TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■インド国際皮膚科学会ISDS出張⑮ インドの交通事情 オートリクシャー 

おはようございます。

「スーパームーン」と言われた満月や、つくば市などを襲った竜巻など自然の圧倒的な力をまたしても感じた今年のGW。

皆さん連休はどうお過ごしでしたか?

僕はGW後半はすこしリフレッシュを兼ねた休みをとり、久しぶりに日本の田舎の風景を楽しみました。

Photo

こちら伊豆の伊東沖で撮影したトビウオが飛んでいる写真。

船の速度から考えても、時速70kmぐらい。

ここからさらに100m近く飛ぶんですね。

飛行機みたいで感動しましたよ。

さて、5月7日。連休明けの月曜日。東京に戻り、クリニックFの診療再開です。

ブログ「新国際学会周遊記」は、先月招待講演で滞在したインドでのブログが、こちらも再開です。

しばしお付き合いください。

************************************************

インドの街の交通事情。

現地では皆、車線を守らず走行する話はふれたと思うのですが、例えばこのバイク。

見てください。

せいぜい二人乗りのはずのバイクに、前後ろで家族4人が乗って普通に走っているのです。

Img_5828

単なる移動? それとも家族旅行?? なのでしょうか。

ちょっと驚きます。

Img_5968

オートバイはホンダが人気です。

Img_5973

面白いところだと、こちら、インドの自動車メーカーである“TATA”タタ社の救急車。

インドでよく目にするのが、「オートリクシャー」という小型3輪車に幌がついた乗り物。

僕は乗る機会がありませんでしたが、あらゆるところで見ましたね。

リクシャーは日本語(人力車)に由来がある名前なのだそうです。

Img_5832

Img_5851

このリクシャーに多い時には10人ぐらいの人が乗っていて、これまた驚くことがあります。

Img_5557

Img_5847

運転席は、この通り、オートバイのよう。

Img_5848

Img_5885_2

Img_5850

これも記憶に残る、インドの風景の一つですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -