TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2014年4月 第34回ASLMS in Phoenix⑧ 研究者の6つの心得 スターオブハリウッド ハードロックカフェ ハーレーダビットソン

おはようございます。

5月13日(火)、今日の都内は雨模様ですね。

クリニックFの診療日です。

※※※

昨日は夕方よりクリニックの診療枠を閉めて、薬学部の後期博士課程の講義をうけてきたのですが、非常に感銘を受けました。

慶應義塾大学理工学部生命情報学科教授を退官された柳川弘志博士の創案された、IVV( in vitro virus)法を用いたゲノム創薬について。

簡単に言えば、この技術は多様なタンパク質の中から、薬剤の反応する所望の機能を持つタンパク質のみを選び出す手技です。

医薬品開発において、開発された候補化合物に上市後予期しなかった毒性や副作用が発見されることがあります。

これは、特定のタンパク質がターゲットタンパクとは違うタンパクに対して、相互作用することによって生じます。

中には死に至ったり、催奇性のような大きな副作用を持つものもあるのです。

こうした薬剤と相互作用するヒトのタンパク質を、網羅的にスクリーニングすることが可能になれば、開発途上の薬剤や既知薬剤の主作用や副作用機序の解明につながります。

さらに、脱落候補化合物を再デザインすることにより、巨額な研究費のロスを防げるのです。

※※※

仕組みは分子生物学を学んだものにとっては至極簡単です。

抗生物質の一種であるビューロマイシンを、mRNAの3′末端にポリエチレングリコールスペーサーを介して結合させ、これを鋳型として無細胞翻訳反応を行うことで、タンパク質とmRNAがビューロマイシンを介して共有結合したIVV( in vitro virus)となります。

こうして構築したIVVライブラリーの中からベイト(タンパク質、DNA、薬剤、ペプチド、抗原など)と結合するタンパク質を含むIVVを試験管内で釣り上げた後、連結しているmRNAを逆転写、さらにPCRで増幅し、DNAシークエンサーを用いて塩基配列を解読するのです。

PCRで簡単に増殖できるmRNA複合体を標的タンパクにつけることで、反応するタンパクを見いだすなんて、まさにコペルニクス的展開です。

特に、この技術はドラックリポジショニング(既存の上市薬剤や、脱落した臨床開発途中の薬剤の、新規薬効を見いだして新たな治療薬として再生させること)に役立ちますね。

医薬の分野は進化が早いため、少しでも他分野の知識を得て勉強を続けることが大切ですね。

※※※

講義の最後に柳川教授は

1)「自分を向上させていくパラダイム」を確立して、これからの情報社会に役立つリテラシーを身につけて欲しい。

まず、「教わること」から「自ら学ぶこと」へ意識改革して欲しい。

言い換えれば、知識の獲得(習得型)から英知の獲得(探究型)へ意識を変換して欲しい。

2)自然現象に興味を持ち、それを理解しようとする飽くなき探究心を持ち続ける。(研究に熱中→自信→信念) 

3)先輩や同僚の研究態度を参考にし、英知を養う。英知は自らつかみとる。

4)直感力を磨く(ひらめき、インスピレーション、カンを養うために、アイディアノートを作れ)

5)偶然性を大切に(実験ノートの記載を正確に、ネガティブデータを見落とすな)

6)無駄に実験しない(実験計画はよく考えて)

と、研究者としての心構えを6つおっしゃいましたが、研究者として40年以上の実績を積まれた先生のこの言葉は心に響きました。

クリニックの診療を閉めてご迷惑をおかけしていると思いますが、僕にとっては新たな分野を勉強させていただき、知的好奇心を満たしてゆく作業は何よりの清涼剤でもあり、贅沢な時間を頂いているとおもっています。

得られた知識を診療に反映させつつ、クリニックFでより良い医療を提供できるように頑張りたいと思います。

さて、長くなりましたが、僕のブログは先月滞在したLAでの話。

※※※

Img_2055

午後のドクター訪問のアポまで時間がありましたので、チャイニーズ・シアターと、スター・オブ・ハリウッドへ。

Img_2067

Img_2068

Img_2074

ダース・ベーダーもいます。

楽しい光景。

Img_2078

Img_2070

ミッキーマウスのスターもあるのですね。

Img_2077

エルトン・ジョン。

Img_2081

こちらリッキー・マーティン。

ハードロックカフェ ハリウッドブルーバードで食事をしましたが、ハーレー・ダヴィットソンも展示されていました。

Img_2085

この街にハーレーはよく似合いますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -