TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2014年4月 第34回ASLMS in Phoenix⑪ ビバリーヒルズにて 超高級車 ブガッティ・ヴェイロン

おはようございます。今日は5月16日(金)。

クリニックFの診療日です。

今週は明日の土曜日まで通常診療を行った後、来週月曜日より一週間お休みをいただき、セルビアで開催される欧州皮膚科学会への参加及びイタリアのレーザーメーカーとの打合せに行ってきます。

クリニックFの僕の外来は26日(月)より再開しますので、またしばしの間ご迷惑をおかけしてしまいますがよろしくお願いいたします。

***********

昨日の木曜日は休診日でした。

1959515_10203930576453219_4679584_2

僕は大学院薬学研究科の講義を受けに大学へ。

こちらは研究室の窓から見た増上寺。見事なお寺ですね。

この増上寺は、空海の弟子であった宗叡が武蔵国貝塚のあたり・・・現在はちょうどクリニックFのある千代田区麹町・紀尾井町のあたりに建立した光明寺が前身なのだそうです。

徳川菩提寺は寛永寺と増上寺に分かれていますが、これにはちょっと深いわけがあります。

風水学的には、寛永寺を江戸の鬼門である上野に配し、裏鬼門である芝の抑えに増上寺を移したものといわれています。

徳川家康が菩提寺に決めたのは増上寺。

彼は後に東照宮で神式で祭られることになります。

二代目の秀忠はそのまま増上寺に仏式に葬られましたが、三代目の家光は寛永寺の天海に帰依したために、第四代将軍家綱と、第五代将軍綱吉は寛永寺に葬られました。

この件に関し増上寺が意見をしたため、6代将軍家宣は増上寺に葬られ、以後の将軍は交替で増上寺と寛永寺に葬られることになったのだそうです。

※※※

昨日の講義は、「薬物送達システムによるバイオ創薬」 講師は岡田DDS研究所所長、東京薬科大学名誉教授の岡田弘晃博士です。

「必要なときに、必要な量を、必要なところに」薬剤を搬送するために、

①吸収促進

②放出制御

③標的化

を軸に薬剤を開発するのですが、これが理詰めで実に面白いのです。

医師を職業とするときに一生勉強しようと心に決めましたが、この仕事に従事していると嫌々ながら無理に勉強するというのではなく、自然と学びたいものが次々と出てきます。

知的好奇心を満たしてくれる、本当に自分に合った良い職に巡り合ったものだと、今でも思いますよ。

さて、僕のブログは引き続きLAでの話を。今日はビバリーヒルズについてです。

※※※

Img_2121

ハリウッドのセレブリティなど多くの邸宅が立ち並ぶ、全米有数の高級住宅街として世界的に知られているビバリーヒルズ。

時を経てもそのブランド力は見事なものです。

Img_2147

ロデオドライブ。

Img_2128

歩いていて楽しい街です。

Img_2131

リシャール・ミルのお店がありますね。

Img_2133

Img_2134

Img_2137_2

Img_2138

Img_2139

この街を歩いていて楽しいのは、高級車のウォッチング。

これだけ高級車が路上に停まっているのを観ることができるのは、ここ以外ではマイアミの一部かモナコぐらいでしょうか?

Img_2141

フェラーリ・カルフォルニアです。

Img_2146

ボルシェ・カブリオレ。

Img_2125

驚いたのはブガッディがありました。

Img_2206

市場価格一億円を超える、超スーパーカーです。

Img_2207

AMG SLS

Img_2210

古いBMW。

Img_2148

ロールスロイス。

Img_2154

ベントレー。

Img_2160

さながら高級車のショールームですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -