TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ルーマニアの首都・ブカレストへ

さてこの列車、陸路で国境を超えるので、朝3時ごろに起こされて、出国手続きと入国手続きを車両で行いました。

Img_2239ヨーロッパの国境を列車で超えたのは初めての体験。パスポートに汽車のマークがつくんですね。日付を消してアップしますが、こんなスタンプでした。

003_3ちょっと嬉しかった反面、列車がブカレストに到着したのは、早朝5時半。

中途半端に飲んだお酒も切れず、ほとんど眠っていなくて、よれよれでした。

004公共の交通機関が早朝で全くないため、駅のホームのATMでルーマニアのお金を引き出しました。

ブカレスト駅で、待ちのタクシーが沢山いたので、先頭のタクシーに乗ったのですが、これが間違いでした。

念のため料金交渉した後に車を出したのですが、ドライバーがいつまでたってもメーターを動かしません。

これは確実にぼったくるつもりだな、と思い

「メーターをちゃんと動かしてくれ」

と言ったのですが、

「今日は休日出勤なんだ」

と言って、動かす気配がありません。その場で降りたいと思っても、トランクに荷物も積みっぱなしです。

「メーターを使わないならお金を払わないよ」

と主張したら、

「それは困る! 俺には7人も子供がいて、大変なんだから!」

と、のたまうのです(笑)。

「俺だって日本に帰れば11人も子供がいて、もっと大変だ!」

と、僕も負けずに言い返してみましたが(苦笑)、冗談を交わして笑いあうような友好な関係にはなれそうもなく、そのうち払う、払わないで言い合いになり、結局最後は眠気と疲れに勝てず、もうとにかく早くホテルの部屋で眠りたい・・・と、ドライバーに提示された金額の半分を支払い、領収書を請求しました。

それでも相場の5倍以上ですからね。

ようやくホテルに朝の6時すぎに到着すると、今度はチェックインが12時までできないというのです。

今日のうちに学会会場に行かなければならないので、そんなわけにはいきません。

こちらもなんとか交渉してホテルの部屋に入れてもらい、シャワーを浴びて3時間ばかり仮眠を取りました。

007 僕のホテルは、ローマ広場と呼ばれている街の中心地にあったのですが、

012 今回の学会会場は、町の中心部よりかなり遠いところにあることが分かって、やむなく地下鉄を利用することに。

058 長い道のりを経て、やっと、やっとヨーロッパ皮膚科学会(EADV)が開催されていたRin Grand Hotelにたどりつくことができました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -