TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■ASLMS 2012 in Orlando,Florida① フロリダ開催米国レーザー医学会2012 参加中

インドから帰国して3日間東京・四谷で外来をした後、ワシントン経由で今年のASLMS 米国レーザー医学会の開催地であるフロリダ州オーランドにやってきました。

現地時間の真夜中に着きましたが、翌朝見た朝日に心が洗われる思いでした。

150946_3822444768067_1486146253_341

オーランドの会場は、僕が記憶している限りでも米国レーザー医学会が3回開催されています。ドクターにとっても人気の場所なんでしょうね。僕自身にとっても、学会会場やその近辺も馴染みがある場所になりました。

それだけ長くこのレーザーという技術に関わっていられることに、感慨深かったですよ。

295197_3826032897768_1486146253_341

「WELCOME」と大きなGATEに迎えられ、ASLMS 2012がいよいよ幕を開けます。

僕もレジストレーションして名札をもらいます。

560568_3825995256827_1486146253_341

今年の学会では二つの発表があります。

ひとつは、eポスターでの発表。

フラクショナルレーザー(フラクセル3)を使用して、照射後の皮下の活性酸素をESRを使用して測定する基礎研究。

581975_3817299079428_1486146253_341

もうひとつは、口演発表。

クリニックFでも人気のある、DEKA社の眼瞼挙上レーザーの「マドンナアイリフト」を、全部で5社のフラクショナルレーザー機器を使用して実験し、パワーとパルス幅、カバレッジなどのパラメータを同一にした後に、皮膚の収縮能力を比較した演題です。

「Eyelid skin tightening for Asian skin -Comparison study of fractional laser devices」

575196_3826018297403_1486146253_341

日本とフロリダとの時差は13時間。

体力的にもちょっときついですが、頑張って最後の発表まで見届けたいと思います。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -