TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ルーマニアからの帰国

008 実り多きルーマニアのEADV ヨーロッパ皮膚科学会も終了し、

007帰国の途につきました。

以前は共産圏の国の空港や駅の内部で写真を撮ると、カメラを没収されたそうですが、今回は大丈夫でした(笑)。

012 帰りもオーストリア航空です。機上から見ても、のどかな田園風景が続きます。

006 空港で、ルーマニアの記念になるお土産を探したのですが、なかなか見つからず。

001結局ブルガリアで買ったこんなハーブティーが今回のクリニックへのお土産になりました。

002 このお茶。ブルガリア語の表記でよくわからなかったのですが、ハーブに詳しいクリニックFのスタッフが、「これは女性にとってかなり良い成分がたくさん含まれていますよ。」

と言っていました。

お客さんでご希望の方にはお出ししていますので、お声を掛けてください。


「国民の館」とマイケル・ジャクソン

そもそもルーマニアの人たちは英語をほとんど話しません。

街中で、とあるルーマニア人に「この建物は英語で何と言うのか知っていたら、教えてくれないか?」

と、聞かれたぐらい。共産国であったルーマニアには、英語がまだまだ通じる人が少ないのです。

明らかに見た目東洋系の僕なら、英語を話すのだろうと思ったのでしょう。

きっと多くの観光客がこの建物の名前を聞くのだとおもいますよ。

048実際にこの「国民の館」の観光をして、とにかく度肝を抜いたのはこの建物の大きさです。

この建物。人工の建造物の面積としては、なんとアメリカの国防省ペンタゴンに次ぐ広さ。

建造物の容積としては、1位のフロリダのスペースシャトル格納庫。

2位のメキシコのチョルラの大ピラミッド。

この建物の容積は、それらの巨大建造物に次いで、第3位なのだそうです。

2008年にフロリダで行われた米国レーザー学会の時に見学した、フロリダのスペースシャトルの格納庫には、内部構造はほとんどありませんでした。メキシコのチョルラのピラミッドも見た目は小高い丘のようなもの。

この「国民の館」は、人が実際に生活できる建築としては、間違いなく世界一の容積なのです。

ちなみにこの建物、上から見ると正方形で、4面すべて対称の構造です。

つまり、この写真から見えている部分は1面だけなのです。いかに巨大かは、推して図るべし。カメラもかなり引いて遠くからとらないと、建物全体が写りません。

現在は一部が国会議事堂。一部が観光用として使われていて、使っていない部屋の電気は節電のため、消してあります。莫大な費用がかかるのだそうです。観光するグループが部屋に入るときに、ガイドが部屋の電気のスイッチを入れるのです。

この世界最大の建築物が当時のルーマニアの経済力といかに不釣り合いだったか、よくわかります。

ガイドによると、ギザのエジプトのピラミッドはこの建物に次ぐ第4位の容積を持つ建築物なのだそうです。

Img_0033 部屋数は3107室。

チャウシェスクが銃殺されるまで、この建物の建築工事が進んでいたようですので、さらに拡大した可能性もあるわけです。

カーテンや家具などの調度品も、それぞれの部屋に合わせて特注したとか…。

この階段は、チャウシェスクが最もお金をかけて改造したものだそうです。背が低かった彼が階段に立ったときに、最も見栄えがするサイズに何度も作り替えたそうですが、高額な白い大理石を使っています。

Img_00251965年に政権を握ったチャウシェスクは、多額の対外負債を返済するために、商品作物大量に生産させ、輸出にあてるといった飢餓輸出を政策として行い、トランシルバニアのハンガリー人を弾圧。

さらにすべての女性に5人までの出産義務を課すなどとした政策を断行し、自身は妻のエレナと放蕩三昧の生活を送ったといわれています。

Img_0026結局、1989年にソ連でゴルバチョフ政権が起こり、ペレストロイカを推進すると、東欧も民主化の流れで革命が起こり、1989年12月のクリスマスの日にチャウシェスクは公開銃殺されました。

Img_0042 この不毛な建物を見ると、国民の怒りがどれくらいのものだったのかがわかります。

この大広間の中央には、民衆に対して語りかけることができるバルコニーがあります。

Img_0041

統一大通りと呼ばれるこの大通りがここから見渡せるのです。

この通りは国民の館を起点に約4kmあるのですが、もちろん、パリのシャンゼリゼ通りを模倣したもの。長さも幅も、ほぼシャンゼリゼ通りと同じ大きさなのだそうです。

通りの左右には高級官僚が住む予定だったアパートメントが立ち並んでいますが、ルーマニアの国力からすると、法外の建設費がかかっているようで、通り沿いに住民はまばらです。

実は当のチャウシェスクが、このバルコニーから国民に対して演説をする機会はありませんでした。

英語のガイドによると、このバルコニーから演説をする機会があった人物が一人いたのだそうです。

それは世紀のスーパースターであるマイケル・ジャクソン!!

コンサートでルーマニアに立ち寄ったマイケルが、この窓からファンに向かって叫んだ最初の言葉は、

「ハロー・ブタペスト」。

でも、この地は「ブカレスト」。「ブタペスト」はハンガリーの首都ですよね(笑)。

そのほか、英語ガイドさんのシャウチェスクについての歯切れのいいジョークに、皆、笑っていました。

ツアー中だけでも英語が通じるのは本当に気持ちが楽で、僕はガイドさんにはいろいろと質問したり、話しかけてしまいましたよ。

世界の最新レーザー情報 


ルーマニアの首都ブカレストと「国民の館」

005 ルーマニアの首都ブカレストは、20世紀の初頭には、バルカンの小パリといわれるほど美しいところだったようです。

050  確かに街を歩いていると、そういった雰囲気もわかります。

022 こちらの建物は市庁舎ですが美しいですよね。

068こちらは街から少し離れたところにある凱旋門。

パリのものよりも小ぶりですが、立派なものでした。

024 こちらは小説のドラキュラ伯爵のモデルといわれるワラキア公ヴラド3世が15世紀に築いた砦の跡です。この地はブカレストでも最も古いエリアです。

先に見える教会はブカレスト最古のクルテア・ヴェケ教会。1559年のものです。

029

ちょうどミサが行われていましたが、こちらは東方ルーマニア正教の教会ですね。

038こうした古い街並みは、共産党の特にチャウチェスクの独裁政権時代に破壊されてゆきました。

古い教会などが、メガロマニアといわれたチャウシェスクによって巨大な(模倣した)建造物に代えられていったのです。

この通りは統一大通りというもの。

遠くに見えるのが「国民の館」と呼ばれる彼の宮殿です。

ルーマニアではあまり観光の時間がなかったのですが、この1500億円以上かけたといわれる宮殿の英語ツアーがありましたので、これだけは観たいとおもい、行ってきました。

続きは明日のブログで…。


欧州アトピー性皮膚炎事情

047 会場は11階です。

11階からの景色はこんな感じ。

目の前に湿地帯があります。

右の先に見えるのは、ルーマニア・ブカレストの中心地。

052

学会会場に展示してあるボードを見て、興味のあるプログラムを探します。

038いくつか興味深い発表がありました。

039この部屋で行われた講演は、アトピー性皮膚炎などの敏感肌に対する、新しい化粧品の検討。

041アトピー性皮膚炎は、日本だけではなくてこのヨーロッパでも大きな問題になっているのです。

045 ルーマニアで開催されたヨーロッパ皮膚科学会の出席参加修了証(サーティフィケイト)です。

修了証の背景はルーマニアを代表する美しい建築物の、アテネ音楽堂。

004 ホテルから近い場所だったので、翌日、早朝に訪れてみましたが、こんなにきれいなところでした。

中には入れませんでしたが、この場所ではクラシックコンサートがよくおこなわれるそうです。

行きたかったですね。


ポスターセッション

018 医療系の学会では「ポスターセッション」と呼ばれるブロックがあります。

写真のように、様々なドクターによるポスター展示での発表が並ぶのです。

今回ルーマニアで開催された、ヨーロッパ皮膚科学会(EADV)では、僕もこのポスターセッションに参加させて頂きました。

024 ポスターを貼る、指定された場所を探します。

020 レーザーのセッションの場所に、指定された場所を見つけました。

今回の僕の演題は、

「COMPARISON OF SCANNED (FRAXEL Re:Store) VERSUS RANDOMIZED (MOSAIC) FRACTIONAL LASER RESURFACING 1550NM」

照射方法が、スキャンタイプとランダマイズタイプのフラクショナルレーザー。つまり「フラクセル:リストア」と「モザイク」の比較実験です。

021この二つの機器は、1550nmという近赤外線のほぼ同じ波長を使ったフラクショナルレーザー。

しかしながら、治療効果は明らかに違います。

レーザー治療に関わるパラメーターはいくつもありますが、僕のブログに書き続けてきたように、その中でも特に「波長」ばかりが主体で研究が進んできたといえます。

しかし、照射パターンによっても非常に効果が違うのです。

僕のクリニックFでは、同じニキビ肌や毛穴の治療でもその治療時期や場所によって、フラクショナルレーザーの機器を入れ替えて使っています。

気がつけばまわりにわらわらと各国のドクター達が集まってきます。質問をいくつも受け、さらに詳しく話をすると、皆非常に驚かれていました。

023 ポスターを見にきた先生のひとりに写真を撮ってもらいました。

033会場の中の展示会場ブースには、いくつかのレーザー会社の展示が見られました。

032しかし、どちらかというと、化粧品や、ヒアルロン酸などの消耗品の商材紹介の会社が多かったですね。


ヨーロッパ皮膚科学会会場

053学会会場に入ると、ホテルのロビーで、会員の医師たちが皆くつろいでいます。

055今回は日本で事前登録をしてきたので、あまり待つこともなく、無事に学会のレジストレーションを終えることができました。

044ヨーロッパの学会は、良くも悪くも階級制?です。

参加者のクオリフィケ-ションによって名札のカラーが一人一人違うのです。

025僕はDelegate(代表団(メンバー医師のこと))のブルーの名札でした。

会場でも、同じ色の名札を付けている人は、同じクオリフィケイションの会員ですので、初対面でも話がはずむという仕組みなのです。


ルーマニアの首都・ブカレストへ

さてこの列車、陸路で国境を超えるので、朝3時ごろに起こされて、出国手続きと入国手続きを車両で行いました。

Img_2239ヨーロッパの国境を列車で超えたのは初めての体験。パスポートに汽車のマークがつくんですね。日付を消してアップしますが、こんなスタンプでした。

003_3ちょっと嬉しかった反面、列車がブカレストに到着したのは、早朝5時半。

中途半端に飲んだお酒も切れず、ほとんど眠っていなくて、よれよれでした。

004公共の交通機関が早朝で全くないため、駅のホームのATMでルーマニアのお金を引き出しました。

ブカレスト駅で、待ちのタクシーが沢山いたので、先頭のタクシーに乗ったのですが、これが間違いでした。

念のため料金交渉した後に車を出したのですが、ドライバーがいつまでたってもメーターを動かしません。

これは確実にぼったくるつもりだな、と思い

「メーターをちゃんと動かしてくれ」

と言ったのですが、

「今日は休日出勤なんだ」

と言って、動かす気配がありません。その場で降りたいと思っても、トランクに荷物も積みっぱなしです。

「メーターを使わないならお金を払わないよ」

と主張したら、

「それは困る! 俺には7人も子供がいて、大変なんだから!」

と、のたまうのです(笑)。

「俺だって日本に帰れば11人も子供がいて、もっと大変だ!」

と、僕も負けずに言い返してみましたが(苦笑)、冗談を交わして笑いあうような友好な関係にはなれそうもなく、そのうち払う、払わないで言い合いになり、結局最後は眠気と疲れに勝てず、もうとにかく早くホテルの部屋で眠りたい・・・と、ドライバーに提示された金額の半分を支払い、領収書を請求しました。

それでも相場の5倍以上ですからね。

ようやくホテルに朝の6時すぎに到着すると、今度はチェックインが12時までできないというのです。

今日のうちに学会会場に行かなければならないので、そんなわけにはいきません。

こちらもなんとか交渉してホテルの部屋に入れてもらい、シャワーを浴びて3時間ばかり仮眠を取りました。

007 僕のホテルは、ローマ広場と呼ばれている街の中心地にあったのですが、

012 今回の学会会場は、町の中心部よりかなり遠いところにあることが分かって、やむなく地下鉄を利用することに。

058 長い道のりを経て、やっと、やっとヨーロッパ皮膚科学会(EADV)が開催されていたRin Grand Hotelにたどりつくことができました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -