TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■インド国際皮膚科学会ISDS出張⑥ インド門 第一次世界大戦の傷跡

学会会期中、ニューデリーを車で走りました。

こちらはインド官庁街。

正面に見えるのが大統領官邸です。

Img_5842

Img_5843

官邸から正反対の方向にはインド門があります。

インド門は、第一次世界大戦の戦没者に対するモニュメント。

インドは第一次世界大戦で、戦後の独立を約束されたため、イギリスのために多くの犠牲を払って戦いましたが、結局独立は実現しませんでした。

Img_5540

門の高さは42m。

Img_5544

見上げると、かなり高いです。

Img_5546

Img_5547

Img_5548

Img_5550

この塔には、戦没者の13000人の名前が彫られているそうです。

Img_5553

Img_5545

Img_5840

インド門の周りは、市民の憩いの場になっていました。

野球のようなゲームをしている集団もいましたよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -