TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology④ 帰国しました ボーイング787の秘密

おはようございます。

今日は3月26日(水)。昨日AAD米国皮膚科学会が開催されていたコロラド州デンバーから帰国し、クリニックFの外来を再開しています。

Img_1256_2

今回の出張は、ユナイテッドエアラインの直通便でした。

行き帰り、どちらも787の機体です。

787は国内線ではあまりわからないかもしれませんが、国際線に乗ると明らかに疲労感が違うことを体で感じます。

これには2つの理由があるのをご存知ですか?

○機内の気圧

○機内の湿度

がより快適に設定されているのです。

今までの航空機は、巡航高度の飛行中の飛行機の内圧を高度約2400メートルに設定しています。

一方で、高度約2100メートルに相当する気圧を境に多くの人が不快感を感じるとのデータがあります。

787の機体は、過去の機体に比べ約3分の2の高さに相当するように、この飛行内圧を上げているのです。

以前、コンコルドのブログで書いたことがありますが、高速で飛行する飛行機の機体は思った以上に変形します。

空調によって飛行機の内圧を上げると、飛行中の体の負担が減るのは事実ですが、内圧を上げすぎると、機体がバラバラになる可能性もあり、想像するよりもはるかに難しい技術が必要なのです。

そしてもう一つは、機内の湿度です。

航空機は数十年の単位で使用しますので、湿度による腐食はなるべく避けたいもの。

腐食に強い炭素複合材を用いたB787は、機内の湿度を上げてもよくなりました。

新しい機体は、いろいろと問題が発生しますし、それに対する対処も必要ですが、航空機は確実に進化していますよね。

さて、せっかく日本に帰国しましたが、一週間後の4月2日には米国レーザー医学会発表のために出張が控えています。

時差を日米、どちらに合わせるか思案どころですね(笑)。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -