TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

加齢した肌を若い肌に「入れ替える」

「このシミをとりたい」

とおっしゃって御来院する方が、今でもやはり多いのです。

それは時に

「木を見て森を見ず」

・・・ということになってしまうのですが、初診でおいでになる方には時間をかけて説明しないとなかなかわかってもらえないことも。

そんなとき、僕はこんな話をすることがあります。

初めて会う人の年齢を想像するとき、どういった点で人は判断しているでしょう?

シミの有無や色の白さは、若さの判断基準に実はあまり関係がない。

それよりも

肌にハリと弾力があり、つやつやしている人が、より年齢が若く見られる傾向にあることは恐らく周りの「若々しい人」を見れば皆さんわかっていただけるのではないでしょうか。

レーザー治療にいらっしゃる方には、冒頭のようにレーザー治療≒シミ取り と考える方が多いのですが、以前にも書いたようにそれは日本ならではの現象です。

この10年間でアメリカを中心に行われた技術革新によって可能になったことがあり、レーザー治療の人気と実力はそれにより確実にひとつ上のステージに上がりました。

それは肌を新しく若い肌に「入れ替える」ということ。これをリサーフェシングといいます。

レーザー治療は、単にメラニン色素などを取り去るといった「肌の改善=Improvement」から、コラーゲンやエラスチンを再生させることによって、「入れ替え、もしくは、もとに戻すこと=Replacement または Resurfacing」に意味合いが変わりつつあるのです。

実は、90年代にCO2レーザーによるフル・リサーフェシングの施術が白人の肌に行われるようになりました。しかし、まったく同じパラメーターで色素の強いアジア人に施術をした際、トラブルが続出し、問題になった時期があるのです。アジアの肌にはフルリサーフェシングは、副作用が大きすぎたのです。いつの間にかアジアの国々にとって肌を入れ替える、リサーフェシングという概念は、なくなってしまいました。

アジア人の肌にはリサーフェシングは無理だろうといわれていて何年もが過ぎましたが、

Fractional2

この図のように、肌に正常な部分を残しながら、肌のごく一部分(赤い部分)のみを入れ替えてゆくという、フラクショナル・レーザー・リサーフェシングの概念が登場したのです。

これはアジア人の肌にもリサーフェシングが適応できる画期的な手法。

肌の改善に使用されてきた機器は、1999年に開発されたIPL フォトフェイシャルを中心とした光治療器がしばらくこの業界の中心に居座ってきましたが、アジア人の肌の入れ替えに使用できる機器として2004年に初めて発表されたフラクショナル・レーザーが、徐々にその座に座りつつある、というわけです。

2004年からいくつも現れたフラクショナルレーザーの機器たちを、ここに並べてみましょう。

Fractionallasers

クリニックFでは、これまで本当に沢山のフラクショナルレーザーを購入し、使用してきました。

これらの機器による「リサーフェシング」を行った患者さんを見ると、ニキビ痕であれ、毛穴であれ確実に改善して、また肌全体も同時に平均して5~10歳ぐらい見た目が若返っています。

医師にとってフラクショナルレーザーを使用する上で、最も注意しなければいけない点は、肌の入れ替え比率と深さです。

フラクショナルレーザー機器のメリットは、肌の一部だけを選択的に入れ替えることが出来るということ。ですから、むやみやたらに多く照射すればよいのではなく、照射野の中に、必ず正常な皮膚を残すということが必要です。

また、患者さんの症状が、ニキビ跡の深さなのか、広がった毛穴の深さなのか、を判断し、それに合った深さの波長とパワーの機器を選択する。

こうすることによって、肌の確実な入れ替えを可能になるのです。

この春に出席したフロリダの米国皮膚科学会(AAD)でも、特にレーザー部門においては、フラクショナルレーザー機器の新規製品の発表が最も多く、またフラクショナルレーザー機器による肌のリサーフェシング技術についての検討演題もとても多かったのが印象的でした。

世界的な流れとして、肌を若々しく入れ替えることに対して興味が出てきているのだとおもいます。

昨年末からデビューした機器では、たとえば

■シネロン社のサブレイティブRF機器であるe-matrixは、ニキビ跡の改善に役立つ機器として

■ソルタメディカル社のフラクセル3デュアルは、新たな肝斑治療の機器として

特に注目を浴びています。

レーザー機器による肌のリサーフェシングによって、肌を入れ替える。それにより、顔全体を若々しい印象に作り変える。

フラクショナル・レーザー・リサーフェシングという言葉を、ぜひ覚えてほしいと思っています。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -