TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

米国レーザー医学会ASLMS2017 サンディエゴ 寄稿その2

米国レーザー医学会ASLMS2017 サンディエゴ 寄稿その2

今回の学会の特別講演は1973年ピューリッツァー賞「ベトナムの少女」で有名なキム・フックさんでした。

有名な写真が画面に現れると、皆が声を上げます。

南ベトナム軍の空軍機がナパーム弾を投下、キム・フックさんが暮らすチャンバンは空襲を受けます。

その当時、9歳だった左半身を中心に重度の熱傷を負い、一命は取り留めたものの、現在に至るまで合計17回の外科的治療を受けたのだそうです。

ベトナム戦争についてアメリカ世論がどう考えているのか詳細にはわかりませんが、こうした取り上げ方をするのは、アメリカの学会らしいと思いましたよ。

彼女は幾多の試練を乗り越え、1992年にベトナム人と結婚し、現在は2児の母親としてカナダはトロントに在住しています。

熱傷後の瘢痕に対しては米国人医師の元、レーザーを中心に治療されており、ASLMSの発展を心より応援していると締めくくりました。

講演中、多くの聴衆が涙を流し、感動していました。

僕も、キム・フックさんの体験や苦労に思いをはせると同時に、彼女を演者として招待するアメリカ人の姿勢や、学会参加者の医師の表情に心を打たれました。

この話を直接拝聴できただけでも、本学会は大満足でしたね。

ベトナム_1

ベトナム_2


米国レーザー医学会ASLMS2017 サンディエゴ 寄稿その1

米国レーザー医学会ASLMS2017 サンディエゴ 寄稿その1

2017年4月5日から4月9日まで開催された米国レーザー医学会。

帰国後、すぐにイギリス出張で時間が経ってしまいましたが、総括しておこうと思います。

今回はサンディエゴ開催。

僕は4度目のサンディエゴでしたが、ご存知この街はアメリカの最西南端に位置し、メキシコのティファナに接する都市です。

学会中は厳寒酷暑もなく、非常に過ごしやすい気候でした。

また、『トップガン』の舞台になったように、米軍基地の街でもあり、海軍や海兵隊の基地が散在します。

特に、空母ミッドウェイは圧巻で、夕日に映える航空母艦には毎回感銘を受けます。

本学会は475題の応募があり、ポスター発表も含めて375題の演題が登録され、査読を通過した一般の口頭発表が220題ありました。

内容は大きく分けて、

①皮膚の分野が85題、

②基礎研究の分野が98題、

③その他(歯科、婦人科、抗癌治療等)

が79題の3つに分類されます(一部重複あり)。

皮膚の演題に関しては基礎研究よりも招待講演やシンポジウムが多くなるので、一般の演題数は少なくなっています。

しかし、メインホールでの講演は殆どが皮膚の分野であり、聴衆も多く、やはり一番興味を引く分野ではあります。

アメリカ_1

アメリカ_2

アメリカ_3

今年は、業界上位3社のシネロンキャンデラ社、ゼリティック社、サイノシュア社の買収というショッキングな報告からスタートしましたが、画期的な機器の登場というより、既存の機器のエビデンス固めと基礎研究の充実という傾向が見られました。

皮膚に関しては、PICOレーザーからLLLT(低レベル出力レーザー治療)まで幅広い分野で議論が交わされていましたが、特にPICOレーザーではこれまでになかった中規模な臨床研究の結果が出始めています。

前向き、単or 2重盲検、ランダム試験の報告が2題あり、徐々にではありますが刺青以外の美容目的でのPICOレーザーに関するレベルの高いエビデンスが確立されてきました。

一方、レーザーの抗腫瘍効果の報告も多く、既存のYAGレーザー等を用いた基底細胞癌(1題)や悪性黒子(1題)、乳癌に対する放射線治療後(2題)の治療成績等が優秀演題として表彰されました。

同時に、良性腫瘍や神経疾患、殺菌等に関するPDT(Photodynamic Therapy)治療も注目されています。

PDTによる光免疫療法に関しては2012年にオバマ大統領が革新的ながん治療法であると誇ったように、今後、注目されていく分野であり、邦人では、アメリカ国立衛生研究所の小林久隆先生が最前線で活躍されています。

基礎研究に置いては、僕の発表もその一部でしたが、Laser assisted Drug Deliveryに注目が集まっており、フラクショナルレーザーに伴うシスプラチン(抗癌剤)の局所投与がsession awardとして表彰されていました。

また、Women’s Healthcare(膣弛緩症や腹圧性尿失禁等)分野のレーザー治療に関する演題は18演題あり、注目されている分野の1つです。

従来のCO2レーザーによる成績報告を認める一方で、Fotona社のインティマレーザーの報告が増えています。

インティマレーザーは粘膜に対してより低侵襲で、深部まで作用が到達する利点があり、今後、その需要は伸びていくことが予想されます。


本日のUSA Today

朝7時 本日のUSA Today。

帰国後すぐに欧州なので、シリア問題が気になりますね。

新聞_1

新聞_2

これから出国便までの間に、頭をビジネスマンに切り替えて、ある絡みで出資依頼のある米国の上場企業を訪問してきます。


サンディエゴ最後の夜。

サンディエゴ最後の夜。
世界一流の研究を聞き、多くの事を学び、気付きと発見がありました。
昨日学会関係者はほとんど帰ってしまいましたが、僕はサンディエゴでもう1日過ごす事にしました。
一人でいる時間は色々考える事が出来ますので貴重ですね。
sd
ここ7年ぐらい、僕はレーザーの知識を深める為に工学博士に薬学博士と、あえて医学とは違った方向からレーザーの研究をしてきましたが、僕が50歳を迎えるまでのここ数年で、医学臨床のレーザークリニックについては総決算をしても良いのではと思っています。
専門性独自性の高いレーザークリニックとしてのクリニックFの価値をより高めさらに進化させる為に、今後はどんな努力をするべきか、そしてその優先順位を集中して考えてみたいと思います。
一言で言うと、うちでしか出来ない新たな若返りの価値観を提供するという事ですが、やはり僕の努力やこだわりが分かってくれる人だけに今後も新たな価値を提供してゆきたいなあ。
やっぱり会員制ですかね。

ASLMS 2017マンスタイン博士のカッティングエッジの講演

今年のASLMS米国レーザー医学会では新規の機器はあまり発表されませんでしたが、講演は面白かったですね。
数年前ピコレーザー一色だった講演も一巡し、レーザードラッグデリバリーや脂肪溶解、スキンリサーフェシングの研究発表が再び増えました。
FDAの方針でスキンタイトニングの測定法について統一基準がないことを指摘されたようで、こちらの発表は下火になりつつあります。
新しい測定機器の開発が必要ですね。
個人的にヒットしたのはマンスタイン博士のカッティングエッジの講演です。
a1
皮膚ケラチノサイトにはエンドルフィン、オキシトシン、セロトニンという幸せと快楽を感じる3種類のホルモンの発現が関わっているので、レーザーを用いることで、これらを発現させる経路が活性化できないかというもの。
興味あります。
研究してみたら面白いかもしれません。

ASLMS 2017 発表無事終わりました「フラクショナルレーザーの機能性リポソームを用いたドラッグデリバリー」について

学会の発表無事に終わりました。
47114712471347144710
フラクショナルレーザーの機能性リポソームを用いたドラッグデリバリーについて。
薬学系大学院の発表演題の総決算です。
日本の仲間もたくさん聞きにきてくれました。嬉しかったです。

ASLMS2017 ビッグニュース

米国レーザー医学会レジストレーションしてきました。

aslms2017_7

aslms2017_8

今年の僕の発表は臨床演題としてトゥルースカルプの顔痩身の演題。

aslms2017_11

基礎演題として温度応答性のリポソームを利用したフラクショナルレーザードラッグデリバリーの演題です。

aslms2017_9

aslms2017_10

ビックニュースとしては、ゼリティック社、サイノシュア社に引き続き、

シネロン/キャンデラ社のファンドによる買収が決まったそうです。

これで米国レーザーメーカーのビックスリーが買収されるという2017年は波乱の事態に。

来ないとわからない情報ですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -