TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2013年5月ドイツ出張⑫ メンデルスゾーンハウス シューマンハウス

ドイツ・ライプティヒにゆかりある音楽家は、ワーグナー、バッハなど数多いのですが、中でもゲヴァントハウスの交響楽団を大きく成長させたフェリックス・メンデルスゾーンの功績はとても大きなものです。

こちらの動画は僕が大好きなメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。

注目している若手ヴァイオリニスト・庄司紗矢香さんの演奏を見つけました。

メンデルスゾーンは、「マタイ受難曲」を上演することによって、それまで忘れ去られていたヨハン・セバスティアン・バッハを再発見させてくれたという功績もあることを忘れてはいけません。

1809年2月3日生まれのメンデルスゾーンにとって、1685年3月31日生まれのバッハはそれこそ100年以上前の作曲家。

メンデルスゾーンがいなければ、バッハの曲を聴くことができなかった可能性さえあるのです。

そんなメンデルスゾーンの過ごした家がライプティヒにあります。

Img_2491

こちらは庭です。

ヨーロッパの庭は本当に美しいところが多いですよね。

Img_2490

こちらの建物二階にメンデルスゾーンの過ごした家があります。

Img_2500

Img_2494

Img_2502

ポロシャツが気に入ったので、買って帰ってきました。

Img_2495

Img_2497

近くにはシューマンが妻のクララと共に4年間過ごした家があると聞いて、この後歩いてみました。

Img_2514

約15分。

Img_2515

Img_2516

Img_2519

こちらは残念ながら定休日。

また次の機会に立ち寄りたいと思います。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -