TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ジャカルタで取材を受けています

引き続き僕はジャカルタにいます。

こちらの時差は日本から2時間遅れですので、朝は早くに目が覚めて楽ですが夜は会食中から少々眠くなりますね(笑)。

昨夜は、ドクターの指導や取材、打ち合わせなどを終えた後、夜の会食を兼ねたプレゼンテーション前にグランドハイアットのスパでマッサージを受けました。

途中完全に寝落ちしていましたが、指圧を中心に組み立てられたオイルマッサージは気持ちよかったです。

こちらでは、業務の合間にいくつもの日本語資料をその場で英語に訳し、プリントアウトしていくという作業もありますので、朝から夜まであまり息つく暇もありません。

ホテルとクリニックとの往復はすべて車で関係者と一緒ですから、外気に触れる事もほとんどありません。

出張の最後の方は集中力との勝負になってきますので、こうしたマッサージなどで途中リフレッシュ出来ると助かりますね。

取材風景などをすこしご紹介しましょう。

10357457_10204668269935095_528439_5

10620614_10204668270455108_62493428

10603390_10204668270935120_68752412

ウェディング雑誌や、富裕層向けの専門誌など。

これまでジャカルタの富裕層はこうした治療を受けたければシンガポールに行くしかなかったようです。

インドネシア〜シンガポール間を飛ぶシンガポール航空は、大家族に加えお手伝いさんやベビーシッター、時にはマッサージセラピストも同行させるインドネシアの富裕層で座席が一杯なのだとか。

政治や経済の状況が不安定な事で過去に辛酸を舐めた経験から、ある程度の富もシンガポールに移動させてあるようですね。

ジャカルタ〜シンガポールは飛行機で2時間弱ですから、沖縄や北海道から東京に来る、というような感覚なのでしょう。

とはいえ、それも負担が全くない訳ではありませんから、ジャカルタ市内にこうしたレーザークリニックが出来た事は歓迎されている一面が確かにあるようです。

それを見てここにも、と考えるマレーシアなどの国もあるようですね。

環太平洋という視点で経済を見ることは、日本国内にいるとなかなか叶わない現状がありますので、ここで様々な人に会ったり話を聞いたりする事は大変勉強になります。

実際昨夜も新しいビジネスのプレゼンを行なってきましたが、日本に会社を興す意味はどこにあるのか? という議論から発展して様々な意見を聞く機会を持つ事が出来ました。

医療/工学/経営という僕自身が興味を持ち勉強している分野を繋ぎ合わせて、様々な模索を行なっています。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -