TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

マイエン教会

医師として大先輩であり、文学家としても著名な森鴎外こと森林太郎は、陸軍軍医としてこの地に赴任しベルリンで四年間過ごしましたが、小説の舞姫で登場人物が出会う場所としてこのマイエン教会を使ったと言われています。

当時はこの裏手にはテレビ塔は無かったでしょう笑が、絵になるので写真3連写です。

ベルリンにて_01

ベルリンにて_02

ベルリンにて_03

当時二大国民病であった脚気と結核のうち、脚気の原因がビタミンB1であるという説を森は認めず、海軍に比べて、陸軍は多くの脚気の犠牲者を出した事は医師の間ではよく知られています。

脚気ぐらいでと思うかもしれませんが、現に13代将軍徳川家定は、脚気が原因で死亡したともいわれています。

医師としての実力はわかりませんが、作家としての森鴎外の作品は大好きで、高校生の時によく読みました。

医学の世界は常識外の事がよく起こりますが、どんな些細な事でも先入観を持たずに冷静に推測する事が大切ですよね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -