TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2013年5月ドイツ出張②ライプツィヒの風景

おはようございます。

現在僕は、ドイツはベルリンの南、ライプツィヒという街にいます。

日本時間今日5月20日は東京・四ッ谷のクリニックFにおける僕の診療は休診となります。

クリニックFにはスタッフが出勤していますので、ご予約やご質問などがありましたらご連絡くださいね。

935269_10201278572674782_1165970501

971313_10201278603915563_790876513_

ライプツィヒは、今から200年前にリヒャルトワーグナーが生を受けた街。

3日後の生誕200周年に向けて、街全体がワーグナー一色となっているようで、とても盛り上がっています。

ベルリンからここまで鉄道で来ましたが、移動中菜の花が見事に満開で、この花をワーグナーも見たのだろうかとふと考えてしまいました。

Dsc00028

到着してすぐにワーグナー作曲「ニュルンベルグのマイスタージンガー」の公演を観ました。

Dsc00100

Dsc00102

想像以上にレベルも高く素晴らしい公演でした。

Dsc00135

ワーグナーにしては珍しい喜劇です。

演出の最後に、あっと観客が驚く仕掛けがありました。

Img_2416

明日はこの地で、ワーグナー最後の作品、「パルジファル」を観て、ドレスデンに移動します。

明日からの公演が楽しみです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -