TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

誰もいない香港空港の写真

いよいよ帰国のため、香港空港に着いたのは、まさに真夜中です。

香港から羽田のANA便は香港空港でも最も遅い便の一つなのだそうです。

001それにしてもびっくりしたのは、香港空港。24時間稼働かと思ったら、夜の11時を過ぎると店のシャッターが閉まり、ほとんど誰もいなくなるのです。

002 誰もいない香港空港です。

この写真を見たら、香港空港のいつもの混雑を知っている人は、驚きませんか?

いやあ、いい体験をさせていただきました。

006 真夜中に香港を出ると、羽田に早朝につくことになります。

富士山がきれいに見えましたよ。

早朝、出発を待つ羽田に並ぶJALの機体です。このあとクリニックFに出勤し、いつもの患者さんを相手に外来を開きました。

そんなわけで、結構長くなってしまったのですが、2009年、5月5日から9日早朝までの上海・深圳レーザー講演の報告ブログを終わりますね。

008


陸路香港へ

110 香港のナンバープレートと深圳のナンバープレートを持ったタクシーがやってきました。

ここから香港のボーダーまで約30分ぐらい。

112 陸路、中国の出国手続きと香港の入国手続きを車の中で行うことができるのです。

113 初めての経験でしたよ。

114 香港のボーダーを超えて、長い大きな橋を超えると、すぐに香港につくのです。


夜の深圳の繁華街

深圳の繁華街の真ん中には埋め立てで地上に残されたこんな船がありました。

103元はフランス国籍の船だったとか。

106この船をある会社が買い取り、レストランにしているのです。

105このレストランの反対側には、ゴルフの練習場がありました。日本と余り変わらない金額だそうですが、こちらではゴルフも人気なのだそうです。

この練習場の向こう。ずっと先に、海が見えるのですが、既にずいぶん前に、その場所まで埋め立てがされてしまったそうです。

そんなわけでこんな大きな船が陸上に残されているのです。

101上海から深圳という、中国大陸縦断。そして幾つもの病院見学と、3つの講演の旅。

104実はわずか四日のことでしたが、あと数時間でタクシーで陸路香港に入り、深夜の最終便で日本に帰ります。


中国の美容医療市場

今回の僕の講演を聞いて、ぜひ私たちの病院に一度来てもらえませんか? と声をかけてくださった施設がありました。

081 聞けばこの近辺でもっとも大きな総合美容病院だとのこと。

087通り沿いのこんなに大きな施設でした。このデパートのような建物の5階分がすべて美容のクリニックなのです。

089 もちろん通常の 美容レーザーのクリニックと

086手術室スタッフ、

099さらに メディカルスパのディビジョンの造りはすばらしいものでした。

093しかしながら、特に興味を持ったのは、 中医学を中心としたアンチエイジング漢方療法や、083

カラーコーディネーターによって 服装アドバイスをするといった、中国ならではのサービスも提供していました。

084どうすれば写真に美しく写るかとか、どのような服装をすれば自分の良さが生きるかなどの講座も開かれているのだそうです。


深圳でのレーザーワークショップ

034 そんな中、今回の中国最後のレーザーワークショップが始まりました。

046 この日は中国中から著名なレーザーの先生が集まったようで、僕は二番目の演題。約1時間20分のフラクショナルレーザーの講演を行いました。

054_2059この講演会は非常に好評で、多くのWEBに載せていただきました。

Laser
http://biz.cn.yahoo.com/09-05-/124/t637.html

http://www.vogue.com.cn/trend/life/2009-05-11/L0002006_1081.html

http://www.chinanews.com.cn/jk/hyxw/news/2009/05-11/1685665.shtml

http://www.cctv.com/video_union/20090511/110372.shtml

http://www.self.com.cn/Beauty/2009-05-11/L0002005_120942.html

http://www.modeview.com/0003/2009-05-12/L0003001_30617.html


深圳という新興都市

044

1980年の鄧小平により経済特区が指定されると、もともと小さな街が飛躍的な発展を遂げたのだそうです。事実上の歴史は30年ほどなのだそうです。

しかし、新興都市ならではのメリットもあります。この都市に住む人の中には日本に留学した経験を持つ人が多く、中国にしては珍しいぐらい親日の地域なのです。

教科書で教えられる日本ではなく、実際に日本に来て、日本人のパーソナリティーに触れた中国人は、皆日本が好きになると言っていました。 
0072020年には香港との合併が予定されており、そうなれば世界有数の国際都市が完成するというわけです。

043僕が宿泊し、ワークショップのあったシェラトンも、立派な建物でした。006

この日の講演の前に、地元の美容皮膚科に見学に行くことにしました。

014 この日は平日だったのですが、美容目的のお客さんが沢山いました。

013 015 018 レーザー機器もルミナス社を中心に、かなり質の良いレーザーやIPLがそろっていましたよ。

併設されたエステも、このようなデザイン。021

こちらの病院の看板となっている有名な女医さんだそうです。025

ご紹介いただきました。彼女もこの日の午後の僕の講演を聞きに来てくれました。


上海から深圳へ

講演が終わり、まだ明るいうちに上海虹橋空港に移動します。025

中国南方航空を利用して、香港の横にある深圳に移動します。

026香港、マカオに隣接する深圳は、経済特区に指定されていて、中国でも香港、マカオに次いで所得が高い地域だそうです。

上海と香港は、地図で見ると結構距離が離れています。

僕は今回、上海から入って、香港から帰るルートで講演を依頼された時、中国のことだから、まさか上海から香港まで夜行電車とかで移動させられるのではないかとちょっと心配したのですが、国内線の飛行機で移動すると聞かされて、正直安心しました(笑)。

031深圳の上空に差し掛かったのは夜の11時過ぎだったのですが、上空から見ると、ずいぶん光が見えます。

001タクシーで移動して、ワークショップの会場である深圳シェラトンに着いた時には、翌日の日付になっていました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -