TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■IMCAS CHINA in Shanghai 2012 ⑭ 上海からの帰国 近代的な浦東空港

おはようございます。

8月31日(金)。今日もクリニックFの診療日です。

いよいよ8月が終わりますね。今年の夏はあっという間でした。

体感的にはもうしばらく残暑が続くそうですので、お体ご自愛ください。

昨日は夕方から夜にかけて、工学部大学院の研究室に行ってきました。

現在執筆している物理学会誌に載せる論文の最終まとめです。

採用する図表に通し番号を貼り、夜までかけて教授と論旨を組み上げてきました。

・・・知恵熱出そうですね・・・(苦笑)。

9月末までになんとか論文をアクセプトさせたいと思っているのですが、考えてみれば9月からは秋の学会シーズン。年末まで毎月海外出張が入っています。

最初の出張は、9月23日からのヨーロッパ出張。

今回は、ロンドン・ヒースローから入り、スイス・チューリッヒ、リヒテンシュタインでレーザー機器メーカーと新規レーザー機器について打ち合わせ、さらにチェコのプラハのヨーロッパ皮膚科学会で演題発表をこなし、パリ・シャルルドゴール経由で10月1日に帰国するルートです。

このスケジュールで、診療もあり、その上で工学部の論文を書くのは・・・ハードル高いなあ・・・。でも自分で決めた道ですので頑張ります!

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は、先月訪れた上海のブログの最終話です。

***********************

最終日のフライトは午前便。

早朝6時にホテルを出発です。

Img_7389

早朝でリニアモーターカーを利用できない時間。

タクシーで空港に向かいます。

Img_7390

Img_7391

上海浦東空港です。美しい空港ですね。

Img_7392

車でおりた場所。

Img_7395

さらに内部。

卓越したデザインですね。

Img_7397

早朝なので、これから出発するはずの機体が並んでいます。

Img_7396

帰国便もJAL。

招待講演の場合、航空界社は選べないことが多いのですが、このところワンワールドが多いです。

Img_7398

日本の上空は積乱雲が沢山見えました。

思えばあれから約一月。暑い夏でしたね。

ちょっと報告が長くなってしまいましたが、これで上海で開催されたIMCAS CHINA2012と、それに付随した米国パロマ社クリニカルミーティングの招待講演についての国際学会周遊記を終わります。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -