TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

パークアヴェニューで最も有名な美肌クリニック

025

米国キュテラ社クリスの計らいで、今回ニューヨーク パークアヴェニューにある、Dr.Sadickのクリニックを訪問させていただきました。010_2

彼のクリニックはNYでも最も有名なレーザー皮膚・形成外科クリニックのひとつです。Sadick医師は、あのクリスチャンディオールの化粧品アドバイザーでもあるとのこと。

018クリニックの中に入ると、このように綺麗な待合室にたくさんの患者さんがいます。男性と女性が半々ぐらいの割合でいるのは、アメリカならではというところでしょうか。

016 壁には彼の開発したドクターズコスメが並んでいます。

ニューヨークシティのアッパーウエストと言えば、まさに高級住宅街。美容レーザークリニックは数多く存在しています。その中で多くの患者さんに選択され、クリニックとして勝ち残っていけるのは、彼に特別な才能があるのだと言う以外はありません。

サディック医師と写真を撮りましたが、おそらく50代にもかかわらず、肌も歯もピカピカと光り輝いています。

僕も見習わなければなりませんね(笑)。

ところで、NYCで最先端の治療を行うクリニックをマネジメントしているサディック医師。

今回、彼が選択して所有しているレーザー機器を見せていただきましたが、クリニックFにあるレーザー/光治療器の布陣とほとんど同じものでした。ほんと、不思議なぐらい。

以前にも何度か書いていますが、レーザーは一台買うのに高級外車一台分の費用がかかります。厚生労働省の認可に時間がかかるため、最新型のレーザーを購入しようと思うと、医者個人が「個人輸入」の形をとるしかない。日本では原則としてリースも利きません。

また、日本では株式会社によるクリニック経営が認められていないので、出資を募るわけにもいきません。購入資金は医者がひとりでなんとか賄うしかないのです。そういう意味で、レーザーを扱うクリニックの院長を務める日本の医師は多分皆、一台治療器を購入する度に、ギャンブルをしているような気持ちになるのだと思います。

「こんな高額な機器を買ってしまって、本当にやっていけるのだろうか?」

と相当悩みますし、似たような効果を謳う機器の中からひとつだけを選ぶことに対して、勇気もいるのです。

同業者のクリニックに行って機器のラインアップと内装を見れば、どんな性格の方なのか、大抵わかりますよ(笑)。ゴルフと一緒ですね。

話はすこし逸れましたが、こうした背景があるので、海外の著名なドクターや自分の大先輩にあたるサディック先生のような医師が、自分と全く同じ機器を取り揃えておられるのを見ると、とても嬉しくなってしまうのです。

自分の選択が間違ってなかった、と思うんですよね。

レーザーについてのより詳しい話は、また明日のブログで書きますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -