TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■ドバイ・ケニア出張2011冬②ケニア ナイロビからマサイマラへ

ナイロビ空港に到着し、手配した車でナイロビ市内に向かいます。

イギリスが旧宗主国であるケニアは、ほとんどの国民がクリスチャンなのだそうです。

到着した日はクリスマスの日。

道行く人を見ると皆きれいに正装しています。

Img_3000

Img_2999

クリスマスの日は教会に行くのだそうです。

Img_3006

Img_3099

街で見かけたサンタさんの絵。

やさしそうですが、肌の色が黒いサンタさんなんですね。

車はナイロビ市内に入ります。

いつも渋滞のこの通り。

不思議なほど車がいないのだそうです。

Img_3064

ナイロビには広い公園や、背の高い建物もありましたね。

Img_3078

途中の薬局で、気になっていたアフリカの蚊対策に虫除けスプレーを購入。

Img_3061_2

宿泊したホテルはこちらです。

Img_3066

なんとか部屋にたどり着くと、クリスマス用でしょうか。

こんなデコレーションが。

なんだか心が温まりますね。

Img_3074

さて、明けた翌朝。

Img_3077

ホテルのレストランで軽食を取り、いよいよマサイマラのサファリに向けて、国内線の空港に向けて出発です。

Img_3088

クリスマス休暇に入ったナイロビの街。驚くほど車がいません。

Img_3089

30分ぐらい走ったのち、ナイロビ国内線空港につきました。

Img_3098

Img_3104

このようなケニア航空のプロペラ機が、ケニアではバスのように使用されています。
こちらに乗り込み、いよいよマサイマラに出発です。

Img_3111

空港の横のナイロビ市内の一部です。

Img_3438

前日に車で撮った写真です。

現地の人に聞いたところ、この辺りはいわゆるスラム街と言われる地域で、東アフリカ諸国から多くの人がやってきて、住み着いているようです。

ナイロビからマサイマラまで約300km。

陸路の場合は8時間以上悪路を走らなければなりません。

Img_3130

眼下にアフリカのサファリを見ながら、目を凝らして動物を探したのですが、残念ながら、こちらではあまり見えなかったですね。

約一時間の飛行機の飛行で、マサイマラ空港につきました。

この空港は滑走路が土なのです。

Img_3131_2

そしてまず、降りたところのあたりの景色に驚きますね。

全く来たことのないサファリの風景です。

Img_3139

空港に降りて荷物をもらうと、ロッジのジープが待っていてくれました。

Img_0898

送ってくれた飛行機を見送りながら、ロッジに向かいます。

Img_3135

こちらの空港から約1時間山道を走りながら宿泊のロッジに向かいます。

もう日本を出国してから36時間ぐらい経過しています。

Img_3235

こちらのガイドのサイモンさんが滞在中はずっとついてくれました。

空港からロッジに向かう道も、動物がたくさん見えるのです。

Img_0904

Img_0928

Img_3143

途中、マサイ村も見えました。

そして、ようやく目指すムパタサファリロッジに到着です。

Img_3146_2


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -