TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

シネロン/キャンデラ社の2011年の戦略

そして、学会会場のレーザー機器メーカーの中でもひときわ大きなブースを持っていた、シネロン/キャンデラ社。

158

今年は「eMatrix(e2)」と「ePrime」という、フラクショナルRF機器が前面に出ていました。

160

まずは2009年に世界で初登場した非浸襲型フラクショナルRF機器 eMatrixです。

この機種はクリニックFでも、フラクセル3DUALとともに国内第一号機のデモ機を導入し、2009年末より使用している実績があります。

昨年までは国内でも e2(イーツー)という名前でおなじみで、僕も気に入っていた名前なのですが、e2というと、日本ではスカパーを連想されてしまうので、本年から旧名の eMatrixを使用することになったのだそうです。

161

以前このブログで、クリニックFではニキビ跡のタイプによって、使用するフラクショナル機器を変える話をしましたが、eMatrixは、深いボックスカー型のニキビ跡をもつ患者さんにとっては、治療の選択肢から依然外せない機器です。

シネロン/キャンデラ社では、このeMatrixを、ブースの3分の1という大きな面積にして宣伝していましたので、本年はこの機種を前面に打ち出して売りにいくのでしょう。

それだけこの商品に自信があるのだと言えますね。

そして、同じフラクショナルRF機器でも、実際に針を刺して、RFを流すタイプの浸襲型フラクショナルRF機器のePrime。

162

ブースでは eMax(トリニティ)と ePrimeが並んで展示されていました。

前回のパリブログでデビューしたてのePrimeについては詳しくふれましたので、詳しくは述べませんが、この機器は、会期中の講演でも多く取り上げられていました。

185

特にこのエール大学のAmenakas医師は微小侵襲機器の演題で、ePrimeについて特に詳しくふれていましたね。

187

189

外科的なフェイスリフトとの比較演題は、とても興味深く聞かせてもらいました。

同じくフェイスリフトと比較されたサーマクールがデビューした時を思い出しますね。

そして、新規にシネロン/キャンデラのダブルブランドで発売されたCO2フラクショナルレーザー。

273

写真はシネロン社のアジアパシフィック営業トップのミゲルです。

去年彼の依頼で僕がジャカルタと台北で招待講演をさせていただいたのは、このブログでも書きましたよね。

268

この新フラクショナルCO2機器CO2REの特徴は、レーザー照射径と深度を自由に変えられ、さらに独立した4種類の照射モードで設定できる設定にあります。

269

この機能を臨床に適応させるには時間がかかると思いますが、自在に使いこなせると、より治療効果も上がるでしょう。

272

茄子を使って、実際に照射するスペースがありました。

271

いろいろな設定を試してみたのですが、設定によりさまざまな照射面が見ることができますね。

IMCASパリのブログでもDEKA社の最新フラクショナルCO2レーザー機器をご紹介しましたが、最近CO2フラクショナルレーザーは、各社進化したモデルを発売中で、買い替えの時期に来ているかもしれません。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -