TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

London Westend musical – The King and I

ミュージカル好きとしては、今期これは外せませんでした。

london18_25

7月3日より公開中の渡辺謙主演のThe King and I。

london18_26

渡辺謙さんが、コミカルなタイの王様役をやっていますが、ロンドンの観客に大受けでした。

それにしても若々しく、まさか還暦近い俳優が演じているとは、誰も信じないでしょうね。

日本人の俳優としては大沢たかおさんも出ています。

そして相手役は、最近はMET Operaでも活躍するブロードウェイのスター、ケリーオハラ。

london18_27

オペラ「メリー・ウィドウ」は傑作でしたが、二人をロンドン ウエストエンドで観られるとは感無量でした。


The OPEN

2018年7月後半。ワールドカップ、ウインブルドン、The OPEN (ゴルフ全英オープン) の終わった晴天のイギリス。

london18_06

流石にスポーツの記事は少ないです。
london18_07

以前、beauty and the beast の題名を読み解くと、野獣は限定されているけれど、(野獣を愛してくれさえすれば)美女は限定されていない、と気付き感動したと書きました。

london18_08

The OPEN もまさに定冠詞を意図的に使った英語の典型例ですよね。


ロンドンに到着しました

本年2度目のロンドン到着。

テートブリテンの隣のホテルにしました。

london18_01

ウエストミンスターヒルトンは駅から遠いですが、この地域は観光地では無いので、静かです。

僕はテートブリテン好きなので、ロンドンの観光地を回ってしまった後には、いい宿泊先だと思いますよ。

 

london18_02

灼熱の日本から脱出出来たと思っていたら、ロンドンはまさかの晴天31度。

今年は異常気象ですね。

ロンドンも最高気温を次々と更新していると報道があります。
london18_03

冷房施設が無く、むしろ暑い感じですが、観光客で一杯。

london18_04

london18_05

事実問題としては、国会前に、今更ブリグジットする意味があるの?と反対派の旗が立っていました。

 


ロンドン出張に行ってきます

ロンドン出張に行ってきます。

直前まで打ち合わせなどの仕事でバタバタでした。

ラウンジで読んだ今週の週刊ダイヤモンド。ヘルステック時代に向けての記事が興味深かったです。
diamondkiji_01

中でも医療企業を中心とした「うちが勝つから、うちへ来い」の記事。

diamondkiji_02

実際にお会いした方も多く、大きな時代の流れを感じますね。さて行ってきます。


LHR London Heathrow Airport

ロンドヒースローにてトランジット。

5243

こちらは13度です。

ヒースローはターミナル5が出来たのでターミナル間のバス移動が大変ですね。

ロンドンは19日のroyal weddingに向けて準備が進んでいる模様です。

1

さてこれからアテネに向かいます。

2度目のギリシャですが、以前に行ったのは2006年の欧州皮膚科学会の時でした。


ナショナルギャラリー ダヴィンチの絵画

夜の飛行機でウィーンに移動し空港隣接ホテルに泊まり、翌朝早い電車で中央欧州肥満学会が開催されるスロヴァキアのブラチスラバに入る予定です。

ロンドンの学会参加後、ナショナルギャラリーに立ち寄りました。

もちろん好きなフェルメールも観ましたが、数少ないダヴィンチの絵画が2枚も、しかも無料で観られるのは素晴らしい。

 

12

大英帝国太っ腹だと思います。


進化したZO MEDICALに以前とは違った興味が

今回の学会ではレーザー他機器以外に化粧品も見て回りました。

薬学博士をとり知識が増えましたのでパワーコスメとレーザー機器の組み合わせに以前とは違った視点が芽生えているのです。

幾つか探してみましたが、2004年にオバジ博士の化粧品のサーティフィケイトをとってから暫く遠ざかっていた、オバジ ZO MEDICAL の医薬化粧品にちょっと興味が出て来ました。

時を経てだいぶ進化しましたね。

4

江ノ島弁天メディカルスパで採用しようかな。


CCR EXPO 2017 主要レーザーメーカー勢ぞろい

欧州にあるほぼ全てのレーザーメーカーも出店しています

1312

8101116171920

これだけ活況ならロンドンでもNYなみのレーザークリニックを開院できそうですね。

機器をメインに備えるクリニックを作ろうと思うと、メンテナンスがどうしても必要ですからメーカー側のインフラはとても重要なのです。

なんだか未来が見えてくるような展示に、僕もあれこれヒントをもらいました。


IMCASパリに参加します

今晩はロンドン一泊です。

食事の後、夜のシャフツベリーアヴェニューを歩いていてミュージカルを選びました。

今回はフランスつながりで、ロンドン30周年を迎えたLes Misérablesを観ることにしました。

言わずと知れたヴィクトルユーゴーの名作。数年前に映画ができましたが、あの完成度の高さは素晴らしかったですよね。

今回改めて観て思ったのですが、妹のためにパンを一切れ盗んで19年投獄されたジャンバルジャンが出獄した歳は46歳。

つまり僕とほぼ同世代なのです。

Les Misérablesで起こった出来事は、僕の今の歳からでも価値観が全く変わり新たな人生を送る事ができるという事ですね。

そして、ジャンバルジャンの出獄の年は1815年。

ナポレオンが歴史から消え、チャイコフスキーの名曲の題名にもありますが、その後のフランスをはじめとしたヨーロッパの混乱が始まる年でもあります。

今とは全く常識が違い、はるかに理不尽な事が沢山あった時代です。

彼らに比べたら僕たちの悩みなんて小さなものですよね。

ロンドン

これからユーロスターでパリに戻り、IMCASパリに参加します。

ロンドンの日程がずれ、東京との衛星中継には参加できなくなりましたが、今後の展開のためには良い打ち合わせができました。


FOTONA社の新しいレーザートレーニングセンター

ロンドンのフィナンシャルディストリクトに昨年10月に完成した超高層ビルLeadenhallビル。

フォトナ_1

フォトナ_2

こちらの30階にLindenhall skin and laser clinicがあります。

フォトナ_3

フォトナ_4

フォトナ_5

フォトナ_6

こちらでFOTONA社の新しいレーザートレーニングセンターができたので見学とトレーニングにやってきました。

フォトナ_7

フォトナ_8

フォトナ_9

フォトナ_10

フォトナ_11

僕はレーザートレーニング施設を東京に作る事をここ数年の仕事の1つにしたいと思っていますので、施設の視察を兼ねてという目的もありました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -