TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ダニューブ川ほとりで会食を

セルビアのクリニック見学の後、皆でダニューブ川(ドナウ川)ほとりで食事をしにいきました。

Img_3484

とても感じのいい場所でしたが、実はセルビアの山岳地方で未曾有の洪水があった直後とのこと。

僕は海外にいたので知らなかったのですよね。

極めて長閑な風景に見えますが、この日は被害者のためにベオグラード中のお店で音楽は禁止という状態でした。

Img_3486

Img_3487

Img_3488

Img_3489

水量は増えていましたが、景色はこの通り。

Img_3491

Img_3492

こちらのレストランのメニュー。

Img_3496

僕は好き嫌いが無いので、セルビアっぽい料理を頼むよと言ったら、このようなビールと料理が。

Img_3497

Img_3498

Img_3499

Img_3500

Img_3501

どれもおいしかったですよ。

Img_3502

ドナウ川の畔で会食では、 宗教問題やユーゴスラビア問題なども話題に上がりました。

日本の宗教観についてずいぶん聞かれたので、日本人は無宗教だ言われるけれど信仰や生活習慣は、神道、仏教、禅と大きく3つに分かれ、それぞれの影響を受けているんだなんて話もしました。

仏教という言葉ばかりか、禅や神道という単語が彼らから出てきましたので、少々驚きましたが、海外に行くと必ず政治や宗教観の話になりますから、それについてどう答えるか自分なりの意見をきちんと話す必要性をいつも感じます。

世界の長い歴史の中では、わずかな主義主張や文化感の違いが、国を崩壊させるようなことにつながるわけですものね。

こうして考えると、日本人の共有している常識は、世界から見ると極東の一部の国の非常識なのかもしれません。

科学(医学と工学)という共通言語(専門分野)を持ちながらも、世界を実際にみながら、広い視野を身に着けたいと思いましたよ。

P5240137

ホテルに帰ると、目の前の夜景こちら。

初セルビア宿泊です。


セルビアのドクター訪問

セルビアの首都、ベオグラードで開業するDr Jeremic Igorのクリニックです。

Img_3439

Img_3440

ドクターIgorは、さっそくこちらに着替えてくれとピンク色の術衣を持ってきてくれました。

Img_3451

今回の見学の目的は、エルマン社のペレヴェのボディ用の最新機器を観ること。

空港まで迎えに来てくれた二人は、セルビアでエルマン社の商品を売る企業の人だったのです。

Img_3442

彼らとお別れし、さっそく見学に。

Img_3449

Img_3441

Img_3455

こちら、ベオグラード大学の卒業証と、医師免許だそうです。

Img_3453

Img_3458

施術を4時間ばかり、見学したでしょうか。

こちらはクリニックの庭での写真。

Img_3466

Img_3468

途中、友人のDr.Branko Trklja MFHが合流。

Img_3463

Img_3471

手術見学の後のショット

二人とも大柄です。

Img_3478

その後はドナウ川沿いのレストランで、会食をしようということになり、イゴールの車で移動します。

Img_3482


ウィーン経由でセルビアへ

イタリアはボローニャから、ウィーン経由でセルビアに到着。

Img_3407

212

Img_3412

こちら空港で観たセルビア航空。珍しいですね。

Img_3416

こちらがベオグラード空港になります。

Img_3417

セルビアは元ユーゴスラヴィア圏内で、人口200万人の小さな国。

欧州の中では決して裕福な国ではありません。

こうした国ではタクシーに不安もあるのですが、今回は、空港に迎えが来てくれて市内まで移動します。

Img_3422

高速道路。

こちら、ベオグラードの街の入口のビルだそうです。旧ソ連時代の産物です。

Img_3427

Img_3433

まず到着したのは、こちらです。看板にご注目。

Img_3437

Img_3438


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑧ 初めてのセルビア ドナウ川を眺めながら

ウィーンでトランジットののち、セルビアに無事入ることができました。

初めてのベオグラードです。

Photo

Dr. Bojana i igoriとDr.Branko Trklja MFH。手術見学の後のショット

彼らはセルビア人の中でもとても大柄で、俺たちはまるで君のボディーガードみたいだな、なんてジョークを言って笑いました。

Photo

Dr. Bojana i igoriのクリニック見学後、彼の友達のDr.Branko Trklja MFH、Patrick Blayaが合流。

ドナウ川の畔で会食となりました。

宗教問題やユーゴスラビア問題について語り合いましたよ。

日本の宗教観についてずいぶん聞かれたので、日本人は無宗教だ言われるけれど信仰や生活習慣は、神道、仏教、禅に大きく3つに分かれ、それぞれの影響を受けているなんて話もしました。

海外に行くと必ず政治や宗教観の話になりますから、それについてどう答えるか自分なりの意見をきちんと話す必要性をいつも感じます。

アジア人がほとんどいない国なので僕の話は興味深かったようです。皆とてもインテリジェントで、僕も良い刺激を受けています。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -