TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑩ 新しい技術 驚く解像度 MPTflex マルチフォトン走査型レーザー顕微鏡 TRASER

おはようございます。気持ちの良い一日となりそうですね。桜も綺麗な東京です。

今日4月5日(木)はクリニックFの休診日。

昼過ぎまで打ち合わせがあり、その後工学部大学院の研究室に顔を出そうと思っています。

来週はインドで開催される皮膚学会の招待講演があります。ようやく講演依頼の詳細が来ましたので、そのプレゼンの準備に数日間大忙しとなりそうです。

さて、「新国際学会周遊記」は、本年の米国皮膚科学会のブログです。

***********************

今回学会会場を歩いていて見つけた、レーザー関係の新技術があります。

Img_5083

一つはこの機器なのですが、これ、なんだかわかりますか?

Img_5084

ドイツのJenlaboというメーカーで、 MPTflexという機器なのですが、こちらはマルチフォトン走査型レーザー顕微鏡。

国内にもすでに4台の納入があるそうです。

Clinicalproducts

近赤外線レーザーを使用した機器ですが、こちらの特筆すべき技術は驚くべき解像度。

Oct

光学顕微鏡に近いのです。

Img_5086

ちなみに僕の腕で、一週間前にフラクショナルレーザーを照射したところを見てみました。

Img_4788

Img_5089

照射径と、かさぶたが、完全に表出されます。

Img_5090

近赤外の波長を利用した場合、理論上、0.5μm程度の解像度が限度と考えられますが、ほぼ、限界に近い表出力。

このほかレーザーを使った機器も開発しているようで、技術力を持った会社だと思います。

そして、もう一つ、LASERでもIPLでもないTRASERという第三の光技術を開発しているヴィーナスコンセプト社。

こうした機器の技術革新にはとても興味があります。

Img_5097

この技術は、昨年のノースカロライナで開催された皮膚科系レーザー学会である、コントロバーシーズ&カンバセーションズで発表されたのですが、二つのレーザーロッドを利用して、ナローバンドの光を作り上げる新しい技術です。

Img_5098

レーザーと比較すると、より多くの波長が技術的にもコスト的にも、ハードル低く作ることができますので、これも臨床応用されるとなると、将来性がありそうですね。

COMING SOONということでしたので、もしかしたら来週のASLMS(米国レーザー医学会)デビューですかね??

機器マニアとしては、すごく楽しみです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -