TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

Medical Body Contouring Meeting in 九州

今週末は、ベストボディジャパン優勝者、札幌ルトロワビューティークリニック院長で、クリニックF非常勤医師の前田拓摩先生とエムスカルプトの招待講演を行います。

 

場所は、JR福岡シティ会議室。

1

久しぶりの博多で嬉しいなあ。


ASLMS米国レーザー医学会2019閉会

2019年米国レーザー医学会(ASLMS)が閉会しようとしています。

サイノシュア社とシネロンキャンデラ社、古くからある大手の老舗企業ががファンドに買収され、技術者の流出を招いています。

流出した技術者がほかの会社で同じような機器を開発するために、レーザー機器メーカー同士のラインナップの違いほとんどなくなり、特徴のない会社が増えたような印象を受けます。

模造品メーカー以外は、どの会社の機器を購入してもよいような状況に来ていますが、これはまさに業界の膠着状態ですよね。

新機器の開発にはお金がかかりますので、アメリカ系のレーザー企業はここ数年は新技術を出すのは難しいようです。新技術は欧州に期待です。

1
今年のトレンドは、まずは今までの氷結と暖める治療のほかに、痩身系のほぼすべてのプレゼンテーションにHIFEM技術、つまりエムスカルプトについて触れていることが印象的でした。

追従機器も増えると思いますので、今後のラインナップにHIFEMは外せませんね。

ボディに関しては、肌、脂肪、筋肉の3つに対しての有効な治療機器が揃ったことになり、クルスカの後にエムスカルプトを併用するなど、複合治療が可能になったといえますね。
色素斑については、数年前に数多くあったピコ秒レーザーの演題が少し減り、重鎮の一人ロバートワイス医師などは、フェムト秒のレーザーに期待しようということも演題で話していました。

従来のフラクショナルレーザーと、マイクロアレイによるピコフラクショナルレーザー機器の比較演題などがありました。

どちらも結果は同じようですが、ピコ秒の方がダウンタイムが大幅に減少するという印象でした。
肝斑についての演題は相変わらず多いですが、ノンアブレイティブのフラクショナルレーザー機器を用いて、トラネキサム酸などを導入するようなレーザーアシストのドラッグデリバリー技術の演題もありました。
皮脂腺に特異的に反応させる1726nmのレーザー機器もずいぶん前から研究開発されてきましたが、独自の冷却システムを用いてより肌の深くまで進達ができるようになりました。顕微鏡写真で見事に皮脂腺のみが破壊されている像をみると、確実に難治性ニキビ治療に対して、臨床利用が可能になったと思います。
僕は症例写真を比較する演題よりも、ベーシックサイエンスの発表の方が好きで、そちらの部屋の発表を聞くことが多いのですが、皮下にレーザーを照射した後に、読み出される遺伝子が若い頃にシフトする。

1927nmのフラクショナルレーザー機器を利用した治療では、皮下でIGF-1が大量発生するので、紫外線防御効果が上がるので、単に肌を入れ替える以上の効果があるのではないかなど。興味深い演題が多くありました。
ASLMSはレーザー治療を含めたEBD(エネルギーベース機器)の学会としては世界最大の学会ですが、僕も2004年から通い始めてを初めて16年、過去20あまりの発表をしてきました。最もレーザー医療機器が進化した、とても良い時期にこの科に出会えたことに、幸せを感じます。

ですが、ここ数年特に思いますが、メンターと呼ばれる学会を率いる人たちが年をとってきましたね。

新しい発想がうまれにくい。若返りが必要な時かもしれません。

特にAIの技術の専門家がもう少しこの会に入ってきてくれれば、SMART LASER機器を開発できるのになと思いますよ。


難治性ニキビ治療に福音

以前から研究されていた1726nmの波長で選択的に皮脂腺のみを破壊してニキビを治療する治療機器。

独自の強力な冷却システムを合わせる事で臨床利用出来るようになり、ようやく市場に出ますね。

難治性ニキビ治療に福音です。

1


Be an Original

自然のままでいてください(オリジナル製品を買ってください)。

1

サーマクールFLXやフラクセルを販売しているソルタメディカル社のカタログに凄く同意します。

手術やヒアルロン酸で若い顔を作る事と、レーザーやRFなどのエネルギー技術を使って自らの遺伝子から若返る事は、実はベクトルが正反対だと思っていますが、医療機器も同様です。

工学博士を持っている身としては、機器のリバースエンジニアリング、いわゆる新たなコンセプトの製品をバラして同等のものを安く作り上げる模造品は、心情的には許せないです。

クリニックFではたとえ高額でもオリジナルの技術を作った会社から機器を買うようにしています。

技術者がものすごい努力をして作り上げた新たな製品が、あっという間にコピー商品を作られて安価に売られて苦しむ。

どこかの朝の連続ドラマでも同じシーンがありましたよね。笑。


ASLMS2019展示会場 今年のトレンドは Star Walker,Fotonaから

今回はデンバー開催だけあって米国レーザー医学会の出席者は少ない感じがします。

 

623

展示場入り口に大きくブースを構えていたのはBTL社。エムスカルプトの新アプリケーターをデビューさせていましたが、やはり元気ありますね。韓国のルートロニック社もプラチナムスポンサーでした。

4

驚いたのは、アラガン社に買われたクルスカが、エムスカルプトと同様な磁気で筋肉を鍛える機器「cooltone」を展示していたことです。

FDA認可待ちだそうです。

こうしたコピー機器は韓国中国のメーカーの仕事だと思っていましたが、本家のアメリカの企業が欧州の企業の技術を丸ごと真似るのは、この20年間であまり見た事がないですね。

まあ筋肉を鍛えて痩身に繋げるという1つのトレンドが出来たという事なのでしょうね。

57

クリニックFにも置いてある、エクセルVも2週間前に後継機種のエクセルV +をデビューさせてましたが、その展示もありましたよ。

そしてFotona。

1

StarWalker The Force is here


再会

サンフランシスコ。

234

5

偶然ホリデーでサンフランシスコに訪れていたヴィーナスコンセプト社のマオーと合流しました。

1

今はロンドン在住。

昨年ヴェトナムで会って以来。

たまたまFBでサンフランシスコにいるのを見つけ連絡したんですが、便利ですね。


ASLMS今年はデンバー

おはようございます。

イチローの引退があったためか、今日はなんだか空虚感に満ちていますが、今日、明日、26日月曜日はクリニックFの診療です。

来週後半からは、本年はデンバーで開催される米国レーザー医学会ASLMSに出席するために渡米します。

1

もう参加を初めて20年近く。

新たな医療機器のデビューがなされる展示会と、数年先にデビューするレーザー機器の学術演題が聞ける唯一の学術集会なので、毎年楽しみにしています。

帰国前には、サンフランシスコでレーザー企業の本社に立ち寄ろうと思っています。

日程的に、ナパバレーには足を延ばせるかもしれないな、あちらで計画しようと思います。


直観

僕自身、2000年から機器による美容医療に関わり、全てのレーザー企業の本社に自分の足で訪れ、開発者と直接話し、医療機器を100台以上購入したことになりますが、レーザー(またはEBMD)により肌質を改善する分野で、脱毛レーザー以降、まったく新たなマーケットを作ることができたオリジナル技術(機種)は以下の通りですかね。

➀ IPL(フォトフェイシャル)

⓶ elos(オーロラ)

⓷ モノポーラーRF(サーマクール)

⓸ フラクショナルレーザー(フラクセル)

➄ HIFU(ウルセラ)

⓺ ロングパルスエルビウムヤグ(スマイルリフト4D)

➆ HIFEM (エムスカルプト)

初代フォトフェイシャルとウルセラ以外は、僕が日本初上陸機器の一台を購入しました。

レーザーの目利きとしては初期の直感がほぼ当たっていたことになりますね。


臨床研究論文が通過

クリニックFで低温常圧プラズマを利用した創傷治癒加速の臨床研究論文が通過しました。

Akio Nishijima, Takahiro Fujimoto, Takamichi Hirata, Junko Nishijima: Effects of Cold Atmospheric Pressure Plasma on Accelerating Acute Wound Healing: A Comparative Study among 4 Different Treatment Groups. Modern Plastic Surgery, 9, 18-31, 2019. doi: 10.4236/mps.2019.91004.

論文


25ans(ヴァンサンカン) 2019年1月号

25ans(ヴァンサンカン) 2019年1月号で、美容機器の2019年の最新トレンドについてご取材いただきました。

僕の注目機種は、エムスカルプトとエクセルV。

25-1

25-2

25-3

エムスカルプトの筋肉トレーニング効果は圧倒的です。

美容意識の高いクリニックFの患者さんにも絶賛されています。


サーマクール認定医証

ヴェトナム空港でディレイののち、帰国中の台風で機体は揺れるし、ほとんど完徹状態でのクリニックF診療でしたが、ようやく目処がつきました。

今日もサーマクールFLX エムスカルプト Fotona4Dなどなどの施術が入っていました。

サーマ

手に持っているのは、僕のサーマクール認定医証です。

実は僕は日本人サーマクール認定医取得の第1号なんですよね。

当時は実技の他に英語で質疑応答などがありました。


キュテラ社のピコ秒レーザーエンライトン

キュテラ社のピコ秒レーザーエンライトンの座長職終えました。

picoレーザー理論の話も少々させて頂きました。

ありがたい事に満席でした。

学会_1

学会_2

学会_3

学会_4

演者のJUNクリニックの菅原先生と。

レーザー分野では査読の入った英文論文を書ける数少ない優秀なドクターです。

卒年は僕と10年ずれてるんです。驚きですね。


「サーマクールFLX」について講演

僕は2000年からレーザー治療に関わっていますから、約18年の歴史があり、それこそ100台近い機器を購入してきていますが、その中で理論を聞いただけで一瞬で購入を決めた機種が7台あります。

やはり画期的な革命の起こる機器は、レーザーの目利き、レーザーキュレーターとしては必ず手に入れておきたい。笑

逆に何かが引っかかって直ぐに購入にならなかった機器は、付き合いで買う事があっても、最後までピンと来ないのですよね。

レーザー

2018年に僕がすぐに購入を決めた機器は2つあり、それが9年ぶりにアップグレードした元祖リフトアップ治療機器の4世代目「サーマクールFLX」と、筋肉を鍛え脂肪を減少させるMRIの理論にのっとった電磁場治療機器「エムスカルプト」です。

今週末にはJAAS日本アンチエイジング外科学会で安全性と効果が格段に上がった「サーマクールFLX」について講演させていただきます。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -