TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■イタリア出張2012秋⑯ パルミジャーノ・レッジャーノ プロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)

イタリアブログのほうも上げてしまいますね。

ミラノとボローニャの間は約200㎞。

その間には、ピアツェンツァやパルマやモデナなどわずか50kmしか離れていないのに、独自の歴史的建築物や美術品を持った独特の文化的伝統を持った町が続いています。

パルマの街は食の街。

中でも、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)とプロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)は特産です。

Img_0331

街の至る所にこのような精肉店があります。

Img_0334

お店に入るとパルミジャーノ・レッジャーノも新鮮。

Img_0335_2

ロゼのスパークリングワインと合わせて買っても12ユーロぐらい。

Img_0337

イタリアの夜を楽しみました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -