

フラクセル3DUALは、レーザー治療器の中でも最も高額な部類に入る機械ですが、それでも国内を見渡すと日本にもすでに10台ほど導入されたと聞いています。

このブログで何度も書いていますが、レーザー治療に期待される役割はこの10年で劇的に変化してきました。

10年前のレーザー治療院というのは、

●赤、青、茶・・・といった痣やシミを治療して、かさぶたを作って取る

●ホクロなど隆起したものを、電気メスのように削り取る

●脱毛

といった治療を期待される患者さんが、保険証片手にやってくるような場所でした。

「皮膚疾患を治療する病院」的意味合いが強かったのですよね。

そのため、治療が済めばクリニックに来ることももうない、と考える患者さんが多かったのです。

ところがこの10年の間に、レーザークリニックは 「病院」=病気を治すために来る場所 ではなく、ウェルネスやQOL(クオリティ・オブ・ライフ)追求のためにやってくるスパやジム的な要素も求められる場所へと変化していきました。

シミや、ニキビ痕、毛穴といった、肌の治療を目的とする方以外に

肌つやを良くし、ハリを保つために、レーザー/光治療器を使用して、肌を若々しく保ち、メンテナンスするために、レーザー治療を定期的に受けられる方が出てきたのです。

治療の内容は、顔の肌全体に対して深さの順に

① リサーフェシング(表皮角質層 肌の表面を入れ替える)

② ホワイトニング(表皮基底層 ブライトニング、色を白くして透明感を増す)

③ タイトニング(真皮層 肌の実質のコラーゲンやエラスチンを増やし、ハリを持たせる)

④ リフティング(皮下脂肪層 肌のリフトアップを行う)

となり、患者さんの希望と、医師の所見によって、どの治療器を選択するかを決めます。

僕も40代を迎えて、定期的にレーザーを照射するようにしているのですが、自分のペースだと、2ヶ月~3ヶ月に一度ずつ顔にレーザーを照射すれば、皮膚の中身が密度的にも充実し、とても肌のつやが良い、良い肌が維持できるような気がします。

この頻度ですと、年間4~6回の治療ですので、地方や海外在住の方も東京に通える範囲内ですよね。

肌のメンテナンスをするときに使用するレーザー・光治療のコツは幾つかの波長を組み合わせて使用するということです。

クリニックFでのメンテナンスレーザーの一番人気は、シネロン社の「トリニティ」です。

トリニティはアジアンスキンに対しての、ホワイトニングとタイトニングの効果が秀逸ですので、選択する方の満足度も高かったのですが、最近それを追従する勢いなのが上記のフラクセル3DUALなのです。

フラクセル3DUALは、フラクセル2の“完全上位機種”です。

つまり1550nmの波長を使用するフラクセル2の施術をすべて行うことができます。

さらに新規に導入された1927nmツリウムファイバーの波長を、フラクセル2の波長に組み合わせて使用できます。

ニキビ跡や毛穴がみるみる変化してゆくのも驚きますが、最近は

「肝斑が薄くなった」

「顔がリフティングされた」

といった患者さんからの報告も受けるようになりました。

肌を断続的に入れ替えることによって肝斑の薄くなる機序は良く理解できるのですが、「リフティング」はちょっと不思議ですよね。

でも、そうした患者さんの初診時の写真を見比べると、明らかにリフティングの変化がわかる場合があります。

特に色が白くて表皮が薄く、肌の実質が減っているのではないかと思われる患者さんが、この施術をした場合、しっかりとしたリフティングの効果が見られます。

肌実質がしっかりと作りなおされるということなんでしょう。

いずれにせよ。本年日本でデビューした最新レーザー機器。試してみる価値はあると思いますよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -