TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

喜望峰到達証明書

今朝、探し物をしていたら懐かしい証明書が出てきました。

喜望峰到達証明書です。2008年に南アフリカ共和国ケープタウンのエンビロンの総帥Drフェルナンデスを訪れたときに足を延ばしたのですよね。

喜望峰を訪れたときのブログはこちら。

Img_0761

南アフリカのブログはこちらです。

南アフリカ共和国は動物が沢山。

本当に素敵なところでした。


Dr.フェルナンデスからのメール

引き続きサンクトペテルブルクにいます。思いがけず分刻みのスケジュールに追われています。仕事もちゃんとしていますが、オペラやバレエもしっかり観ていますよ(笑)。初日のワーグナー「ニーベルングの指環」は、夕方6時に始まって終わったのは夜中の1時でしたが・・・。

詳しい話はまた帰国してからにしましょう。

こちらのインターネット環境は悪くなく、メールのチェックなどは問題なく出来ています。明日帰国の予定ですが、成田に到着したらそのまま空港で数時間過ごし、タイはバンコクに向かう予定です。

バテないように、頑張ります(笑)。

さて、ロシア滞在中に南アフリカはケープタウンからメールが届きました。送り主は、デス・フェルナンデス。エンビロン・スキンケアシステムの開発者です。

近況のご報告と、僕のブログを最近読み返してくださったそうで、ケープタウンでの思い出話に触れつつ「また日本で会いましょう」と書いてありました。今月の皆既日食は中国で見る予定なのだとか。

僕が南アフリカに行ったのはちょうど去年の今頃なので、メールを読んで懐かしくなってしまいました。

去年ケープタウンで撮った、ドクターとの写真です。

212

また行きたいですね。


Dr.フェルナンデスとの再会

010_2 今回もう一つの目的は、Dr.フェルナンデスとの再会でした。

医薬化粧品であるエンビロンの創始者として講演をするために来日したのです。

ケープタウンに行ってフェルナンデス医師とディスカッションしてからもうずいぶん時間が経ったように感じていましたが、あれは7月のことだったので、まだ2ヶ月余りしか経っていませんでした。

今年は時間の流れが速いような遅いような(苦笑)。

講演の内容は、肌を維持するためには三種のビタミン、つまりビタミンA・ビタミンC・ビタミンEがきわめて大切である。

パルミチン酸レチノール(ビタミンA前駆体)を肌に使用し続けると、紫外線に当たりダメージを受けた肌を再生できる。

紫外線によって老化した肌に対しても、効果的である。

・・・といった「今となっては」基本的な話でしたが、紫外線の強い南アフリカで医学の研究をして、紫外線の害にいち早く着目した彼がこの理論を提案し、それによってこの日本でも今のように常識化・一般化したとも言えるのです。

0111_2講演の後、挨拶に行きました。

挨拶もそこそこに

「スククーザ国立公園(ケープタウンの後に、僕が訪れると伝えていたのです。)はどうだった?」

と聞かれたので、

「素晴らしくて、興奮して、カメラのメモリがいっぱいになるまで写真を撮ってしまいました。」

と答え、そのあとは南アフリカ談義や抗酸化剤の話題などに花が咲きました。

別れ際

「わざわざ東京から来てくれてありがとう。」

なんて言われたので、

「ケープタウンから来てくれた先生に比べたら、東京なんてすぐですよ!」と言ったのですが、本当に日本贔屓なナイスガイですね。

スケジュールが大変だったのですが、大阪まで会いに行ってきてよかったです。


さらばサビサビ 南アフリカ

114 サビサビの空港で待つこと20分。

プロペラ機が一機やってきました。

115 サビサビと最後のお別れです。

心に残る素晴らしい場所でした。

いつか機会があれば、もう一度行きたい

ところで、今回の南アフリカ出張で、僕は2Gのメモリーカードを持っていったのですが、ここでついにメモリがいっぱいになってしまったのです。この飛行機の写真が最後の写真です。

こんなことは初めてのことです。

約1000枚も写真と動画を撮ったことになります。

目の前にいる動物に、夢中になってシャッターを切ってしまったのでしょうね。感動しました。

というわけで、そののちヨハネスブルグと香港経由で帰国しましたが、写真はありません。すみません。

南アフリカという初めての国での経験は、仕事もプライベートも含め、僕にとって忘れられないものとなりました。

現地でお世話になった皆さん、コーディネートしてくださった方々、不在中支えてくださった方々、ありがとうございました。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


最後のゲームドライブ

130

日程も迫っていましたので、最後のゲームドライブに向かいます。

126_2 サファリを歩いてゆくと、いろいろなものが見えますね。これはハイエナの足跡なのだそうです。

138_2 シマウマもいます。

063今度は水牛です。

247 ブッシュの中にキリンが見えます。

215 そしてサイ。サイの角は、漢方薬などに使われるため、高額で取引されるのだそうです。絶滅寸前とのことですが、出会えてよかったです。

234 サビサビ滞在中、サファリのBIG5すべてに出会うことができました。

096_2しなやかに歩くレパード。

078 ガイドのWillが拾った亀の甲羅の説明をしてくれました。

277_2 こうして2日目の夜を迎えました。太陽が大きいのです。

でも、明日は帰らなければなりません。悲しい。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


アースロッジのスパ

  202

最後にこの南アフリカ3つ目の出張理由であった、サビサビロッジのスパを体験しに「アースロッジ」に向かいました。サビサビの敷地の中にはこのような道が縦横無尽に走っています。

これらの道はどんな短い小道も含めてすべて名前が付いているのだそうです。すべて合わせると約300!!

サビサビに勤めるガイドたちの最初の仕事は、まずこれら道の名前をすべて覚えることから始まるのだそうです。

201約30分ぐらいのドライブの後に到着したのは、こんな入口です。

周りからはここに建物があるなんて、とても見えません。ところが、この小さな曲がりくねった小道を歩いてゆくと、さっと視界が開けます。

200 このアースロッジは2001年に完成したサビサビ最新のロッジです。

194 なるべく自然のものを活かして作った建物だということで、壁も漆喰。

内装もほとんどが樹によってできていました。

197 砂漠の真ん中にこんな施設があるなんて、デザイナーのセンスは秀逸で脱帽してしまいます。

187 スパ棟に向かうと、セラピストが笑顔で迎えてくれました。

183 セラピー室は日当たりのよい、こんな広い部屋でした。奥にはバスがあります。

188 セラピーの道具はこんな感じ。

僕はアロマセラピーを選択したのですが、マッサージは腕まで使う、ハワイのロミロミに似ていましたね。

施術中は気持ちがよくてすぐに眠ってしまいました。

190 建物を出るとこんなデコレーション。

191 滞在者用のプールもあります。

すっかりリフレッシュした後、最後のサファリドライブに向かいます。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


アフリカ人の視力

今回の南アフリカ出張で、実際この目で見て感動したことのひとつに、アフリカ人の視力の良さがあります。

日本では、近視が「当たり前」の昨今。近視矯正の手段として、レーザーを使用する「LASIK(レーシック)」について見解を聞かれることも多い僕なので、今回は

「同じ人間なのに、なぜここまで視力が変わるのか」

ということを、わかりやすく説明したいと思います。

ひとことで「視力の測定」といっても、静止視力、動体視力、近見視力、遠見視力など、目に求められる機能には様々なものがあります。

この中で、日本人になじみのある視力検査は、この「ランドルト環」を使用した「静止視力測定」ではないでしょうか。

Photo_4ランドルト環の空白の径は、ランドルト環の直径の五分の一です。

視力の計測方法は、この輪の60分の一、時計でいうと1分の切れ目が5mの距離で確認できた場合、

「1.0の視力である」

という風に計測するわけです。

視力2.0は2倍の10m。視力6.0とは6倍の30m離れた所から、この切れ目の方向が分かるということになります。

反対に10分の1の50cmの距離でしかわからなければ視力0.1ということになるのです。

アフリカ人の視力は4.0であるとか6.0であるとか言われていますが、視力は幼い時からの生活習慣によって変化するものです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほぼ全員遠視なのを御存知ですか? これは国籍に関係なく、日本人であっても、アメリカ人であっても、アフリカ人であっても、ほぼ全員遠視なのですよ。

そののち、成長していく環境の中、「見るべきもの」のために自然に視力が矯正されていきます。この日本では、小さな家の中で、近距離で人と接し、本やゲーム、携帯電話をいじる生活をしていると、遠くのものよりも近くのものを判別できるようになることが重要なため、徐々に近視眼に矯正されていくのでしょう。

逆にサバンナで青空の下、遠くの獲物を見つけることが重要な生活をしていれば、生活で必要な視力も遠くのものですから、1km先の動物の挙動や、10km先の天気の違いがわからなければならないわけですよね。より遠視へと矯正されていきます。

オスマン・サンコンさんは以前テレビで、アフリカ在住時には6.0あった視力が日本に来てからは4.0になったと嘆いていました。

ケニアのナイロビなどの都市部で生活している黒人の平均視力は1.0であるといいますので、環境によって後天的に決定される要素が大きいのでしょう。

ともあれ、この南アフリカで現実に目の前で見た視力6.0は本当に驚きましたよ。

いくら目を凝らしても見えない、双眼鏡で見てやっとわかるような距離にいる動物を、あっさりと見つけてしまうんですから・・・。

いったい彼らにはどんな視界が開けているんでしょうね??

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


サファリのゲームドライブ

078 さて、サビサビでは、滞在中に朝晩二回ずつサファリドライブに参加できるのですが、それを

「ゲームドライブ」

と言います。

サビサビに到着したその日の夕方から、一回目の「ゲームドライブ」が始まりました。

約3時間のサファリドライブです。

皆でジープに乗りこみ、さっそく出発です。

079 ジープの一番前に小さな椅子があり、一人アフリカンガイドが乗ります。

彼が動物を探す役目をするのです。0961

聞きしに勝る彼らの視力の良さを、道中知ることになります。

いや、ほんとに驚きましたね。

サファリの中にいる、望遠鏡でなければ見えないような、ものすごく遠い場所にいる動物も見つけてしまうのです。

そしてドライブが始まって30分ぐらい。

見てください。

083

レパード(ヒョウ)を見つけてくれました。

近くで見ると、本当に毛並みが美しい。

約70kgぐらいあるのだそうですが、一番出現率が低いレパードをまず見ることができたのは感動でした。

102 遠くに見える、シマウマと水牛の群れ。

004 そしてこちらは象。

084そのうちに夕日が沈んできます。

068_2雄大なアフリカの大地では、沈む夕日も、今まで見たことがないくらい大きい。

023 するとサファリの中で車を止めて、用意してあったワインを取り出し

乾杯しよう

と言うのです。

粋な計らいですよね。

015 夜は更けてゆきます。ちょうど新月でしたので、満天の星空です。

天の川や、流れ星、そして人工衛星も飛んでいるのが見えました。

言葉にできないほど、美しかったですよ。

しばし休憩した後、再びサファリの旅が始まります。

夜も更け、サーチライトを使った散策。これがまた寒いのですよ。

あ、ガイドがなにか見つけたようです。

020

028 なんと、雄ライオンです!

たてがみが素晴らしい。眠っていたところを起こされたようで、不機嫌な様子です。

ジープの上の人々は興奮して写真を撮りまくっていますが、なんだかかわいそうなことをしちゃったな。

しかし、まさに百獣の王。

本当に迫力と威厳があるのですね。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


大発見!!

ところでこのロッジで、サファリツアーを待っているときに、大発見をしてしまいました。

今回僕が持っていったカメラはキャノンのIXYデジタルと、いつ買ったかわからない古い小さな双眼鏡だったのですが、望遠レンズのないカメラでサファリの動物を撮るとどうしても迫力に負けてしまいます。

せっかく来たのだから、良い写真を撮って帰りたい。

あれやこれやと考えてみました。

そこでひねり出した案が、こちら。

Image057

わかりますか??

こうやって双眼鏡にカメラのレンズを密着させて、カメラの方の光学レンズを拡大すると、800㎜級の高級カメラに匹敵する拡大画像が撮れるのです!

光学的にはカメラのレンズの口径が、双眼鏡の口径よりも小さければ、理論上はこういった撮影が可能です。

Image058  しばらく使っていると、慣れてきて、ついでに片手で双眼鏡のピントを合わせるなんてこともできるようになってしまいました。

この組み合わせで撮影すると以下のようになります。

153 まずはこのカメラのみで撮影した場合。28mmのレンズですので、このように写ります。

中央にある丸い木に注目してください。

152 次にカメラの拡大を使うと光学の3倍ズームでここまで撮れます。

でも、これだと遠くのサファリの動物の表情まではわかりませんよね。

160 そこで双眼鏡の登場です。

カメラのレンズを等倍に戻し、まずは双眼鏡側でピントを合わせるようにします。

161 次にカメラのレンズのズームを使用すると…。

162 最後はここまでズームできます。

ちょっとすごくないですか??

016 今回のサファリジープツアーは、オーストラリア人の60代のリタイア夫婦。南アフリカの50代の教師夫婦。カルフォルニアの50代の結婚25周年記念にサビサビに来た夫婦と僕の7人構成でした。

僕がジープの上からこうやって写真を撮っていると、

「Great!!」 「Oh, What a Smart!!」

と言われて、やり方を教えてほしいと皆にせがまれ、たった一人の東洋人が、あっという間に人気者になりました(笑)。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


サファリのBIG 5

南アフリカのサファリでは、狩猟をしにくい大きな動物を「BIG5」と呼ぶそうです。

0081 ちなみにその5種類の動物とは ライオン、象、サイ、水牛、ヒョウなのだそうで、肖像がお札になっています(手に入らなかったのですが、200ランドがヒョウだそうです。)。

そのBIG5をサビサビ滞在中に見ることができると、その人は非常にラッキーなのだとか。

ちなみにサビサビの意味はFAIR FAIRなのだそうです。直訳「怖い怖い」動物を間近で見ることができるという施設なのだそうです。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


サビサビロッジ

066 サビサビ専用空港に着くと、一台のサファリジープが迎えにきていました。

運転手さん兼ガイドはイギリス人のWillです。

文字通りこんな「悪路」を走って30分。滞在する

「Selati Camp」

というところに連れて行ってもらいました。

サビサビ・リゾートは広大な敷地の中に、「キャンプ」や「ロッジ」と呼ばれる宿泊地が点在しており、セラティキャンプはその内のひとつです。

070

泊まるのは、こういったコテージ。

このSelati Campに8つあるそうです。

それぞれの定員は2名。

つまり最高でも16名しかこのキャンプでは宿泊客がいない計算になります。

068外から見ると小さな「小屋」みたいなかんじですが、中身は冷暖房完備の完全なコテージです。

154 共用施設には、そこから野生の動物が見られるようにテラスがあります。

204_2 さらにプールやバー。

滞在中は、早朝と夕方にジープによるサファリツアーがあり、アフリカのサファリを堪能できるのです。

ちなみに

サビサビリゾートにあるそれぞれの施設を改めて御紹介すると、このリゾートは、

Selati Camp

Bush Lodge

Little Bush Camp

Earth Lodge

と名前がつけられた4つの施設で構成されています。

それぞれに趣とテーマの異なった宿泊施設があります。雰囲気も違うようですから、数日滞在できるような余裕があれば、ロッジとキャンプを組み合わせて宿泊するのもよいでしょうね。

バリやハワイのリゾートと違って、日本から何度も訪れる・・・というのが難しいでしょうから。

ちなみに2007年には、「Luxury Link」では、世界一のホテル。「Travel&Leisure」誌の特集、世界ベスト100ホテルの中で第7位。

欧米のホテルを紹介する多くの雑誌で、毎年必ず賞を受賞しているサファリ滞在施設なのです。

クリニックFのある患者さんが、

南アフリカに行くなら絶対に一度行ってみるとよいですよ

と奨めてくださったのですが、確かに来てよかった! こんな施設がアフリカにあるとは、リゾートとエンタティメントの融合が大変勉強になりましたね。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


サビサビへ移動

035 ケープタウンを次の日の朝5時に飛び立ちます。

043幻想的な綺麗な朝焼けです。

今日は、アフリカ出張の最後の日程で、ヨハネスブルグを経由して南アフリカとモザンビークの国境に近いスククーザ国立公園の中にあるサビサビというロッジに移動します。

サビサビは、野生の動物を見ることができるリゾートです。2001年に建てられた建物に、有名なスパがあります。

最近スパに関する仕事をされている方とお会いしたり一緒に仕事をすることも多いので、僕自身も海外に行くと気をつけてスパを見学しに行くようにしています。

「Spa Finder」という雑誌もありますが、いつか、医師の視点で世界のメディカルスパを日本に紹介したり、日本国内で新しい概念のスパを作ったりする事ができたらいいですね。

045 ヨハネスブルグ国際空港から小さな車に乗せられて30分。

連れて行かれたのは、国内のコミュートをする飛行場でした。

Federal Airというエアラインの待ち合わせ場所につきました。

049 ふと中を覗いてみると、こんな待合室(場所?)でビュッフェを囲み、出発を待っているい人たちがいます。

054 飛行機の機体を見ると、プロペラ機ばかりが10機あまり。

048 結局この飛行機で移動することになったのですが・・・

あれ? この機体なら、僕の持っている自家用セスナのライセンスでも操縦できるんじゃなかったっけ??

058 もちろん、僕の免許は営業用じゃないので、乗客は乗せられませんが、もしもパイロットが事故にあったら、僕が代ろうかなとか、パイロットの背中を見ながら妄想してしまいました(笑)。

056 約1時間ぐらい飛行していたでしょうか。

右手前方に滑走路らしきものが見えてきました。

そう、サビサビ専用の滑走路だったのです。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


南アフリカのお土産

110 南アフリカのお土産ですが、他の大陸にないものがたくさんありました。

中でもダチョウの卵に絵を描いている置物。

精密な世界地図が書いてあって地球儀のようになっている物もなあり。最後まで買うか悩んでしまいました。

111こんなお面のようなものもありましたが、うーん。なかなか買う気にはなりませんでしたね。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


エンビロンのトリートメント室

206

肌のための施術室です。

フェルナンド医師が開発した、イオン導入器+超音波導入器が置いてあります。

207 なかにはシャワー室完備のカップル用のスパトリートメント室などがあり、斬新な作りでした。

010 最後に彼の著作にサインをもらって、彼のクリニックを後にしました。

031 あたりはもう暗くなっていましたよ。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


2008年07月15日(火)

デスモンド・フェルナンデス医師


デスモンド・フェルナンデス医師

212 しばらく待っていると、フェルナンデス医師が現われました。

彼は1941年生まれ。御存知の方も多いのではないでしょうか。エンビロン・スキンケアシステムの開発者です。

エンビロンという名前は、「environment(環境)」に由来しており、その名の通り、オゾンホールの拡大など、年々進行する自然環境の悪化による紫外線の脅威から肌を守るために開発したのだと彼自身から聞いています。

紫外線対策において南アフリカは北半球よりも紫外線が強いため、より早い時期からその対策が必要だったのです。「光老化」という概念を早い段階で打ち出した医師としても知られる彼の製品は、今では世界60ヵ国以上で展開されているそうです。

211 テーブルマウンテンがきれいに見える院長室で、ビタミンAやCの商材についての最新の知見をディスカッションをしました。

エンビロン皮膚再生システムはビタミンAを配合していることがキーになっています。

でも、二人の間で特に盛り上がったのはビタミンC誘導体の話でした。

肌の再生にはビタミンAが極めて優れた働きをするのですが、ビタミンAの弱点はすぐに劣化してしまうことです。

そこで、良質のビタミンCが必要となってきます。

ビタミンCはコラーゲンの原料であるばかりでなく、皮下でビタミンAを再生するのに必要な物質なのです。

彼はVCIPという脂溶性のビタミンCが極めて効果的だと話していましたが、僕の経験では日本人の肌にVCIPを使用してしまうと5%ぐらいアレルギー反応が起こってしまいます。

僕はクリニックFのビタミンCローションの原料となっているビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)の話をしました。APPSは日本の昭和電工が開発したので、国産原料なのです。これには、Drフェルナンデスも大変大きな興味を示し、お互いにとても有意義でおもしろい話ができましたよ。

208_2 ディスカッションの後、施設内を案内してくれました。

こちらはエンビロンの教育室。

210 またスポージムも充実しています。すばらしい総合アンチエイジングセンターでした。

こんなアンチエイジング複合施設を作ることができたらいいですね。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


南アフリカの美容雑誌

200 ルネサンス・インスティテュートの待合室で、フェルナンデス医師を待つ際に、こんな美容雑誌を見つけました。

201 いろいろなレーザーの説明がある中、キュテラ社のパール。

202 リライアント社のフラクセル。

203 そしてサマージ社サーマクールなど、クリニックFにもあるメニューが散見されました。

南アフリカもレーザー機器が揃っていますね。

さすがにクリニックFのように、一つのクリニックにこれらの三つのレーザー機器があるクリニックはなかったですが…。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 


南アフリカのクリニック

198 受付で取り次ぎを頼み、クリニックの待合で待たせてもらいました。

このオフィスは3人のドクターが共有していて、受付も3人スタッフがいます。

お客さんがひっきりなしにやってくるので、人気の様子が伺えます。

199 外には南アフリカの借景が見えます。

205 内装の一部。

受付もそうですが、茶やベージュを基調としたシックなかんじでした。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


ルネッサンス・ボディサイエンス・インスティテュート

早朝にケープタウンを出て喜望峰を回り、再びケープタウンに戻ってきて午後2時半。

012 楽しみにしていた会合のために、「Renaissance Body Science Institute」へ向かいます。

194この施設は、ビタミンAを中心とした化粧品による肌の「光老化」対策、若返りシステムを提案している「エンビロン(Environ)」社を率いるドクター=DBフェルナンデス氏が総力を集めて創り上げた、南アフリカ随一のアンチエイジングセンターなのです。

大きな5階建てのビルが、ダウンタウンにあります。

195 入口はこんな感じです。

196 建物の中は

1階が駐車場

2階が形成外科、皮膚科のクリニック

そして

エンビロンシステム教育室

3階が3室のTheater(手術室)

4階に食事療法室

4-5階にまたがってマシンジムセンターがあります。

素晴らしい構成です。

世界の最新レーザー情報 

http://clinic-f.com/


12

新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -