TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

eマトリックス 小顔レーザー? ニキビ痕治療 

おはようございます。今日8月19日はクリニックFの診療日です。昨日の灼熱と違って、今日は雨ですね。さきほどは四谷界隈も白く霞むようなどしゃぶりでしたよ。

こんなお天気の中来てくださる患者さんのためにも、今日も頑張っていこうと思います。

クリニックFの休診日であった昨日は、久しぶりにゴルフに行ってきました。その後同業者と会食中に新しい機器のトレンドについての話題で盛り上がりました。

中でも今年、日本で爆発的に認知が広まるのではないかと共通意見になった機種があります。

その機種は、特にここ数ヶ月で日本国内で数多く輸入導入され、にわかに注目を浴びて来たシネロン/キャンデラ社のフラクショナルRF機器 「eマトリックス」。

E

僕はこの機種とは、2009年にクリニックFで国内最初のメーカーデモ器を購入して以来のお付き合いで、とても思い入れのある機種でもあります。

診療でも深いボックスカー型のニキビ痕の治療などを中心に、治療の一環に加えてきました。

E_3

この機種を購入して以来、すでに5回行われた機器のアップグレードの度に、機器の性能の向上を確認してきましたが、そろそろ治療機器として最終的に完成したのではないかと、僕もコメントしていたのです。

厳密に言うと、この機種は同じ電磁波でもラジオ波を利用した機器で、レーザー/光治療機器ではありません。

しかしながら、レーザー/光機器と違って表皮で散乱/吸収されにくいので、以前よりもかなり深い部位に治療効果を及ぼすことができるのです。

eマトリックスは一回照射ごとにインピーダンスを測定し、効果がなかったものはカウントされないように工夫されています。

インピーダンスとは、なかなか理解しずらい表現だと思いますが、交流電源を使用したRF施術の世界では、想定されたエネルギーが、きっちりと肌の中に伝わっているか?ということの指標だと思っていただければいいと思います。

Fractinalrf

この図を観ていただくと、中央の黄色い部分が、RFを使用したeマトリックスのフラクショナル部位もの。

左端のフラクセルの採用しているエルビウムグラスレーザー波長や、右端のエコツーやスマートサイドドット、CO2RE、エッジフラクショナルなどの採用しているCO2の波長とは、反応する部位が少し違うことがわかるはず。

この最終系の機種のデモ機が最近国内の医師達の間に出回り、「サーマクール以上の小顔効果がある」のではないかと話題になっているのです。

RFを面で通電するサーマクールに比較して、フラクショナル•ドットで通電させるeマトリックスは、ダウンタイムが数日(5日前後)あるという弱点がありますが、理論から考えると、サーマクール以上に小顔効果がある可能性は十分にあり得ますね。

今後クリニックFでもeマトリックスの使用頻度が増えてゆくと思いますよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -